哀川翔の生い立ち~父親の急死と家族守った昔が壮絶、嫁の出会いも

この記事は3分で読めます

哀川翔アイキャッチー

アニキの愛称で最近ではバラエティーにも出演する
機会が増えた俳優の哀川翔さん。

彼の生い立ちも又壮絶な家族との過去があった。

幼くして父親を亡くした一家を守るべく生きた彼の
昔が壮絶です。

現在の嫁との出会いも追ってみよう。




Sponsored Link

哀川翔プロフィール

芸名  哀川翔(あいかわ しょう)
本名  福地 家宏(ふくち いえひろ)
生年月日 1961年5月24日(55歳)
生誕地  徳島県徳島市
出身地  鹿児島県鹿屋市
身長   178㎝
血液型   AB型

哀川翔の生い立ち~父の急死

徳島県徳島市で誕生した哀川翔は父親に海上自衛隊の
航空幹部だった父親の元、妹と弟との3兄妹として
誕生。

ただし、一番末っ子の弟は哀川と5歳年下で誕生するも
同時に父親の顔を見る事なくこの世に誕生することとなる。

父親は訓練中、訓練機同士の衝突事故で死亡。

この時既に臨月だった母親は飛行機に乗れなかった
為たった5歳の哀川が、事故死した父親と対面する
事となり、当時のその様子が新聞にも大きく取り上げられ
載ったそうだ。

こうして若干5歳にして父の死亡確認をした哀川翔。

父親の死後10日後に一番末っ子の弟が誕生している。

哀川翔長男として家族守る

この父親の事故死から一家は母親の実家である
鹿児島県鹿屋市に移住する。

この地で、父親が居ないのに学校に行かせてもらってる
と子供ながらに申し訳ないと思った彼は無遅刻無欠席で
学校では勉強も優秀だったそうです。

体育も運動神経抜群で、将来は体育の教員を一時は真剣に
考えたレベルだったそうです・・・

でもこの時代に父親が居なかった事が原因か、当時は
気が付かなかったらしいですが、イジメのような集団での
暴行もあったようです。

小学校時代で20対1の大げんかで哀川さんが勝った
そうですが・・・汗

随分たってから、あの時の喧嘩はイジメられてたんじゃないか?
そう気が付いたと笑い話で話してました。

明るい少年だったんですね。

それにしても20対1で勝つって
凄いドやんちゃ坊主ですね。




Sponsored Link

哀川翔嫁との出会いは?

奥様の元女優の青地公美さんとの出会いは
武蔵丸の大関昇進パーティーで彼女はあの
矢沢永吉さんの奥様と同行して出席してた
所、哀川さんのかなりのビビビ婚だったようです。
嫁

既に前夫との間に3人の子供が見えた青地さんですが
そんなのアニキには関係ナッシングです。

猪突猛進で猛烈アタックですぐ子供達とも打ち解けて
出会いから1年後の1995年に結婚。

結局奥様の連れ後(長女・長男・次男)と
哀川翔さんの実子(三男・次女)との5人の
子供と既に長男さんは結婚されて孫まで2人
いるんだそうです。

哀川翔がお爺ちゃんってカッコよすぎですね。

おわりに

哀川翔さんのイメージを裏切らない壮絶な生い立ちに驚きましたが、けれど幼い子供を抱えてその後子供らを守って言った母親もまた大変な生涯だったと言えると思います。曲がった事の大嫌いなアニキの壮絶人生はこの幼少期に確立されたに違い無いでしょうから。これからの活躍にも益々目が離せませんね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 朝丘雪路アイキャッチー
  2. 香川照之アイキャッチー
  3. 小向美奈子アイキャッチー
  4. 渡辺大アイキャッチー
  5. 松方弘樹アイキャッチ
  6. ムロツヨシアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント