吉田沙保里の生い立ち~父が絶対ルールの吉田家のかわいい娘の今

この記事は3分で読めます

霊長類最強の女と言われた女が今年のリオ五輪
で泣き崩れて「お父さんに叱られる~」の号泣
に日本中が涙したであろうレスリング吉田沙保里。

もはや国民的スターとなった彼女は負けても尚
国民的スターだった。

そんな彼女が父と駆け上がってきたこの半生を
生い立ちと共に追ってみよう。




Sponsored Link

吉田沙保里プロフィール

吉田沙保里(よしだ さほり)
生年月日  1982年10月5日(34歳)
出身    三重県津市
身長    157㎝
体重    57kg

吉田沙保里の生い立ち~

元レスリングの選手だった父栄勝さんは青森県出身の
元全日本選手権57kgで優勝経験もある選手だった。

だが本人のオリンピックの夢は叶わず、それを自らの
子供や生徒に託すべく『一寸ジュニア』を三重県庁に
勤務するかたわら無償で始める。
生い立ち父
出典:http://laughy.jp/1423411417009181361

無償なのは、公務員は原則副業禁止となっている為
月謝など取る事は出来なかったのです。

そんな環境の中だからこそ、真剣そのものの栄勝
さんはとても厳しかったといいます。

そんな勝栄さんと22歳で結婚した母の幸代さんは
経済的な面で文句も言わず家族をサポートしました。

月謝は取れないものの頑張ってやればやるほど試合など
の遠征費など年に数十回にも及び、それらの帳尻を合わせる
のはいつも主婦の幸代さんです。

上に兄が2人の5人家族でしたが食費も一日1000円まで
と取り決め、とことん節約生活に徹したそうです。

吉田沙保里父が絶対ルールだった吉田家

彼女は言います。

どれだけ友達と遊びたい。

『友達はピアノをやってるから私もピアノがやりたい』

私もそういってピアノを始め一人でせがんでは対して
必要でもないのにピアノも買ってもらいました。

でもそれが一般的な極平均の家庭だと勝手に思ってました。

吉田家は少なくとも違ったようです。

いつも何を言っても「お父さんの言う事が絶対」

『よそはよそ!うちはうち!』

この一言でいつも玉砕したそうです。

父の『こうしろ!』の言葉には『はい』

この返事しか吉田家ではありえなかった。

そんな中半ば強制的にレスリングを始めた兄妹は
長男の勝幸さんも次男の栄利さんも当然レスリングに・・・

特に栄利さんは中学で全国2連覇。鹿児島鹿屋中央高校でも
インターハイ制覇と、その後も国体にも出場します。

だが五輪には手が届かなかった。

一番年下の沙保里だけがそこに手が届いた。




Sponsored Link

吉田沙保里父と掴んだ夢

末っ子の沙保里が父の夢を叶え最初の北京五輪
からレスリングが公式競技として認められた事に
より、そこから彼女の快進撃が始まります。

北京五輪に始まりロンドン五輪までの前人未踏と
言われた三連覇を叶え霊長類最強の女と言われた
彼女は間違いなく自慢の娘さんだったでしょう。

ロンドンでのあの雄姿を現場で見せて、そして
勝利の後の娘からのまさかの肩車。

父
出典:http://mikarin1215.com/supo-tu/8687/

あの大舞台であんな事が出来る娘はそうそう居ません。

そんな栄勝氏もその娘の雄姿をしかと見届け
2012年のロンドン五輪から約1年半後の2014年3月
にくも膜下出血を発症して帰らぬ人となります。

今年の2016年8月リオ五輪ではまさにそんな父との
約束を叶えるべく4連覇を賭けた戦いに挑んだ彼女。

惜しくも決勝で敗れ、試合後の会場にいた
母と兄に号泣しながら、
父
出典:http://mikarin1215.com/supo-tu/9275/

『お父さんに怒られる。』

そう言って号泣する彼女に涙した日本人が多かった
事でしょう。

怒る訳ないのに何て健気なんだって・・・

こんな父親想いの娘っていませんよね。

まさに彼女のこれまでの功績は父栄勝氏と
共に今でも歩いているんだな~と思わされた
言葉でした。

おわりに

リオ五輪以降引退の言葉も口に出た彼女ですが、現役選手を続けながら後輩の仕事にも携わる、監督としても活動されるみたいです。ますます彼女のこれからに目が離せませんね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 宇佐美貴史アイキャッチー
  2. 清原和博アイキャッチー
  3. 高梨沙羅アイキャッチー
  4. 岡崎慎司アイキャッチー
  5. 横峯さくらアイキャッチ
  6. 錦織圭アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント