伊調馨の生い立ち~母との別れに姉の想いで4連覇の国民栄誉賞!

この記事は3分で読めます

伊調馨アイキャッチー

前人未踏の4連覇を成し遂げた女子レスリングの
伊調馨。

これまでの母との別れや姉の想いなど彼女の生い立ち
を追ってみよう。




Sponsored Link

伊調馨プロフィール

伊調馨(いちょう かおり)
生年月日 1984年6月13日(32歳)
出身地  青森県八戸市
身長   166㎝
最終学歴 至学館大学
所属   ALSOK

伊調馨の生い立ち~

両親と兄と姉を持つ彼女は末っ子の5人家族でした。
青森の地で誕生した彼女は兄の寿行(としゆき)さん
がきっかけで地元のレスリングクラブに通い始めます。

姉千春さんはご存じの通り2010年に現役選手から引退
されまっしたが、その経歴は姉妹でのメダルを獲得した
少数派の元五輪選手です。

2004年のアテネと2008年の北京五輪で銀メダルを
獲得した伊調千春さん。

生い立ち
出典:http://mainichi.jp/graphs/20160817/hpj/00m/050/008000g/3

現在では引退後故郷で保健体育の教員として働いていますが
彼女が姉妹としてもライバルとしても伊調馨の支えに
なっていたことは間違いないでしょう。

そんな兄妹の伊調家の支えは何といっても母親の
トシさんだったのではないでしょうか。

激しい気性だったようで試合になったら姉妹はじめ
兄妹3人に言った言葉が

『試合になったら死んでも勝て!』

ちょっとビックリですが、死んでもってねぇ~
かなり負けず嫌いのお母さんだったようですね。

そこまで伊調馨さんに激しい負けず嫌いは感じませんが
表に出さないだけかもしれませんね。

伊調馨突然の母との別れ

そんな全身全霊で応援してくれる負けず嫌いだった
お母さんも2014年11月28日に自宅で頭部打撲の状態
脳挫傷でこの世を去っています。

急な母との別れに、馨さんも泣き崩れたと言います。

絶対に負けるな、死んでも試合には勝て!

そう言っていつも観客席に応援に来ていた母。
母と姉
出典:http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160819-OHT1T50056.html

その約束通り彼女は、このリオ五輪で吉田沙保里同様に
4連覇を賭けた戦いに挑みました。

観客席には父と姉の千春さんが母トシさんの慰霊を持って
見守っていました。

結果は御覧の通りの前人未踏の4連覇です。

試合後に
『お母さんが取らせてくれた』

こういった彼女。。

素晴らしい試合と物凄い偉業達成で日本中が
沸きまくりましたね。




Sponsored Link

伊調馨が国民栄誉賞へ

五輪での4連覇達成を成し遂げ、この偉業に
熱も冷めやらぬ内に当然日本では国民栄誉賞の
声が挙がり出します。

そしてリオ五輪から1カ月後の9月13日彼女の元に
国民栄誉賞の決定が報告されました。

当然です。

この人がもらえなくて誰がもらうの?ってくらい
至極当然の流れですね。

喜びの会見の場で、彼女は今回のリオでの決勝戦の
勝負に満足がいってない事を理由にもう一度
(コブロワゾロボワ=ロシア)と戦いたい、と発言。

東京五輪も視野に入っているようだ。

2012年ロンドン五輪後の吉田沙保里に続く国民栄誉賞に
いつにもまして満悦の笑顔で
国民栄誉賞
出典:http://www.sanspo.com/rio2016/news/20160924/rio16092418240003-n1.html

本当に素敵な可愛い笑顔。姉の千春さんと~

「これまで普及に尽力できていなかった。この賞をきっかけに
レスリングの価値を上げないといけない。自分も変わっていかなければ」

凄く素敵な笑顔でかわいい女性だな~って思いました。

おわりに

東京五輪是非頑張ってこうなったら前人未踏の大更新で5連覇を狙ってほしいですね。
あんな素敵な笑顔見せられたから、願ったりかなったりですね。これからの彼女の活躍に益々目が離せません。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 国枝慎吾アイキャッチ
  2. シャラポワ
  3. 稀勢の里アイキャッチ
  4. 石浦アイキャッチー
  5. 貴乃花アイキャッチ
  6. 原口元気アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。