墨俣城秀吉出世祭り2017アクセスや駐車場と一夜城の真実

この記事は3分で読めます

一夜城

戦国武将の中でもその貧しい生まれから
天下を取った事で知られる豊臣秀吉。

わずか62歳の生涯を農民(足軽)から
天下人として戦国時代を生きた豊臣秀吉の
出世のきっかけとなったのが岐阜の長良川を
西岸に当たる一夜城が有名だ。

今回は秀吉亡き今も伝わる一夜城で毎年行われる
墨俣城秀吉出世祭り2017の開催日とアクセスや
駐車場情報に、天下を取った秀吉の一夜城の真実を
徹底調査してみよう~




Sponsored Link

墨俣城秀吉出世祭り2017開催日

平成29年で墨俣一夜城の築城から451年を
迎えた戦国時代の希代の人物として知られる
豊臣秀吉。

秀吉
秀吉築城の祝いとして毎年この地に今も建つ一夜城を
祝って秀吉出世祭りとして開催している。

開催日2017年10月1日(日)
詳細はまだ出てなかったので参考までに一応去年の予定を!
9:40~  武者行列
10:00~ 楽市楽座
10:30~ オープニング
11:30~ ステージイベント
18:00~ 薪能

会場 墨俣一夜城址公園一帯
参加費  無料

去年は大垣城鉄砲隊や名古屋おもてなし武将隊の演武や
武者行列が大きなイベントとして過去の戦国時代を蘇らせる。
脳
夜の部でも一夜城の舞台で「一夜城薪能」などを上演
するなど秀吉の出世祭りとして出店も数々出る事で
賑わいを見せる。

墨俣城秀吉出世祭りのアクセス

アクセス
(1)名鉄新岐阜駅からバスで20分
墨俣バス停から徒歩で15分
(2)東海道新幹線岐阜羽島駅から車で15分
(3)名神高速道路岐阜羽島ICから車で15分
(4)東海道本線穂積駅から車で10分
じゃらん:引用

東海近隣の方でも車ならナビなら電話番号で
0584-62-6283

地図は公式ページのリンクを貼っておきます。
大垣市墨俣商工会公式ページ

墨俣城秀吉出世祭りの駐車場

私もこちらの毎年恒例な桜祭りに訪れた事がありますが
車で行けば直ぐに大きな駐車場が無料であるので駐車場に
困る事は無いと思います。

ただ毎年恒例で開催日も限定の1日だけです。

日本人では知らない人がいないレベルの戦国武将秀吉
の出世祭りなだけに早めの来場でこの際肝心のお城も
見学することを是非お勧めしたいですね。

墨俣城歴史博物館に入園料は確か200円。
時間 :09:00~17:00(受付は16:30まで)

一夜にして築城したにしては立派過ぎる一夜城の
夜の幻想的なライトアップもなかなか素敵ですよ~




Sponsored Link

墨俣城の一夜城の真実

農民出身(足軽説もあり)で当時の戦国武将織田信長に
見初められた事で、あの戦国時代の中でも他に類を見ない
大出世を果たした男が豊臣秀吉だ。

秀吉画像
当時の戦国時代に織田信長の美濃攻めに苦心した折に
一夜にして城を築城した事で秀吉の出世物語の象徴と
して今も語られる一夜城。

ただこの一夜城、やっぱりというか今になってどうも
一夜にして築城した節にかなり怪しいと言われる疑惑が
出始めている。

一番最近の研究では「信長公記」に信長の足跡を記した
物に当時「城は既に存在していた~」と書かれてあり
一夜城築城年と言われる永禄9年(1566年)には逆に
この事が書かれていなかった。

というのも、信長亡き後、秀吉の天下として戦乱続きだった
戦国時代を太閤検地などそれまであやふやだった検地改革
を取り入れて正確な石高を知る事となりその後の戦乱から
太平の世に移り変わる転換期の象徴とされている。

元々の出身(足軽説)や強烈な当時の時代背景もあり
下克上で最も成功したサクセスストーリーを持つ秀吉は
その貧しい出生故に派手好きだったと言われる。

人たらしとしても有名な彼の身体一つでのし上がった伝説の
戦国武将秀吉を明治時代の著名な歴史家が、その後秀吉亡き後
”関ケ原”にて天下を取った徳川家康の時代を経て明治に語り
継がれた通説を信じて広めたと言われているらしい。

徳川家康の江戸幕府が264年続いてその後、大政奉還を経て
明治の時代に突入し、現在まで「一夜城」の一晩で築城した
噂が誠しやかに言い伝えられてきたが、現在の研究者で
墨俣一夜城の築城1日説を信じる人物は居ないという。

だがこの一夜城こそ又信長の最期となった1582年の本能寺の変
以降1598年までの62年の生涯を閉じるまで16年間時代の寵児
として戦国時代を思うままに手にした男の象徴とされるのも又
納得の生涯だったと言えるだろう~

おわりに

いかがでしたか?秀吉の激しくもしたたかな上昇気質があの戦国の時代にあって何一つ持たなかった一介の農民(足軽)から戦国武将として天下まで手にした男の象徴こそが「墨俣城秀吉出世祭り」を一夜城にて開催されると思うと感慨深い物がありますね。是非近隣の方も歴史好きの方も一夜ではなかったものの、間違いなく秀吉の出世の象徴である墨俣一夜城を是非身近に見て欲しいですね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 名古屋まつり
  2. 関ケ原合戦祭りアイキャッチー
  3. 肉
  4. 綾乃まつり
  5. 十万石まつり
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント