福田和子の生い立ち~子供時代から悲惨!息子だけに見せた母の顔

この記事は4分で読めます

福田和子アイキャッチ

松山ホステス事件として15年もの逃亡生活の末
わずかな時効を目前にして逮捕された福田和子。

彼女の起こした事件も元より15年もの間逃亡して
平気で生活し事実婚までしていた彼女の生涯やその
ルーツとなる生い立ちはやっぱり悲惨だった。

彼女が求め続けていたモノは最後まで手に入らなかったが
息子にだけ見せた母の顔と子供時代の悲惨な環境を改めて
追ってみよう~

Sponsored Link

福田和子の松山ホステス事件

1982年同僚だったホステスの首を絞めて殺害して
その殺害女性の家財道具一式を奪い女性を山中に破棄。

強盗殺人と死体遺棄で日本中に逮捕状が出るもその後
彼女の逃亡激は15年の時効わずか21日前まで続いた
事が世間でかなり話題となる。

しかもその15年の間福田和子は顔を整形し、事実上の
婚姻関係と言っても過言ではない事実婚状態で老舗の
和菓子店にまで入り込んで生活していたことに世間は
驚愕した。

この強盗殺人時に福田には夫も子供もおり夫は
このホステス殺害に死体遺棄にかかわりその後逮捕
されている。

福田和子には4人の子供がいた。

夫は警察への自首を進めるもこれを拒否した彼女は
一人家族を捨てて逃亡生活に入る。

15年もの間顔を変え、人の女になって・・・

1997年7月29日福井県の飲食店で逮捕される。

福田和子の生い立ち~子供時代は売春宿で~

1948年昭和23年に愛媛県松山市に生まれる。

幼少期に両親は離婚。母親に引き取られ、同県の
川之江市に移り住むも母親は自宅で売春宿を経営した。

そんな生活の中母親は漁師と再婚、来島に移り住むが
島の排他的な生活に福田親子は耐え切れず結局漁師の
元を離れ母子で今治市に移り住む。

そんな環境の中福田和子が高校生の時交際中の
男性が事故死した事で自暴自棄になり高校を3年生で
中退。

その後知り合った男と18歳で同棲するも男性と高松市の
国税局長の家に強盗に入り逮捕される。

この逮捕で松山刑務所に服役中の1966年に第一次松山
抗争で逮捕された郷田会の関係者が看守を買収して女性受刑者を
強姦する松山刑務所事件が起きる。

その被害者となったのが当時18歳で服役中だった
福田和子だった。

また福田和子はその後被害者として移監された先である
高松刑務所でも同時に同じ被害で強姦の被害者となっている。

それでも被害届を出すことが認められなかったという。

恵まれた環境とは言いずらいこの時代戦後の混沌とした
時代でも今も昔も決してこの先も途絶える事の無い
売春という行為を母親が売春宿経営という凄まじい
環境で育った福田和子。

その後の波乱に満ちた人生を暗示するかのような
生い立ちが彼女のルーツだった。

Sponsored Link

福田和子の息子に見せた母の顔

だって幾度も場所を変えて転々と15年に及ぶ
逃走劇の中彼女は男を切らす事はなかったから。

福田和子は当時34歳で子供4人と夫を残し
さよならも言わずに松山から逃走したあの日から
わずか8ヶ月で印刷メーカーに勤める男性と
金沢で同棲生活をスタート
させていた。

その後乗り換えるように和菓子屋の旦那に驚きの
行動をとる。

彼女は一緒に同棲していた印刷メーカーの男と
暮らしていた当時の家財道具一式を全て持ち出し
姿をくらましたという。

この変わり身の早さ。

印刷メーカーの男には小野寺忍と名乗り。

和菓子屋の若旦那には小野寺華世と名乗り
同棲9ヶ月目に既婚者だった若旦那は嫁と正式に離婚。

その後和子は内縁の妻として若旦那の家族と共に
暮らし始めたという。

そこでの折り合いがイマイチつかなかったのが
若旦那と前妻との子供だったという。

そして自身の子供を思い出しどうしても我慢できなくなった
彼女は驚きの行動に出る。

息子に会いに愛媛まで行き、甥と名乗り
和菓子屋に見習いとして働き一緒に息子を呼び寄せ
住んでいたという・・・

4年ぶりに息子と暮らした和子とその生活は長く続きは
しなかったものの、最後警察の手が回るとまたも息子に
未練の素振りも見せず逃亡生活に突入する。

1988年2月12日逃亡5年6ヶ月。
警察が部屋に入ると間一髪の所を和子は
着の身着のままで自転車を盗んで逃走した。

息子を置いたまま・・・

福田和子が求めた平凡な家庭

長い逃亡生活の中彼女が逮捕後に収監された刑務所の
中で書いた手紙の内容にこうあった。

私の弱さのせいで男性にたよったこともありますし
お酒も強くなりました。
逃亡中にもかかわらず
ぜいたくな生活もしたこともあります。
でも表面だけしかみられてないことが
とても悲しいのです。
どんな高級品を身につけても
心の渇きや叫びがいやされるものではありません。
私は一人っ子で育ったのですが
ははは商売に力が入っていて欲しいものは不自由なく
買ってもらえたけれど心は空虚でした。
だからね。結婚したらたくさんの子供を生んで
にぎやかな家庭を夢見ていたのですが
どこかで歯車が来るってしまって
こんな数奇な人生を送ってしまった。
何もかもなくしてしまったし
真実の愛もみつけられなかった。
matome.naver:引用

何から逃れるために15年もの歳月を逃亡生活
して暮らしたのか?

そして彼女自身が求めたモノは平凡な家庭だった
のだろうか・・・

2003年に無期懲役が認定され服役中だった
福田和子は2005年5月にわずか57歳の若さ
でくも膜下出血でこの世を去っている。

Sponsored Link

おわりに

福田和子という凶悪な事件を起こしながら日本各地を美容整形を繰り返し姿を変え、名前を変え、住む場所を変えて彼女が決してたどり着くことのない平凡な家庭を手にしながら犯した罪から逃れた15年間とその後のあっけない死亡までがなんとも福田和子という女性そのものを象徴するかのような人生だったのかも~と思わざるを得ません。それにしても女性としての魅力もたっぷりあったと言われる福田和子。天は決して二物を与えないのでしょうか?今となってはいずこですが・・・儚くも短い逃走劇的人生を生きた女こそ福田和子だったのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 神いっきアイキャッチ
  2. 市橋達也アイキャッチ
  3. 木嶋佳苗アイキャッチ
  4. 畠山鈴香アイキャッチ
  5. 少年A
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。