藤山直美の生い立ち~姉妹との別れに破天荒な父親に導かれた芸の道

この記事は5分で読めます

藤山直美アイキャッチ

昭和を代表する希代の喜劇役者として活躍した
伝説の男、藤山寛美を父に持つ藤山直美。

彼女の生い立ちは破天荒過ぎる父親の光と影を
象徴するような苦渋の生活を強いられたことは
あまり知られていません。

藤山寛美の娘として藤山家の家族がどんな生活を
送ったのか?藤山直美として5人姉妹の中で唯一
父の跡継ぎとして芸人となった理由は?

最愛の妹との別れや結婚ではない芸人の道を
選んだ彼女の半生を追ってみようと思います。

Sponsored Link

藤山直美プロフィール

氏名:藤山直美(ふじやまなおみ)
本名:稲垣直子(いながきなおこ)
生年月日:1958年12月28日(61歳)20年9月時点
出生地:大阪府大阪市
出身地:京都府
学歴:京都女子中学校・高等学校
血液型:O型
職業:女優
家族:藤山寛美(父・喜劇役者)、稲垣峰子(母)姉妹4人
書籍・わたし、へんでしょ?

主な作品・受賞:舞台『笑う門には福来る~女興行師吉本せい~』
『おもろい女』(文化庁芸術祭演劇部門大賞)、テレビドラマ『おんなは度胸』
『芋たこなんきん』、映画『顔』(キネマ旬報賞主演女優賞)
『団地』(上海国際映画祭・最優秀女優賞)・2020年、春の叙勲で紫綬褒章受章

藤山直美の生い立ち~壮絶な借金生活

藤山寛美

松竹新喜劇の大スター藤山寛美さんの娘として
知られる女優の藤山直美さん。

偉大な喜劇役者だった寛美さんの跡を継ぎ、舞台や
ドラマ、映画などに活躍していますが、親譲りの
才能を発揮しとにかく芝居がうまくて面白いと評判です。

そんな藤山直美さんの生い立ちには壮絶な
借金生活など暗い過去があり、父親の破天荒な
私生活がその人生に大きな影響を与えたのは
言うまでもありません。

藤山直美さんは松竹新喜劇の爆笑王・藤山寛美の
娘として大阪に生まれ2歳で初舞台を踏みます。

順調な芸能人生を歩いてきたかのように思われる
彼女ですが、7歳の時父親の借金が発覚し、追われる
ように京都に移住したといいます。

20代での、あほ役が大当たりしブレイクした
父親、寛美さんは金遣いが荒く、連日街に繰り出す
豪遊生活をおくっていた事は今だに伝説です。

京都の祇園で知り合った直美さんの母で芸者だった
峰子さんと結婚後もそれは変わらず、時には金に窮して
母の大事な着物を質に入れてまで豪遊する事を厭わない
タイプでした。

そんな藤山家の家計を支える母親と、そんな家庭環境
の中送る生活は世間一般の人から想像する生活と実際の
直美らの生活ぶりは、かなりの相違があり実際は、壮絶な
借金生活だったと言われています。

娘の藤山直美さんは中学・高校は普通の女学生
として過ごし、高校卒業後はアルバイト感覚で
舞台に出演します。

その後、直美さんは24歳で彼氏ができた事から普通に
結婚し主婦となる事を夢見たそうですが、31歳の時
偉大な父親が死去、これを機に心機一転。

平凡な女の幸せの象徴でもある結婚を諦め彼女は
芸の道を追求する事を選んだのです。

この時初めて父、藤山寛美の跡を継ぐことを決心します。

直美さんは33歳で出演したNHK朝ドラ「おんなは度胸」
の脇役で全国区に知られる存在となり一躍人気者に。

その後も映画やドラマなどに出演し栄誉ある賞も
多く受賞します。

2017年に藤山直美さんに初期の乳がんが、あることが
わかりますが、その後がんを克服し役者道をひたむきに
まい進する姿が胸を打ちます。

藤山直美の姉妹と壮絶別れ

父似

藤山直美さんが46歳の時、4歳年下の最愛の妹が
死去
し、大変なショックを受けたそうです。

藤山直美さんは5人姉妹だそうで、直美さんは
藤山家の3女ですが、上2人の姉は母親の連れ子で
直美さんと4・5女は藤山寛美さんと母の間の子で
あることがわかっています。

2歳年下の妹の志代美さんは、藤山直美
マネージメント、プロデュースに携わって
いるそうです。

5女の酒井美千留さんは直美さんの個人事務所に
務めていたそうですが、2005年42歳の若さで
心不全で亡くなっています。

美千留さんの子であり藤山寛美の孫として今や注目
される存在の酒井扇治郎(藤山扇治郎)さんは
松竹新喜劇に所属し、2018年朝ドラ「まんぷく」
にも出演されている31歳の若手役者です。

母親が亡くなった時は、まだ彼は18歳で、どんなに
つらかったことでしょう。

ですが2018年扇治郎さんは舞台で共演した元宝塚
トップスター女優北翔海莉さんと結婚。

公私とも充実した生活をしているようです。

お母さんの美千留さんもきっと天国で喜んで
おられることでしょう。

Sponsored Link

藤山直美は破天荒な父親に導かれた

藤山直美さんの父藤山寛美さんは、冒頭でも紹介した
ように昔気質の芸人気質遊びは芸のこやしと言う
感覚を持ち合わせた昭和の喜劇スターです。

ただその遊び方は常軌を期した遊び方で今だ伝説
レベルで語り継がれているくらいです。

遊びまわって借金を抱え、その為家族は、極貧の
生活だったといいますが、寛美さんが他界する前に
一緒に舞台をするかと勧められて舞台に立つように
なったそうです。

直美さんは今でこそ数々の演技で賞を取るなど
名実ともに優れた女優となっていますが、30歳
くらいまではニートのような生活で、たまに
舞台に立つ程度だったといいます。

ブレイクして豪遊し借金まみれになって果ては
自己破産になった藤山寛美さんですが、松竹を
出た後不振に陥った松竹に再び戻り休みなしの
連日大盛況に再び脚光があたり、人生の多くを
芸の道に捧げることになりました。

直美さんにとって山あり谷ありの破天荒な父親に
導かれ偶然飛び込んだ芸の世界ですが、本当に
父親そっくりの表情や滑稽な姿まで受け継がれて
いることに遺伝子の不思議を感じるばかりです。

藤山寛美の伝説

藤山寛美さんは戦後の上方を代表する芸人で
ありまた破天荒な遊び人という伝説で広く
知られています。

その遊び方は戦後を象徴する上方演劇界でも
「北の南都雄二か、ミナミの藤田まことか、東西南北、藤山寛美」

と言われた程の豪放磊落で豪快な遊び方だった
そうです。

バーのボーイに「チップとして」車のキーを
渡し、自動車一台与えたこともあったとか。

売れっ子だった寛美さんはそんな豪遊が
やめられず多大な借金をしましたが、知人から
だまされた負債も重なり1966年には1億8千万もの
負債を抱え(今の貨幣価値で約7億2千万円)
自己破産することになりました。

そんな中でも後輩芸人の面倒見が良い事でも
知られた寛美は、自分も膨大な借金に負われる中
彼らの借金を立て替える事も珍しくなかった
そうです。

そんな中でも月亭八方の1000万円の借金を知ると
キャッシュで立て替えようとしたそうです。

恐れ多く月亭八方氏の方から、この提案は
お断りしたそうですが、いかにも型破りで
破天荒な昭和の芸人の中でも異端児だったのかが
分かるエピソードではないでしょうか。

寛美さんは松竹の重役に意を決し膨大な借金に
ついて相談しお金を貸してもらおうとする始末で
舞台にまで借金取りが催促にきて「破産屋!」
と舞台中声がかかったとも言われています。

しかし寛美さんは

「舞台に馬力をかければ、いずれは借金もかえせるやろう。」

と逆に元気になったとか。

知人騙され生じた巨額の負債にも一切他人を責めず、

「アホをやっておりますが、わてのアホはどうやら本物らしゅうおます。」

と応じ恨み言もこぼさなかった、という
器の大きな人だったといえます。

結局、寛美さんは松竹からも契約解除となって
しまいますが、後に松竹にカムバックし大成功を
収め復帰から19年目に借金完済。

惜しくも1999年肝硬変で死去、まさに伝説の
人となったのでした。

Sponsored Link

おわりに

昭和の喜劇王藤山寛美の娘、藤山直美さんは喜劇俳優として知られていますが、その生い立ちは父親の借金にまみれた生活や、5女の美千留さんを心不全で亡くすという壮絶なものだったことがわかります。
学生時代はあまり演技などに足を踏み入れていませんでしたが、父寛美さんの勧めで舞台に立つようになり、やはり父親譲りの面白さ、芸へのひたむきな態度が高く評価され、人々に愛されています。
寛美さんの借金にまつわる伝説も後世に伝わっており、滑稽の世界を生きる天性の才能と大物ならではの破天荒さはこれからも語り継がれることでしょう。彼に導かれた芸道まっしぐら、病を患ったことを忘れる勢いの藤山直美さんにまだまだ注目したいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 満島ひかりアイキャッチ
  2. 松田優作アイキャッチ
  3. 穂積由香里アイキャッチ
  4. 高橋メアリージュンアイキャッチ
  5. デミムーアアイキャッチ
  6. 篠原涼子
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。