清宮幸太郎の生い立ち~父親や祖父も凄いお家柄?弟福太郎の現在も

この記事は4分で読めます

清宮幸太郎アイキャッチ

プロ野球入団前から未来の大物スラッガーとして
評価の高かった清宮幸太郎さん。

日本ハム入団から2年目の現在成績の伸び悩みも
聞かれる中改めて清宮幸太郎さんの生い立ちを
追ってみようと思います。

父親はラグビーでは知られた人物で祖父も凄いと
言われる彼のお家柄や4歳年下の弟福太郎さんの
現在も間違いなく球界入りが期待される人物。

清宮家の華麗なる一族をおってみましょう。

Sponsored Link

清宮幸太郎プロフィール

氏名:清宮幸太郎(きよみやこうたろう)
出身:東京都新宿区
生年月日:1999年5月25日(20歳)20年5月時点
身長・体重:185㎝・102kg
ポジション:一塁手・左翼手
プロ入り:2017年ドラフト1位
投球・打席:右投げ左打ち
経歴:早稲田実業学校高等部・日本ハムファイターズ

清宮幸太郎の生い立ち~

家族

東京都新宿区生まれの清宮幸太郎には4歳下に
弟の福太郎君も居ます。

二人の名前は父親の克幸さんが命名していますが
何と幸太郎と福太郎で二人合わせて幸福を意識
したのだとか…

何だか生まれた時から持ってる感が凄い兄弟です。

今では日本ハムで鳴り物入りとして大物スラッガーと
期待されて入団した清宮幸太郎も早2年目を迎えます。

そんな清宮幸太郎選手は、小学校4年生までは
ラグビーと野球のハイブリッドで二刀流として
両立させていました。

何故そんな幼少期にラグビーと思うかもしれませんが
彼がラグビーを始めたのは、まさしく父親の影響です。

父親の清宮克幸さんは高校時代からラグビー日本代表に
選ばれ早稲田大学ではラグビー主将を務め直近でもヤマハ
発動機の監督を務めるバリバリのラグビーキャリアを誇る
選手です。

そんな父親の影響を受けて彼がラグビーをするのは
もはや当たり前の環境が整っていたのでしょう。

でも、そんな彼がラグビーではなく野球に目覚める
きっかけがあったようです。

2006年の早実VS駒大苫小牧の甲子園決勝再試合
(斎藤佑樹投手VS田中将大投手)の熱闘を見て
野球一本に絞り、リトルリーグで活躍し名を
広めることになります。

清宮選手は、東京北砂リトルでは「エースで4番」、
2012年出場した「リトルリーグ世界選手権」では
球速129キロ・5試合で本塁打3本の立派な成績で優勝。

後にアメリカメディアで「和製ベーブ・ルース」
絶賛されるきっかけとなりました。

中学時代は調布シニアに在籍し、中学3年の夏の大会で
キャプテンとしてチームを全国優勝に導くなど、順調な
成長を見せていきます。

清宮選手は高校でも1年生から3番・ファーストとして
レギュラー入りし、関東大会で全試合安打、打率
5割6分3厘を記録しています。

歴代最多の高校通算111本の本塁打という桁違いの
成績で注目されました。

父親が幸太朗選手に小学校時代からラグビーや野球、
水泳、スキー、相撲など色々なスポーツをさせ、
才能やセンスを養ったといいます。

また慶應大学ゴルフ部主将だった母親幸代さんも
野球へのアドバイスをしたり、フードマイスターの
資格を生かし栄養価の高い食事を作ってくれるなど
恵まれた環境が彼を大きく育てたといえるでしょう。

その生活ぶりは、もう幼少期からまるで将来を約束
されたかのような徹底ぶりで、以前テレビでも放送
されていましたが、牛乳は1日2ℓ飲みジャンクフードは
口にせず、栄養価の高い食事を意識して取る
と言う
徹底ぶり。

