大久保嘉人の生い立ち~父の後押しに母が語る性格や年棒は?

この記事は4分で読めます

大久保嘉人アイキャッチー

年川崎フロンターレからまさかのFC東京への移籍が
発表されたばかりの元日本代表の最強ストライカー
大久保嘉人。

彼の生い立ちはサッカー大好きの父の影響が大きい
らしい。母親から見た彼の性格と現在の年棒も追ってみよう。




Sponsored Link

大久保嘉人の生い立ち~

1982年6月9日に誕生した大久保嘉人は両親と姉・久美さん
妹・鮎美さんの3兄妹の5人家族でした。

トラックの運転手をする父親に夜中までついて配達の仕事
を手伝った子供時代。家に帰って市営住宅の小さいお風呂に
一緒に入ったという父は嘉人氏にはめっぽう優しく、長女や
次女にはかなり厳しい父親だったそうだ。

生い立ち
出典:http://kamiyan.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305703726-1

福岡県苅田町出身の大久保嘉人はサッカーが大好きだった
父の克博さんの影響でペレやマラドーナのビデオを買ってくる
父と一緒に、繰り返し何度もサッカー界のレジェンド達の試合
をビデオで見ていたらしい。

あまり裕福では無いものの常に休みに日には釣りや野球を
して遊んでくれる子煩悩な父親だったようです。

サッカーを始めたのは小学校3年生。

負けん気の強さから一生懸命やる嘉人氏はすぐにその最強
ストライカーぶりを発揮?して、小学校卒業と同時に、若干
13歳だった息子の強豪校への国見中学への進学を勧めます。

ちなみに国見中学は長崎県。

福岡出身のまだ小学校6年生の彼は言葉に出さなくてもまだ
親元から離れるのに抵抗もあったでしょう。

サッカーを強くなりたい。
でも親や慣れ親しんだ友達を離れるのも寂しい・・・

そんな中、一番息子を溺愛した父親が、最高の環境で
サッカーを学ぶ事、それがどんなに後の彼の人生に影響を
与えるのかを考え息子を説得し後押ししたそうです。

福岡から長崎へ小学校卒業したばかりの息子を出した
父親や母親の心境がどれほど不安だったのか・・・

この後あと押しした父親は嘉人氏が家を出た日に一人
涙を流して男泣きしていたそうです。(母親談)

不安に押しつぶされそうだったのは嘉人氏だけじゃ
なかったんですね。

最愛の息子の為に借金までしてその費用を捻出した
父親こそ、淋しくて寂しくて、そして、自分の元から
手放す息子が心配で仕方がなかったのでしょう。

大久保嘉人父との絆

そんな両親の心配もよそに、強豪国見中学でも
2年でレギュラー獲得。

3年では全国高等学校サッカー選手権大会では優勝。

卒業後の2001年では複数Jクラブからの争奪戦の中
セレッツ大阪へと入団。
父
出典:geinou/yoshito-okubo-senpan
入団後も順調に日本最強のストライカーとして活躍した
彼は日本代表としても何度も活躍。

父の克博さんが彼がプロ入りした数年後には肺気腫が
原因で肺の半分を切除するなど、その後も肝臓癌、肺炎を
起こすなど晩年は病に伏せる事が多かった克博さん。

2014年ワールドカップ1年前はそんな最悪の体調の
中、嘉人さんに弱弱しい字で

『嘉人頑張れ!大久保嘉人』

「日本代表になれ 空の上から見とうぞ」

このメモが2013年5月12日闘病の末享年61歳で
亡くなった克博さんの病室から出てきたそうです。

病状が悪化してまともに手に力が入らない状況の中でも
いつも心には嘉人氏の事が頭にあったのです。

震えた字で書かれたその紙を見て彼はもう一度
代表入りを目指し、見事2014年ワールドカップの
代表入りを決めてみせたのです。

きっと手紙の通り空の上から見てたはずですよね。




Sponsored Link

大久保嘉人~母から見た性格

父の克博さんが息子を溺愛する分母親千里さんは彼には
めっぽう厳しくて、元実業団バレー選手だったとの事。

とにかく負けず嫌いで九州男児として『負けるな』
口癖の母親で試合に負けたらご飯を食べさせてくれなかった
事があった程厳しい一面も持っていたそうです。

でもその母千里さん曰く、日本最強のストライカー大久保の
性格をこう評しています。

『嘉人は普段は優しいけど、サッカーの事となると強気で
恐いくらい負けず嫌いで、誰であろうと言いたい事は言う。』

ま、ようするにサッカー場でファン目線で見たまんまが
大久保嘉人って事で間違いなさそうです。笑

大久保嘉人の2017年棒は?

今回このタイミングでの川崎フロンターレから
まさかのFC東京への移籍が発表された大久保嘉人氏
は2年契約の川崎からの契約満了のゼロ移籍です。

過去の彼の年棒を考えても年齢的には今年35歳の
大久保選手の現役最後の移籍の可能性も充分に考え
られる事から16年までの川崎フロンターレの年棒
15年~16年は1億円です。

それらを想定しても”ゼロ移籍”を考えても1億円以上
は確実ではないかと思われます。

確実な発表はないものの、2013年から3年連続でJ1の
得点王である事や、ストライカーとしての点取り屋は
誰もが認める実力と実績のある選手です。

それらを想定しても、川崎以上の上乗せは間違いない。

恐らくは1億2000万円以上~は確実な年棒では~と
言われています。

多分もっとだと思うけど、控えめにね。

おわりに

大久保嘉人の川崎フロンターレからFC東京への移籍は川崎ファンも唖然呆然のお知らせだったようでうが、無類のストライカーとしてのファンの多い彼の新境地での活躍が今年は楽しみですね。益々目が離せません。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 長友佑都アイキャッチー
  2. 黒田博樹アイキャッチー
  3. 中田翔アイキャッチー
  4. 羽生結弦アイキャッチー
  5. 原口元気アイキャッチー
  6. 錦織圭アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント