戦慄かなのの生い立ち~母からの壮絶DVイジメ少年院入所の理由も闇

この記事は4分で読めます

戦慄かなのアイキャッチ

先月11月末の「アウトデラックス」に出演してその壮絶な
経歴が話題になっている戦慄かなの。

彼女の名前の読みや得体の知れない過去の少年院入所の
理由など、苛酷な実の母親から受けたDVなど、プロフィール
と共に戦慄かなのの生い立ちを追ってみよう。

どうして彼女は少年院に入ったのか?

謎のアイドル戦慄かなのの、これまでを追ってみよう~

Sponsored Link

戦慄かなのプロフィール

氏名      戦慄かなの(せんりつ かなの)
生年月日    1998年9月8日(20歳)18年12月現
本名      不明
出身地     大阪府
所属アイドル  ZOC

戦慄かなのの生い立ち~母親からの壮絶DV生活

先日人気番組「アウトデラックス」に出演して、その
壮絶な経歴に現役アイドルとしては異例の過去として
かなり話題の戦慄かなのさん。

彼女の壮絶過ぎる生い立ちには、やっぱり第一に
幼少期の家庭環境にかなり関係があるようです。

彼女の家庭は、かなのさんが、小学生頃には既に
両親が離婚して母子家庭だったようです。

母子家庭だけなら今時何も珍しくないのですが
両親の都合で別れただけでなく、かなのさんの
母親は、完全ネグレストな母でした。

その様子はかなり壮絶で、実の娘であるかなの
はじめ妹に暴力を振るうなどの虐待行為に、育児
放棄放棄状態で妹と二人食べる物さえなく1週間を
水道水で凌いだ過去もあるのだとか・・・

そうです。

幼い子供二人を家に放置して、母親は平気で1週間も
家を空けて帰宅しない事もあったそうです。

その上、そんな状態の家庭環境にも関わらず
かなのら姉妹に対して、母親は口を開けば

「あんた発達障害なんじゃないの」と暴言の数々を
言い放つ始末・・・

この時のことをかなの本人はツイッターで

『マジうける!』

『もしそうだとしても、お前が私のこと殴り過ぎて脳細胞潰れまくったとか、彼氏と出かけたきり1週間かえってこなくて成長期なのに餓死しそうになったから脳みそに栄養いかなかったとかそんなんが原因じゃないんですかね』

このツイッターの内容を、かなの本人が発信しています。

この文面からも分かる通り、かなのさんの母親は
かなりやらかし以上の完全無欠のネグレスト。

この事実に関しては否定できそうにありません。

酷過ぎる・・・1週間彼氏のとこ行って帰宅せず
食べるものなかったとか、本当に一定数の母親に
こうしたことを平気でする女性が見えるのですね。汗

子供は親を選べないのに、悲しすぎます・・・

戦慄かなのの学校でのイジメ

そして当然の事ながら家庭環境がネグレスト
だったかなのの学校生活は様々な不利となって
同級生らからの見る目も苛酷な状態だったようです。

1週間男と出かけて平気で幼い子供を家に置いて
出かける母親です。

当然のことながら通常なら日常生活の中身について行く
お風呂に入る、歯を磨く、汚れた衣類や下着を着替える。

こうした、一般的に普通だよね?という常識さえも
ネグレストの親を持ったかかのら姉妹には分からない
し、変える事が出来ない既存事実だったのです。

当然衛生的に、清潔感が保てず、不潔な状態で学校に
出かける事で、普通である同級生達は、それを理由に
かなのをイジメたそうです。

こうして書いていても、そういえば同級生に1人や2人
はいたかも~と遠い昔を振り返って思い出します。

少し不潔な同級生を「汚い、臭い」と言いバカにした
記憶が誰もが一つや二つ記憶にあるのではないでしょうか?

かなのはこの私達加害者と違い、被害者として「言われる側」
に立っていたのです。

子供時代の思いのままに口に出す一言二言が、周囲と
同じようにしたくても、出来ない。同じに出来なかった
かなのさんのような立場の子供にとってどれほど深い傷
となって残っているのか・・・

今、完全な大人になって、その残酷さに唖然と
しますが、今考えると言われている側の立場から
すると、一生拭い切れない傷として残る程傷ついて
いたのではないでしょうか。

誰もがみんなと同じでありたい。

何とも無しにそう願うだろう、普通の事さえも
親の育児放棄によって、出来ない子供がいます。

当時のかなのもそんな一人だったのですね。

イジメは、完全に物心がついた頃の10歳から中学を
卒業するまでの期間続いたと言います。

多感な思春期を、心ない言葉の数々で同級生と同じ
では居られなかったかなのさんは、学校でもイジメ
と言う苛酷な状況下の中、耐え忍んでいたのでしょう。

「どうして私だけ?何で?」

恐らくは、そう思いながら・・・

どうにもできない悔しさと屈辱にまみれて生きて
きたのでしょう。

Sponsored Link

戦慄かなのの少年院入所の逮捕理由も闇

家庭では、変わらない母親からのネグレスト。

学校では、小学校の頃からの不潔なイメージが
ついて永遠と続くイジメを経験したかなの。

そんなかなのが精神的にブチ切れるのはもはや自然の原理。

かなのに転機が訪れたのは高校時代から。

一気に溜まったうっぷんや、キレそうで切れずに
行き場のない怒りを内に為にためていたかなのの
糸がプッツリキレたのが高校生に進学してからだった
ようです。

もはや、必然といっても過言ではない、かなのの
非行への階段は誰も止められる人はいなかったでしょう。
アウトデラックス
アウトデラックスで大判振る舞いで大暴露してます・・・

どんどん非行の道へと走るかなのは、同じように
非行に走る友達らと意気投合して、知ったビジネスが
「JKビジネス」だったそうです。

テレビでニュースになる「JKビジネス」に手を染めて
犯罪を犯したかなの。

幼少期から、母親に放置された事によってお金に
対する執着が強かった事からJKビジネスに手を
染めたとの事で詳細は分かりませんが・・・

そのJKビジネスが元となって彼女は何度も逮捕。

余罪が重なり結果彼女は少年院に送還される事
となってしまったと言うのです。

何と実刑2年を少年院で過ごしたとの事。

恐らくは買春?とかでしょうか・・・汗

これ程苛酷な生い立ちの背景を知ったら誰もが
お金が欲しい。

お金に執着した結果JKビジネス~への道のりは
褒められる事ではないモノの。

やはり一概に全否定出来ないと思えてしまいます。

それでみ今があるのは時代でしょうか?

ひと昔前ではありえない、かなのさんのこの壮絶な
生い立ちや過去も現代なら受け入れてもらえる。

だって彼女は、まだたったの20歳になったばかりの
少女です。

幼少期のあらゆる可能性を母親によって奪われた
事について彼女に責任があったとは到底思えません。

これからがかなのの人生の本番ですよね。

少年院に入った過去があったって、自分次第で
人生は変える事は出来る。

それを是非かなのさんにリアルで証明してくれる
ような活躍を期待したいと思います。

Sponsored Link

おわりに

壮絶過ぎる過去を持つ弱冠20歳のアイドルかなのの出現は平成最後のアイドル界の爆弾として、今後どんな活躍を彼女が見せてくれるのか本領発揮だと思います。過去は変える事は出来ないけど、未来は変えられる。少年院の過去があっても、とっても可愛いかなののビジュアルを見て少年院の経歴も悪くないかも~と思えたりしますが、切り替えも必要ですよね。まだ若いかなの自身がどう人生を切り替えて芸能界でブレイクするのか、今後の活躍が益々楽しみですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 森田剛アイキャッチ
  2. 城島茂アイキャッチ
  3. 東山紀之アイキャッチ
  4. 三宅健アイキャッチ
  5. 国分太一アイキャッチ
  6. 中島裕翔アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。