工藤夕貴の生い立ち~父親との絶縁に弟の現在や旦那の画像と再婚歴も

この記事は3分で読めます

工藤夕貴アイキャッチ

現在大ヒットドラマの「下町ロケット」にも出演
中の女優工藤夕貴さん。

彼女の生い立ちには父親で歌手の井沢八郎との確執や
唯一の兄弟弟がいるという。

弟の現在や結婚した旦那の画像や職業など、近年顔が
変わり過ぎと言われる変化の激しい工藤夕貴の生い立ちを
追ってみよう~

Sponsored Link

工藤夕貴の生い立ち~父親は有名歌手の裏の顔

1971年1月に東京都で誕生した工藤夕貴は実の父親に
歌手の故井沢八郎の長女として誕生する。

ちなみに井沢八郎さんは「あ~上野駅」「北海の満月」
など母親世代には分かる大ヒットを持つ歌手だった。
父親

八王子市立加住小学校を卒業して、そのまま地元の
加住中学に進学した彼女に起きた最初の転機はスカウト
された事。

確か小学生時代にスカウトされた彼女は12歳で芸能界
にデビュー
して当初は二世アイドル歌手として注目され
活躍をする。

高校は芸能界を目指す若い男女が多い事でも
知られる堀越学園に進学する。

同期には酒井法子や西村知美ら早々たるメンバーが
おりアイドルとしてデビュー後は彼女らと競うような
人気ぶりで活躍をする。

父親は既に昭和の演歌歌手として知られる存在の
井沢八郎。

ただこの昭和を代表する歌手であった父親井沢八郎の
裏の顔はかなり酒癖が悪く工藤夕貴ら子供を含む嫁である
工藤夕貴の母親らにかなりの暴力を振るうDV夫だった

そうです。

母親は殴られ、彼女自身も投げ飛ばされた事が
あるほど酒癖が悪い裏の顔があったとか・・・

大ヒット歌手として活躍した過去の栄光を持ちながらも
相次ぐ井沢八郎氏自身のスキャンダルで芸能界からは
歩され気味になっていた事もこの家庭内暴力の原因
だったのかもしれません。

・1983年に交通違反
・1985年にデートクラブで16歳との買春
・更に愛人やら隠し子騒動が勃発

これらのスキャンダルが芸能界から干される原因と
なり結局工藤夕貴の母親とも1989年に離婚となる。

そんな父親に相当恐怖を感じ当然距離を置くように
なる工藤夕貴。

工藤夕貴の母と婚姻関係にあった時から交際が
噂されていた女性青羽と1994年に再婚している。

ちなみにそんな父親も2007年1月に食道ガンを患い
この世を去っている。

Sponsored Link

工藤夕貴の弟の現在は?

そんな工藤夕貴には弟が一人見えるとの事。

現在弟さんは何をしているのでしょう?

工藤正貴(くどう まさき)さんと言い
1973年7月39日生まれで弟正貴さんも、元俳優と
して芸能界で活躍していた時期があったようです。
弟
如何ですか?

なかなか爽やかなイケメンですよね。

有名な作品だと1988年の作品「僕らの7日間戦争」
「南くんの恋人」「世にも奇妙な物語」に出演された
過去があり、俳優としては1993年に引退。

その後はロンドン留学や逮捕の噂まで浮上した
そうですが、引退後はクラブDJとして活動されて
いたようです。

現在もクラブDJかはわかりませんでした。

工藤夕貴の旦那の画像と再婚歴も

日本での歌手としての活動とその後ハリウッドデビュー
も叶えて活躍した工藤夕貴さん。

彼女の結婚は1995年にハワイ在住のサラリーマンと
結婚し、3年後に離婚。

その後2010年10月10日に10歳年上の男性と再婚。

旦那様は元警察官で空手をやる武道家らしく
その腕前も極真空手初段、柔道5段の腕前を
持つ男性なのだそうです。
夫
彼女との時間のすれ違いを避ける為に警察官を
やめて静岡県富士宮市のカフェ・ナチュレの
経営に携わっています。

自家農園で作った野菜をメインにした料理で
工藤夕貴さんも仕事の無い日は自家農園から
カフェの運営にも手伝うなど、とっても仲の良い
夫婦なのだそうです。

Sponsored Link

おわりに

知られざる工藤夕貴の表の華やかな活動と裏での家庭内不和は、やはり人知れず色々あったのでしょう。どれ程有名な父親でも家庭内暴力や年頃の娘にとっての児童買春は親子の絶縁状態を招いても致し方の無い事。工藤夕貴さんもプライベートでは二度の結婚歴があるとの事で現在は幸せそうですが、今後日本を拠点にまたどんどん活躍される事を期待したいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 哀川翔アイキャッチー
  2. 加山雄三アイキャッチ
  3. 満島ひかりアイキャッチ
  4. 穂積由香里アイキャッチ
  5. マコーレ―カルキンアイキャッチ
  6. 中嶋朋子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。