羽生結弦の生い立ち~姉のお陰で今がある?母の支えと彼女は誰?

この記事は3分で読めます

羽生結弦アイキャッチー

男子フィギアスケート界の王子と言えば超絶小顔の
王子キャラの羽生結弦(21)。

彼の生い立ちは姉のお陰でもあると言われています。
家族のサポートや彼女の存在なども追ってみよう。




Sponsored Link

羽生結弦プロフィール

羽生結弦(はにゅう ゆづる)
生年月日 1994年12月7日(21歳)
出身地  宮城県仙台市泉区
身長   171㎝
体重   56kg
コーチ: ブライアン・オーサー(2012-)
トレイシー・ウィルソン

羽生結弦の生い立ち~姉とのスケートリンク

父親は地元仙台で公立中学の教頭を務めている秀利氏
母親由美さんと4歳年上の姉さやさんとの4人家族。

姉
出典:https://jp.pinterest.com/pin/456341374713855458/

スケートを始めたきっかけは2歳から持病となっていた
喘息を克服するための治療の一環のつもりから始まった
と言う。

姉のさやが先にフィギアスケートを習っておりそれに
憧れた彼もフィギアに直ぐ興味を持って始めた。

教員とは言え公務員の父親に子供二人に真剣にフィギア
スケートをやらせるとなると大変な金額がかかる。

姉も8歳から18歳までの10年間フィギアを続けていて
かなりの腕前だったそうだ。

当時二回転半のジャンプを教えたのも姉のさやさんだった
と言う。

それでも二人このままフィギアを継続するのは無理だ。
姉
出典:http://zakkii.mamagoto.com/Entry/632/

こう決心した両親の言葉に『結弦が辞めるくらいなら私が辞める』

この一声で彼女がアイスリンクから降りる事となり
その決定によって彼(弟羽生結弦)がフィギアに専念
出来るようになったのは間違いない。

こんないきさつがある事からひと際「姉のぶんまで頑張らなければ」

こう心に近い更なる練習に没頭するようになったと言う。

現在も健康管理面などで弟の結弦さんをサポート。
するためにホームグラウンドだったアイスリンク
仙台の職員をされてるそう

羽生結弦母のサポートに支えられて

そしてそんな兄妹と何よりもそこからの猛烈な
練習でメキメキと頭角を現わした彼の全国大会
から世界を舞台にした大会にマネージャーなどの
雑務を含めたサポートを行っているのが、母の由美
さんだ。

教員で地元を離れられない父親に変わり、母が
羽生に連れ添って全てのサポートや健康管理を
行っている。
母
出典:http://athlete-fan.com/men/1650.html

彼の髪の毛から衣装まで一時は母由美さんの
手作りだったそうです。

だけどスポーツキャスターの間では評判はいまいち。

その原因が競技には関係ない家族の話はNGな
事で有名で、少しでも記者が聞き出すことは
出来ないのだそうだ。

確かにそれでは記者としてのうま味が無いのだろう・・・




Sponsored Link

羽生結弦に彼女はいる?

同じ東北高校スポーツコースに通っていた2010年4月
に出会った二人は彼がその後高3で活動の拠点をカナダに
移した事から一時は遠距離恋愛になった。

だが2人の仲は途絶えず繁盛にノートの交換や写メなど
で連絡を取り合っており、2015年春に羽生から真剣交際
を申し込んだと言います。

お互い大学生になって異性として意識するように
なり彼から真剣交際を申し込んだとの事。

そして以前から彼は自身の引退を23歳で辞めようと思っている
と発言している。

この発言からも平昌(ピョンチャン)五輪後を
集大成にして彼はフィギア界から引退するのでは
ないか?

フィギア一筋でやってきた両親にもこの結婚を了承させた
とかとまで言われるこの彼女事情。

熱烈ファンなら気絶ものだけど、誠心誠意フィギアスケート
に全てを賭けてやってきた羽生結弦なら、劇的引退と結婚会見
などあったりしてね・・・

おわりに

羽生結弦を支えたのはやっぱり第一に家族であり、第二に高校時代に知り合った彼女の存在ですね。
未だに飛ぶ鳥を落とす勢いの羽生結弦の平昌(ピョンチャン)五輪とその後の転身に目が離せませんね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 原辰徳アイキャッチー
  2. 黒田博樹アイキャッチー
  3. 宇佐美貴史アイキャッチー
  4. 清原和博アイキャッチー
  5. 本田圭佑アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。