貴ノ岩の生い立ち~兄弟も胡散臭い?壮絶な過去と家族との悲劇とは

この記事は5分で読めます

貴ノ岩アイキャッチ

貴乃花親方の相撲界引退で現在千賀ノ浦部屋で
新たなスタートを切った貴ノ岩。

先月の九州場所での弟弟子貴景勝の見事な優勝
で貴ノ岩もさぞかし良い影響を受けただろうと
思われる中よもやの引退の可能性が?

貴ノ岩と言ったら昨年の日馬富士からの暴行を
受けた被害者でもあったが今回は逆の加害者との事。

一体現在の貴ノ岩に何があったのか?

色々陰で言われる性格も賛否両論の貴ノ岩の生い立ちや
兄弟が胡散臭いと言われる理由も同時に追ってみよう~

Sponsored Link

貴ノ岩プロフィール

四股名   貴ノ岩 義司(たかのいわ よしもり)
本名    アディヤギーン・バーサンドルジ
生年月日  1990年2月26日(28歳)18年12月現
出身国   モンゴルウランバードル
身長    182㎝
体重    O型
所属部屋  貴乃花部屋→千賀ノ浦部屋
最高位   西前頭二枚目
得意技   右四つ・寄り・投げ
趣味    カラオケ・ビリヤード
好物    しゃぶしゃぶ・えび

貴ノ岩の生い立ち~壮絶な家族との過去の悲劇

貴ノ岩は多くのモンゴル力士がそうなように、誕生した
のも幼少期から青年期を過ごしたのもモンゴルの首都
ウランバードルで過ごしている。

兄弟は兄3人と姉1人の5人目の末っ子として、恐らくは
モンゴルでの風習からしても、末っ子と言う事でかなり
両親にも、もちろん兄弟にも可愛がられて幼少期を過ごした
と想像できます。

ちなみに、モンゴルの風習では、末っ子の男の子が
将来両親の面倒を見る事が、一般的な習わしとされて
います。

理由は定かではありませんが、そうした背景があり
現在の横綱白鵬も、確か5人兄弟の末っ子だったため
母親は大層日本行きを白鵬本人が希望したとき大反対
したと言います。

話は戻って、そうした風習がある中すくすくと育った
貴ノ岩の最初の試練が何と僅か8歳で、母親アルタンゲレル
さんと別れる事になります。

理由は急な心臓病だったそうです。

8歳と言ったらまだまだお母さんが恋しい年齢です。

沢山の兄弟が居たとは言え寂しい青年期を送った
のではないでしょうか。

しかもお母さんの当時の年齢が46歳だったとそうなので
かなりの早死にです。

そして、恐らくは母亡き後の貴ノ岩を可愛がり面倒を
良く見ていただろう唯一の姉も、彼が幼い頃に誘拐
されているというのです・・・

中国で多発している子供の誘拐事件は耳にしますが、決して
多い事件ではないはずの誘拐事件に実の姉が被害者と
なっていることの悲劇。

8歳での母との死別。

姉の誘拐事件。(未だ未解決状態で生き別れ)

哀しい過去を持ちつつも幼少期からモンゴルでは日本の
相撲が人気だったことも関係して、当時の日本の相撲界で
大活躍していた元親方となる貴乃花親方の活躍を見て
「いつか日本へ行きたい」との思いを胸に持つ事に。

そして僅か中学生と言う、まだほんの子供時代に関わらず
日本行きを決意したそうです。

16歳で日本でも有数の相撲強豪校として知られる
鳥取城北高校相撲部の石浦外喜義(ときよし)監督
十両石浦関の実の父親がモンゴルで開催したオーディション
に見事合格。

16歳で日本力士を目指して日本行きを決めたのです。

凄い決断力ですよね。

16歳の日本の学生(高校生)なんて基本は、何にも
考えていませんよ。

少なくとも私は何にも考えていませんでした。

それなのに貴ノ岩はボーイズアンビシャン?な感覚で
大きな大志を抱いて日本に一人出るのです。

そして、16歳で日本を出てわずか来日3ヶ月後、またも
貴ノ岩に悲劇が遅います。

父親が肝臓ガンで亡くなってしまうのです。

享年64歳。

どれ程心細い中で日本での相撲漬けの生活を送っていたか・・・

想像を絶する辛い時期だったと思います。

だって日本に行って力士として一旗揚げよう~と思った
原動力には、やはり家族の存在があるからに他なりません
よね・・・

想像しただけで胸が締め付けられる壮絶な過去を
乗り越えて日本での相撲道に邁進していたのです。

Sponsored Link

貴ノ岩の兄弟が胡散臭いと言われる理由

そして、17年11月に発覚した元横綱日馬富士から
受けた暴行事件で何度もテレビ出演されて世間の
知れる所となった貴ノ岩のお兄さん。

何故か胡散臭いとも言われたりしてますが・・・

何故でしょう?

