風吹ジュンの生い立ち~ハーフ張り美女の若い頃から現在が壮絶半生

この記事は5分で読めます

風吹ジュンアイキャッチ

11月13日に始まったWOWOW「連続ドラマW 両刃の斧」に、柴田恭兵の妻役で出演している風吹ジュン(70)さん。ハーフ張り美女で若い頃から変わらず愛らしい彼女に注目が集まりますが、その壮絶半生も話題です。

元グラビアアイドル風吹ジュンさんの幼少時の極貧生活や女優転身、結婚や離婚についても気になります。

風吹ジュンの生い立ち、ハーフ張り美女の若い頃から現在が壮絶半生をお伝えします。

Sponsored Link

風吹ジュンプロフィール

氏名:風吹ジュン
本名:堀川麗子
生年月日:1952年5月12日(70歳)22年12月時点
出身地:富山県婦負郡八尾町
身長:157㎝
血液型:B型
職業:女優・歌手・タレント
配偶者:川添象郎(1981年~1992年)

風吹ジュンの生い立ち~家庭崩壊の悲劇

風吹ジュンさんは、1952年に富山県富山市八尾市で2人兄妹の妹として生まれました。

ところが京大卒の高校教師だった父が愛人を作り、彼女が小5の時に両親は離婚しています。

裕福な家庭で何不自由なく育った風吹さんですが物心ついた時から、両親の仲は冷えきっていたそうです。

風吹さんと3歳年上のお兄さんは、はじめお母さんに引き取られ、風吹さんは、お母さんの内職を手伝って暮らしていました。

母親は離婚の慰謝料でスナックを経営しますがうまくいかず、半年で閉店。

13歳の時に母親から「自分のことは自分で面倒見なさい」と告げられ、若くして母と離別しました。

思いがけない母親の育児放棄により、風吹さんは中2で3歳上の兄と共に京都の叔父の家に預けられます。

風吹ジュンの生い立ち~兄との極貧生活

風吹さんは、兄とともに家を出て、京都に移り住み、狭い部屋(窓を開けると目の前が崖だったそうです)に住み、内職やアルバイトに明け暮れる日々を過ごし、極貧生活だったそうです。

当然家計はいつも苦しく、買える食材も少なかったといい、風吹さんは価格が手頃なひき肉で見よう見まねで一生懸命ハンバーグを作ったそうで、風吹さんとお兄さんにとって、ハンバーグが唯一のごちそうだったとか。

縫製工場などでアルバイトをして自活していましたが、高校受験の季節になると、担任の先生の家に住まわせてもらって勉強したそうで1次試験に合格。

ところが2次試験の当日、お母さんが再婚したことを聞き、受験は放棄したそうで、結局、風吹さんは、高校へは行かず、その後、レストランなどの住み込みで働き始めます。

風吹さんは18歳になると上京し、銀座の有名クラブでホステスを始めました。

風吹ジュン芸能界デビューへ

風吹さんがどうやって芸能界デビューしたのか気になりますね。

風吹さんは20歳の誕生日に、芸能事務所が社員を募集しているのを見つけ、「事務作業ならできると思った」と、応募し、面接を受けますがなんと、その翌日、モデルとして採用。

その翌週には、ハワイで撮影を行い、「風が吹くように現れたから風吹。名前は語呂がいいからジュンね」と、事務所の担当者によりすぐ芸名までつけられたのでした。

デビュー後1973年、21歳の時には、「初代ユニチカマスコットガール」に選ばれると、有名カメラマンのデイヴィッド・ハミルトンが撮影した、謎めいた儚(はかな)げな雰囲気のポスター写真が大きな話題になり瞬く間に人気者に。

風吹さんはテレビドラマにも出演し、1974年には「愛がはじまる時」で歌手デビューし、「三ツ矢サイダー」のCMにも出演するなど、一躍、トップアイドルの仲間入りを果たしたのでした。

Sponsored Link

風吹ジュン歌手から女優へ

風吹ジュンは歌手として活躍していたものの、アイドル当時本人は歌を歌うのが得意ではなく、自ら辞表も用意していたこともあったとか。

1975年4月より放送のドラマ「寺内貫太郎一家2」への出演が決まりますが、その裏には故・樹木希林の後押しがあったといいます。

樹木希林が「なんか面白い子がいるよ」と演出の久世光彦と脚本家の向田邦子に伝えて、風吹ジュンを推薦し、そのお陰で風吹ジュンは、小林亜星をはじめらそうそうたるメンバーと共に共演を果たしたのでした。

そんなある日、トラブルが発生し、風吹さん曰く「久世さんと樹木さんと私が呼び出されて。見ず知らずの男の人が私を指し、悪い女だってことを散々話すわけ。終わったなって思って…」。

当時人気のあった風吹ジュンにトラブル勃発かとよくない風が吹き荒れますが、その時樹木希林が涙を流し「よく耐えたわね」と声をかけ守ってくれたといいます。

女優樹木希林のよって事なきを得、以後、風吹ジュンは樹木希林を尊敬し続け、歌手から女優へと新たな道へ進んでいったといわれています。

風吹さんは女優に転身後、1979年の映画「蘇える金狼」での松田優作の愛人役の演技でフルヌードが話題になり、清純派から脱却、以降は91年の映画「無能の人」で映画賞を総ナメにするなどトップ女優になりました。

近年は『半分、青い。』など朝ドラや大河ドラマに多く出る“NHK御用達女優”となり、今年も『正直不動産』など3本に出演し、パワフルに女優業を満喫しています。

風吹ジュン結婚と離婚

風吹ジュンさんは、1981年に音楽プロデューサーで有名レストラン「キャンティ」創業者の息子川添象郎と結婚しました。

1960年、麻布に開店した「キャンティ」というイタリア料理店は、60年代から70年代にかけて、次代を担うさまざまな文化人や芸能人が集った店として知られています。

オーナーは、明治の元勲後藤象二郎伯爵を祖父に持つ川添浩史で、風吹ジュンは、その息子川添象郎と結婚したのです。

川添象郎は、YMOや荒井由美の音楽プロデューサーを務めたほか、イヴ・サンローランやピエール・カルダンの日本におけるコンサルティングや、イベント・空間プロデューサーとして一世を風靡しました。

風吹ジュンは、夫・川添象郎との間に一男一女をもうけますが、川添の放蕩生活や愛人(川添明子)が子供を作ったことなどで、1992年結婚12年目で離婚しています。

川添象郎は離婚後、麻薬所持恐喝傷害事件などを何度も引き起こし、1997年には監禁暴行の容疑で全国指名手配され、懲役3年の有罪判決を受けています。

出所後も有罪判決を受けながら、音楽プロデューサーとして活躍しているようです。

風吹ジュンは離婚後、女手一つで子供を育て上げ、2011年頃からは年下の実業家と交際、今は同棲しているとされています。

Sponsored Link

風吹ジュンの現在

風吹ジュンさんは、現在年下で実業家の彼氏(パートナー)がおり結婚かとも噂されており、幸せな時間を過ごしているといわれています。

趣味の旅行や料理、写真を楽しみ、健康に気を遣い、中国茶にもはまっているそうで、コロナウイルス流行前には中国の産地に年に2~3回訪れていたとか。

現在は息子や娘も結婚し、娘はアメリカ在住でアメリカ国籍の夫がいるといいます。風吹さんも孫と話しができるようにと英会話を勉強していたとか。

また娘の出産には一カ月ほどアメリカに滞在し育児を手伝ったそうです。

息子さんは近くにすんでおり、双方の孫はあわせて4人いるといいます。

現在70歳の風吹さんですが、そのおっとりした雰囲気に似合わずデジタル派という意外な一面も話題で、今年11月にはインタビューで次のように話しています。

“アップルのパソコンも、ピコピコ(ダイアルアップ回線の音)鳴ってる早い時期から使ってきました。  情報は常にアップデートするようにしています。そうやって自分を鍛えて追いついていかないと、自由も得られないですから。”(Yahoo:引用)

“風吹「最近はパソコンより携帯ばっかりですけどね。アップルウォッチも出たころから使っていますが、あれこそ年配層には必要なアイテムです。転んだりしても本当にちゃんと反応して連絡してくれますから。ぜひみなさんも、親御さんにプレゼントしてください(笑)」”
(Yahoo:引用)

若い頃から波乱万丈人生を送ってきた風吹さんですが、若々しさは変わらず常に前向きで人生を謳歌しているのはすごいですね。

川添象郎の生い立ち~若い頃の結婚歴と離婚に美人女優の謎と犯罪
川添明子の現在と子供の数に絶句!大物略奪歴の生粋の魔性の女歴

おわりに

清純派アイドルから本格女優への転身を経て健在の風吹ジュンさんの生い立ちは、両親の離婚や母親の育児放棄で兄との極貧生活の過去があったことに驚きます。音楽プロデューサー川添象郎との結婚離婚後、子供2人をきちんと育て、実業家の年下恋人がいる風吹さん、70歳の今も多趣味で人生を楽しんでいる様子が感じられます。女優としても引っ張りだこでますます活躍していくその姿に注目です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マリリンモンローアイキャッチ
  2. 真木蔵人アイキャッチ
  3. 綾野剛アイキャッチ
  4. 新井浩文アイキャッチ
  5. ドリューバリモアアイキャッチ
  6. 原田龍二アイキャッチ.
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。