原辰徳の生い立ち~父親の壮絶体罰に耐え嫁は再婚子供はドラ息子

この記事は3分で読めます

原辰徳アイキャッチー

巨人の若大将と言えばもうこれは監督10年務め
去年勇退された原辰徳でしょう。

彼のこれまでの野球人生は決して平たんではなかった
それを裏付ける生い立ちと嫁との再婚秘話や授かった
息子の黒い噂などの現在を追ってみよう。




Sponsored Link

原辰徳プロフィール

原辰徳(はら たつのり)
生年月日 1958年7月22日(58歳)
出身地  香川県相模原市
身長   181㎝
体重   88kg
出身高校 東海大相模高校
最終学歴 東海大学

原辰徳の生い立ち~

幼少期には福岡県大牟田市で(現三井化学)の社宅に
住んでいた原家は父親の貢氏と母親との間の長男と
して原家に誕生する。

下には妹がおりこの妹の子供が菅野智之で原辰徳の
甥っ子にあたる。

小学校2年生で父の東海大相模付属高等学校の野球部
監督就任に伴って神奈川県に転居した。

原氏が中学時代にも厚木市の公営団地に住んでいたと言う
ごくごく普通の教育者の一般家庭だった。

原辰徳の父親の壮絶体罰に耐えて~

だが事父の貢氏に関してはアマ野球界でも名将と言われた
人物で福岡県立三池工業高校の野球部監督に就任時代にも
無名だったにも関わらず初出場で高校野球全国大会での優勝を
決めるなど、誰もが認める名将ぶりです。

そんな貢氏の転勤が東海大相模に決定した事がきっかけで
その父親を追って野球少年だった原辰徳は同高校へと入学します。
父親
出典:nikkansports

もう高校野球業界でも”親子鷹”として大騒動だったらしいです。

だがそこでの野球人生が彼にとっての一番熾烈な想い出と
過酷な体罰を実の父から受ける事となります。

その内容も本当に酷く、それに耐えた原辰徳がいかに
本当にデキの良い息子だったのか~と思わざる内容です。

彼は何かあるたび迷わず息子に鉄拳を浴びせ、
殴り飛ばし、倒れた息子の顔をスパイクで踏みつけた
という壮絶ぶり。

他人でも現在なら速攻体罰問題になる事請け合いの
この過酷な体罰に、当時を振り返って原氏自身が

『クソ親父、殺してやろうかと思った』
あの爽やかな顔で公言するレベルです。

いかに過酷で壮絶だったかがわかります。

確かにどう考えてもやり過ぎです。

でも貢さんにとってはそうする事によって自分の子供を
特別扱いしはしない!と言う証明だったのかもしれませんが・・・

原辰徳と嫁は略奪婚だった

原辰徳氏は1986年に6歳年上の明子夫人と結婚。

だがこの結婚も当時は大騒ぎの略奪婚と言われた。
嫁
出典:laughy

その理由は明子さんがバツ1の再婚だった事と元を
たどれば二人は原氏が大学時代の恋人同士だった。

1976年原氏の東海大時代に知り合った二人は
交際するも両家の両親の大反対を受けて破局

その後6歳年上だった明子さんはお年頃?だったのも
関係あるのか別の男性と結婚~離婚。

当時の別れから4年の歳月が経っても忘れられなかった
原辰徳はここぞとばかりに猛アタックしたそうです。

どうしても忘れら切れなかった二人はいつしか逢瀬を
重ねる事となり結局明子さん離婚。

そして復縁したと同時に原辰徳と見事1986年再婚。

この経緯から原辰徳略奪婚と、当時の原辰徳の尋常では
ない人気ぶりからも略奪婚と大騒ぎとなったようです。

原氏に猛アタックさせるだなんて明子夫人凄すぎ・・・




Sponsored Link

原辰徳の子供はドラ息子

そんな大恋愛の果てに結婚して1988年には待望の
息子にも恵まれた二人。

だがこの息子こそが業界では有名らしいこれぞホントの
ドラ息子だそうです。
息子
出典:laughy

名前は、原嘉宏(28歳)
幼少時から野球も始めるも全くものにならず、エリート
学校で有名な幼稚舎から慶應に進むも1年で中退。

かなりのチャラ男で有名らしく学生時代から月数百万の
お小遣いで元KAT─TUNの赤西仁らと良くつるみ、「赤西軍団」
の一員でもあるらしく・・・

薬物使用で逮捕された高部あいらとの交流があった事から
一時は原辰徳の息子の「逮捕が近い」と水面下で噂
されてたレベルだそうです・・・

原辰徳の息子だと思うと飛んだドラ息子なのは間違いないですね。

だって一部では2015年の監督引退激と去年の息子の
薬物疑惑が原因だったと一部では言われた程の話だった
と言うから笑えません。

鷹がトンビを産んでしまったってまさかの逆バージョン
ってやつですね。汗

思うようにいかないのが人生なんですね・・・

まとめ

原辰徳のこの半生は凄まじいですね。実の父との師弟関係に、嫁との大恋愛成就とそして授かった息子のデキ具合。
何もかもがドラマテックな原辰徳の生い立ちから現在まではやっぱり彼のデキが凡人では無い事の証明のように破壊力満点です。これからも足を強烈に引張るであろう息子をどこまでも引き上げて更なる高みを目指して活躍して欲しいですね。誰も原辰徳の邪魔は出来ません・・・てか逮捕されませんように(汗)




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 武藤嘉紀アイキャッチー
  2. 原口元気アイキャッチー
  3. シャラポワ
  4. 野村克也アイキャッチ
  5. 吉田輝星アイキャッチ
  6. ロナウジーニョアイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。