デヴィットボウイの生い立ち~家族や兄の自殺に目がオッドアイ?

この記事は3分で読めます

デヴィッド・ボウイアイキャッチー

今年1月に世界を震撼させた歌手のデヴィットボウイ
の死去から既に10カ月の時が経つ。

未だに影響力のある彼の生い立ちや家族との葛藤
や兄の自殺。

そして神秘的な顔立ちにあの珍しい目の色のオッドアイ
の原因も同時に追ってみよう。




Sponsored Link

デヴィットボウイプロフィール

     デヴィット・ボウイ
本名 デヴィッド・ロバート・ヘイウッド・ジョーンズ
生年月日  1947年1月8日(69歳没)
出身地  イギリスイングランド ロンドン ブリクストン

デヴィットボウイの生い立ち~家族

ロンドン南部でウエイトレスをする母親とチャリティー
活動を行う父親との間に誕生したデヴィット。

昔から、そして現在にも貴族階級があるとされるイギリス
生まれのデヴィッド一家は労働階級といういたって一般階級
に生まれるも、母親の世代から何らかの精神障害がある人間
が多い事が分かっている。

その事で青年時代はデヴィットも相当苦しんだようで
母親の症状は軽く、家庭環境に、それ程悪影響はなかった
ものの、実の兄のテリーには幼少期からかなりの症状が
表れていたと言われている。

兄弟仲が良かっただけに、デヴィットはいつか自分も
ああなるんじゃないか~と長年その葛藤な続き彼を
苦しめたと言われている。

元々状況が良かったとは言えない母親もそんなテリーの
面倒を見切れずにさじを投げ、ケンヒール精神病院に
入院させる。

当然テリーの症状は日に日に状態が悪くなってゆく・・・

デヴィットボウイ兄の自殺に苦しんだ日々

追い詰められたテリーはもはや自分を完全に見失って
結局デヴィットの想いも空しくテリーは1985年に自殺。

この実の兄が徐々に精神を病んで行った様や、そして
最終的には家族がさじを投げた事。

幼かったデヴィットにはどうしようもなかった事
など様々な葛藤した彼の気持ちがアルバム
「世界を売った男」の中にも現れている。

兄テリーの事を書き記している曲があるそうだ。

そして、そんな家系である事をデヴィット自らも
一番恐れていたのだ。

いつか自分もああなるかもしれない

この思いが常にデヴィットを脅かしていたと言われている。
兄
出典:http://www.eyeeyea.sakura.ne.jp/yogo/2016/01/
その為彼も若い頃(特に兄テリーが自殺以降)
は一時かなりの薬物中毒となってその依存も
かなりな危険レベルの時期があったと言われている。

特に初期の頃で、最初の妻アンジーとの婚姻関係の
1970年代が一番ジャンキーだったらしい・・・

どうりでガリガリの時期が・・・異様かも・・・




Sponsored Link

デヴィットボウイのオッドアイの原因

そしてデヴィットと言ったらあの神秘的な瞳の色の
違いもその珍しさからオッドアイともてはやされた。
目

人によっては結構恐いと思うんだけど…デヴィットはハンサムだからかな・・・

これは先天性と言われたり、過去学生時代の殴り合いに
よって(女の子の奪い合い)による喧嘩で失明した
説が有力とされている。

顔がとってもハンサムなだけに、マイナス要素にならない
所が素晴らしい。

右目がブルー(青)左目がヘーゼル(淡褐色)
明らかに片目だけ瞳孔が開いて見える。

おわりに

仲の良かった兄の自殺によって相当いつか自分も「おかしくなるかもしれない」と言う気持ちに襲われたデヴィット
あまりに早すぎるその生涯は69歳で幕を閉じられたがデヴィットボウイよ永遠に~安らかに~




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 矢沢永吉アイキャッチー
  2. ジャスティンビーバーアイキャッチ
  3. 浜崎あゆみアイキャッチー
  4. エミネムアイキャッチー
  5. 高橋ジョージアイキャッチ
  6. 布袋寅泰アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント