デヴィ夫人の生い立ち~若い頃の壮絶過去母と弟の死乗り越えて

この記事は2分で読めます

デヴィ夫人アイキャッチー

今やご意見番としてもタレントとしても活躍して
お茶の間での楽しませてくれるデヴィ夫人。

彼女の生い立ちもまた壮絶な若い頃の過去を
乗り越えて今があるといえる。

母の死と弟の自殺を乗り越えて彼女の過去を
追ってみよう。




Sponsored Link

デヴィ夫人プロフィール

ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
日本名 根本七保子(ねもと なほこ)
生年月日 1940年2月6日(76歳)
出身地  東京都港区西麻布

デヴィ夫人の生い立ち~

現在でいう港区西麻布生まれのデヴィ夫人の
家庭は父の兵七郎と母政子との間に誕生し、
弟、八曾男さんとの4人家庭だった。

父は大工を営んでいたが多額の借金があり幼少期
はとても裕福とは言えない家庭環境だった。

年代的に太平洋戦争も経験している彼女は戦時中は
母と弟と一緒に福島へと疎開していた。

15歳当時から(昭和30年)に映画
『青ヶ島の子供たち 女教師の記録』などでエキストラ
として出演しアルバイトを始める。

翌年高校に進学するも父親が亡くなった事で高校を
中退、家計を支える為に16歳で赤坂の高級クラブ
「コパカバーナ」に働き始める。
生い立ち
出典:http://itsugarmania.tumblr.com/post/27983077873

1959年19歳で当時のスカルノ大統領が、訪日中に
見初められラブレターなどでやり取りした後に
1962年第三夫人としてインドネシアに渡ります。

当時の年齢差39歳だったそうです。
しかもインドネシアは一夫多妻制・・・

39歳年の差ってインパクト大です。

だがその幸せもつかの間1965年にはインドネシア内
でクーデターとなり大統領は失脚。

デヴィ夫人の母の死

彼女最大の後悔はこのインドネシア大統領との熱愛
報じられた当時の日本でも大騒ぎとなりました。

連日マスコミに追いかけられた母は慣れない心労で
倒れてしまうのです。

母の死
出典:https://laughy.jp/1426010926864183609

危篤の知らせで慌てて日本に帰国したデヴィ夫人ですが
願い叶わず40日後に母親の政子さんは亡くなったそうです。

お恐らくデヴィ夫人が当時19歳~20歳なので母親の政子
さんも相当若かったと思うのですが・・・

彼女は2人兄妹の長女ですし、そう考えても時代背景から
してもどんなに遅い時の出産でも50歳前位じゃないかな~と
思うと物凄い早死にです。

相当なマスコミの数だったのでしょうね・・・




Sponsored Link

デヴィ夫人の弟の自殺

そして悲劇は母親だけでなく弟の八曾男さんにも
起きるのです。

弟

母の死からたった2日後当時友人に騙された借金を
抱えた弟は、母の後を追うようにガス自殺されたそうです。

誰にも相談せずに。

姉のデヴィ夫人にさえ心配かけるのを嫌い黙っていたそうです。

この事を悔いて彼女はインドネシアに帰国後宮殿に「やそお」
と名前を付けたそうです。

悲しい。

大統領に見初められただけじゃなくその後の悲劇を乗り越えて
今のデヴィ夫人があるのですね。




Sponsored Link

おわりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ピータ―アイキャッチー
  2. 長嶋一茂アイキャッチー
  3. ミッツマングローブアイキャッチー
  4. 坂上忍アイキャッチー
  5. マルシアアイキャッチ
  6. ローラアイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント