松井秀喜の生い立ち~子供時代の逸話と父の教えに高校時代での伝説

この記事は4分で読めます

松井秀喜アイキャッチ

日本では元ジャイアンツの長距離打者として活躍し
メジャーリーグではヤンキーズで活躍した松井秀喜。

ゴジラの呼び名で愛された日本球界きっての打者だった
松井秀喜の子供時代の逸話や高校時代の伝説など生い立ちを
追ってみよう。

Sponsored Link

松井秀喜の生い立ち~子供時代の逸話

石川県能美市出身の松井秀喜さんは両親の元
3歳年上の兄と松井家の次男として1974年6月12日
に誕生する。

誕生したとき、全く想定内であるが、現在を彷彿
させる身体の大きさで3,960gの大きな赤ちゃん
3歳で自宅近くの保育園に入園するも当時の松井氏は
どう見ても8歳に見える大きさの乳幼児だったらしい。

子供時代
このくらいかな?てか今と違ってヤンチャそう(笑)

3歳で8歳って・・・

現在188センチの巨体である幼少期とはそんなもの
なのかもしれませんね。

それにしても身体の大きな子供さんだったようです。

このように地元でも、おそらくはひと際身体の大きかった
松井氏は小学1年んで地元少年の3年生以上で編成される軟式
野球チームに入団するも、体格はデカいが幼いが故にルールが
理解出来ず監督や周囲の指示が理解出来ず一時は断念する。

でも体格の良い次男を父親は野球に向いていると思ったのか
またも小学4年次に少年野球部への入団を進めるが、小学1年時
の印象が良くなかったのかこれを否定する。

その間小学3年生から地元の少年柔道部に入部して
能美郡大会で優勝。石川県大会では3位と好成績を
残し国体強化選手にも選ばれる程の注目選手になっていた。

松井氏曰く『立って良し、寝て良しで野球より注目されていた』
との事。

確かに体格的にも相当注目を浴びそうな青年だったのは
想像出来ますが・・・柔道以外にもわんぱく相撲大会で優勝
する事もあるほど、体格の良さで様々な運動に参加して注目を
浴びていたようです。

でもその反面誰が進めたのかピアノも習っていたようで
実家で演奏をしていたそうです。

ただ兄が野球をしていたことや、どこかに未練が
あったのか、父に背中を押された事もあり小学5年の
夏休みから結局は本格的に野球を始めることとなる。

中学では身長170センチ体重95㎏もの体格だった
松井秀喜は最初は捕手に始り2年時から投手へと
転向し打率6割、3試合連続本塁打を打った事もある
程の実力を兼ね添えていた。

またその馬力から3年生時には飛距離130mで軟球を
割る事もありボール代だけで半年で10万円を超えること
になったという。

その反面相撲でも能美郡相撲大会で優勝するなど
の活躍を見せた彼のあだ名は野球部なのに『関取や相撲取り』
などと呼ばれていたそうです。

中学生で『関取や相撲取り』は微妙ですよね・・・

松井秀喜さんらしい逸話なのでしょうが・・・

それだけ何をしてもスポーツ万能だったと言う事なのでしょう。

松井秀喜の父の教えも素晴らしい

彼の父親は瑠璃協会二代目司教として地元でも
知られた存在です。

そんな父昌雄さんの絶対の教えは
『人の悪口を言わない事』

ある中学2年生の時食卓の席で松井少年は気の置けない
家族の前で同級生の悪口を言ったそうです。

誰でもある事でしょう。

私なんてしょっちゅうです。汗

でも松井家ではそんな他人の悪口は許されません。

父の昌雄さんにこう咎められたそうです。

『人の悪口を言うのは下品な事です。二度と言わないと約束しなさい』

そして利発だった松井秀喜は深く反省し?
それ以降二度と他人の悪口を言った事はないそうです。

松井秀喜の事は『ひでさん』と呼ぶんだそうです。

ひでさんって何か他人行儀な気もしますが、ありでしょうか?

ひでさん・・・笑

色々な意味凄い親子関係・・・

Sponsored Link

松井秀喜の高校時代の伝説

高校は中学野球部監督の勧めと星稜高校監督の
山下監督の強い勧誘から星稜高校に入学。

当時は大学まで野球をやれたらいいな~程度の
感覚だった松井秀喜ですが、そうは世間がほかって
置かないほどの活躍をして高校球児として名前を
残す程の大活躍をしています。

高校進学野球部に入部して直ぐに野手に転向。

その後三塁手に転向するも1年生から4番打者を
務める程の活躍で『北陸の怪童』『星陵恐怖の1年生4番』
と呼ばれる程の活躍で当時の本塁打でも既に推定飛距離
140㎞はあったと言われています。

そうは言っても高校1年の甲子園では初戦の対日大鶴ヶ丘戦
で3対0の初戦敗退。

2年の甲子園では3回戦の竜ヶ崎一高校戦でライトスタンドに
甲子園初本塁打を放ちます。

伝説
そして3年で野球部キャプテンとなり伝説となった
5打席連続敬遠を残しているのです。

初戦の宮古高校戦で2打席連続本塁打、1試合7打点
2試合連続本塁打の活躍。

甲子園自体は2回戦の明徳義塾戦で敗退してますが
この試合で見せた5打席連続敬遠が後に高野連が
記者会見を開く程社会問題に発展
するほどとなった
のです。

まさに伝説の5打席連続敬遠。

相手チーム明徳義塾の監督馬淵史郎氏が
この試合後こうコメントしています。

『高校生の中に一人だけプロの選手がいた』

これは練習中だった松井秀喜を見ていったコメント
だったそうです。

5打席連続敬遠して勝利させた監督ならではの
コメントだったかもしれませんね・・・

5打席ですから、異例中の異例だったのでしょう。

高校時代の成績は松井曰く『柵越えしたのがホームラン』
と豪語した松井秀喜ですが結果は

通算打率は.450、本塁打は60本。

当然全て柵越えで計算していますので
柵越え以内だともっと驚異的な数字になっている
事は間違いありません。

Sponsored Link

おわりに

如何でしたか?松井秀喜の生い立ちからひも解く彼の幼少期はやはりその片鱗を既にアチコチに見せる活躍ぶりでなるべくしての経歴として彼は日米での活躍をしてきたのですね。現在は巨人の時期監督の呼び名も高い松井秀喜さんのいずれかは来るだろう監督としての手腕もファンとしては見てみたい~そう思える存在でもある方でもあります。
近い将来が楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 久保建英アイキャッチー
  2. 伊藤克アイキャッチ
  3. 谷亮子アイキャッチ
  4. ロナウジーニョアイキャッチー
  5. 三浦知良アイキャッチ
  6. タイガーウッズアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。