この兄(長男)が居たからこそ、貴ノ岩は
日本に行く事が叶ったらしいのですよ。

私も詳細は分かりかねますが、ネットで調べた
範囲では、貴ノ岩(末っ子の弟)が日本に行く為
の費用を捻出するために長男である兄はモンゴルでは
身を売ったと言われる程の覚悟と決意を持って国境警備兵
になったというのです。

この国境警備兵は(10年年季)と言われているので
望まなくとも10年の月日は絶対任務が厳守となっている
のでしょう。

この兄からの後押しもあって、貴ノ岩は日本へと旅経つ
のです。

なのにこの兄が胡散臭いとは?

戻ります・・・
兄
やはり去年の17年に起きた元横綱日馬富士からの
暴行問題で、テレビに顔出しで色々と出演や意見
していた事から長男のブサン・アディヤさんの発言が
胡散臭いと言われた原因のようです。

当初、貴ノ岩に暴行を働いた元横綱日馬富士に

『日馬富士はじぶんのやったことに責任を持つべきだ。横綱なんだから』

『この問題は日本とモンゴルの人々の間に分断をもたらしている』

こうした強気発言一辺倒だったブサン・アディヤさんですが
モンゴル相撲があるからなのか日本の相撲がとにかく人気
で放送すれば視聴率80%越えも珍しくないと言われるモンゴル
で、日馬富士を引退に追いやった事に対しての貴ノ岩に対する
バッシングが始まると一変して言動を変えたのです。

慰謝料、治療費、事件さ得なければ活躍して得られただろう
懸賞金の予想額として総額2400万円を日馬富士に請求した
貴ノ岩でしたが・・・

兄のブサン・アディヤさんも街中で激しく見ず知らずの
国民からバッシングされ喧嘩にいたる事が続たことで
態度を豹変。

「このままでは対立が深まり、家族にとって良いことは一つもない。兄として、早くこの問題を終わりにしようと弟に助言した」

この一連の態度の変貌ぶりを目の当たりにした相撲ファン?
なのかネットの中でなのか、貴ノ岩の兄は胡散臭い!

と言われる原因となってしまったようです。

貴ノ岩の現在がヤバすぎ?

そして、まだ先月の九州場所での弟弟子貴景勝の
優勝の熱が冷めやらない中のまさかの貴ノ岩の
暴行事件。

そうです。

1年経過して昨年の被害者から今後はまさかの加害者
として・・・

2018年12月4日の冬巡業中に付け人が忘れ物をして、言い訳を
した事に腹を立てて、平手と拳で4回から5回顔面強打を
したとのこと・・・

ちなみに暴行を受けた付け人は、貴大将としっかり貴繋がり。汗

つい数ヶ月前まで、自らを暴行したとして、既に引退
までして禊ぎを落とした、元横綱日馬富士に、多額の
慰謝料まで請求していた貴ノ岩が~です。

マジか~と絶叫レベルのこの事件。

貴ノ岩引退の可能性

大いにあるのではないでしょうか・・・

元横綱日馬富士が引退をしています。

程度の差こそあれ、日馬富士にその責任を負って
賠償請求として2400万円もの高額慰謝料を請求して
母国モンゴルでのあまりのブーイングに慰謝料請求を
引き下げたのは、まだついつい最近の10月の話です。

そして12月4日の自身の付け人への暴行事件。

もはや、当面の謹慎処分となっても、この体たらく
で来年2月には29歳となる貴ノ岩に未来はあるのか?

そう思う相撲ファンも多いのではないでしょうか・・・

幼少期から青年期にかけての哀しい両親や姉との
苛酷な別れを乗り越えて日本で力士として身を立てる
志で努力を重ねてきたはずの貴ノ岩。

でも結局は彼には高すぎる志だったのかもしれません。

結果を見たら何が違うのか?

そして今回一番残念なのが、この貴ノ岩の付け人に
対する暴行事件に周囲の誰もが驚かなかったと言われて
いることです。

彼はだって元々暴行の常習犯だったから・・・なんだとか。

良くもまぁ~そうであるのなら、同郷の日馬富士を
引退に追い込みましたね・・・

横綱が責任として引退したのです。

貴ノ岩とて、引退と印籠を渡されてももはや
何らおかしくない。

そう思う人が多いのではないでしょうか?

生い立ちを考えると、とても残念ですが・・・

Sponsored Link

おわりに

元貴乃花親方の愛弟子である貴景勝が部屋を変わったと同時に小結での優勝を見事に決めたと思ったら貴乃花親方は離婚発表したり、その熱が冷めた頃の、またもの愛弟子貴ノ岩の暴行事件。貴ノ岩が起こした事件とは言え、貴乃花元親方はやはりいつも世間の中心によくも悪くも居る人なのだな~とつくづく思うばかりです。貴ノ岩の次男の大学費用まで貴乃花親方が面倒を見た程貴ノ岩を可愛がっていた貴乃花親方の心境はいかに~どうしても貴乃花に繋がる所がまた不思議すぎる悪縁とでもいいましょうか?とは言え、貴ノ岩の今後にも益々目が離せませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 松本薫アイキャッチー
  2. 金崎夢生アイキャッチー
  3. 高梨沙羅アイキャッチー
  4. 星野仙一アイキャッチ
  5. 宇良アイキャッチ
  6. 片山晋呉アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。