東京都四谷の自宅地下には一般家庭とは思えない
トレーニング事務が設置してあり、悠々と野球の
トレーニングも室内で可能と言う恵まれた環境で
すくすくと育ってきたようです。

どう考えても一般家庭とは違い、かなり恵まれた
環境でお坊ちゃまとして育ったと言う雰囲気です。

それもそのはずなのですが…

Sponsored Link

清宮幸太郎の父親も祖父も凄い

清宮克幸
大学日本一に導い克幸さんですが…幸太郎君クリソツです…

先にも説明しましたが清宮選手の父親の清宮克幸
さんは、大阪出身の元ラガーマンでトップリーグ
「ヤマハ発動機ジュビロ」の前監督として
知られています。

克幸さんは、五郎丸ブームで有名になった五郎丸歩
さんの師匠でもあったため、幸太朗選手と五郎丸
さんも仲が良いそうです。

克幸さんは大阪茨田高校でラグビーを始め、ラグビー
高校日本代表に選ばれたり、進学した早大ラグビー部
主将として大学4年の時日本一になるなど輝かしい
経歴の持ち主です。

2001年まではサントリーに就職し選手生活をして
いたそうですが、引退後早大ラグビー部やサントリー
監督を経てジュビロの監督に至りました。。

現在は日本ラグビーフットボール協会副会長の
職にあり、日本ラグビーを牽引する大きな役目を
担っています。

そして清宮幸太郎選手の父方の祖父幸一さん
2017年12月に79歳で亡くなりましたが、過去に
ドラフト候補に名前が挙がったほどの選手で、父方の
家系は皆体格が良いことでも知られていたそうです。

父親も祖父も大きくがっしりとした体格でスポーツで
活躍してきた方々で、清宮家は代々アスリート家系で
あったことがわかります。

清宮幸太郎の弟福太郎の現在も

兄妹
福太郎君も笑顔がメチャ可愛いです

清宮幸太郎選手の4つ下になる弟は福太郎さんで、
幸太朗選手同様に東京北砂リトル出身で、小6で
リトルリーグ世界一に輝いている凄い実力の持ち主です。

中1から調布シニアに在籍し、一塁手兼投手で活躍
しました。

関係者によると「お兄ちゃんにできないことをしたい。」
が福太郎選手の口癖ということです。

兄幸太郎選手は左打者ですが、弟の福太郎さんは右打者です。

2人はとても仲が良いそうで、幸と福、2人合わせて
幸福という名前もほほえましいですね。

2人とも好物は焼肉のようで子供時代には2人で焼肉
10人前を平らげる程だったそうです。

2人のあの体格を見れば無理なさそうですが…

10人前は凄いですね~

福太郎選手は高校野球界でも注目を浴び、2019年春、
早稲田実業中等部から兄と同じ早稲田高等部に入学し、
1年生夏公式戦左翼レギュラーデビューを飾りました。

西東京大会8強が最高成績で、甲子園実績は
ありませんが、公式戦1号ホームランの推定距離が
130mという特大弾(練習試合)で話題を集めるなど、
その有望な素質は期待を大きく集めています。

兄の後を追うように野球の道に進み、日本中の期待を
背負う弟福太郎選手のこれからの活躍が大変楽しみですね。

Sponsored Link

おわりに

大物スラッガーとはいえ日本ハムでは中田翔選手ら一流スラッガーが居る中、栗山監督に4番を任命された清宮幸太郎さんが如何に監督や周囲から期待されている人物なのかが分かりますね。まだまだ打てると現在進行形で伸びしろが期待される清宮幸太郎さんと、その弟福太郎さんの球界入りも近い未来期待できそうです。
生まれも育ちも名前も持ってる感が凄いスター選手として今後の活躍にますます期待したい人物ですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 吉田輝星アイキャッチ
  2. 大谷翔平アイキャッチ
  3. ノバクジョコビッチ
  4. 片山晋呉アイキャッチ
  5. 小祝さくらアイキャッチ
  6. 原口元気アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。