赤井英和の生い立ち~昔の武勇伝がヤバい!亀田史郎との関係は

この記事は3分で読めます

赤井英和アイキャッチー

関西人のイカツいながらも独特の雰囲気で人気
の俳優赤井英和。

彼が大阪で元プロボクサーだった事はかなり有名
ですが「浪速のロッキー」以前にも彼は大阪では
名の知れた人物だった。

昔の武勇伝や亀田史郎との関係を追ってみよう。




Sponsored Link

赤井英和プロフィール

赤井英和(あかい ひでかず)
通称   浪速のロッキー
階級   スーパーライト級
生年月日 1959年8月17日(57歳)
出身地  大阪府大阪市西成区
身長   178㎝
体重   82kg

プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 19
KO勝ち 16
敗け 2

赤井英和の生い立ち~昔の武勇伝

彼は実家で両親が漬物屋を営む家庭に育ったが
学生時代は大阪西成区では知らない人がいない
レベルの人物だったそうだ。

地元大阪では俳優になる前はボクサーとしても
その名を馳せた彼の学生時代もいわゆるヤンキー
というか弱気を助け強きを~の精神で決して
弱い者イジメはしなかったと言う。

武勇伝
出典:http://wagamamatogin.ashita-sanuki.jp/d2014-12.html

まさに王道の強い者(当時のヤンキー)相手にしか
喧嘩は仕掛けなかったと言う事。

この逆が世の中大半の中赤井英和の武勇伝
言われる所以がここにある。

暴走族全盛だった1970年代後半に中学、高校時代を過ごした赤井英和は、大阪・西成では知らぬ者のいないほど有名なヤンキーだった。通学電車の座席でふんぞり返るヤンキーを見かけると「風紀が乱れとるなぁ」と足を蹴って回ったという、まことしやかな噂も。
出典:http://laughy.jp/1440050107250156445

人気の秘密はヤンキーならではの情の厚さ。クラスメートが「天王寺のターミナルで○○高のやつらにやられた」と駆け込んでくれば、「よっしゃ行ったる」と出張り、かつあげの現場に遭遇すれば「何しよんねん!」とワルを殴り倒す。ヒーロー的存在だった。
出典:http://laughy.jp/1440050107250156445

暴走族全盛時代の1970年代に彼らの電車通学にはヤンチャな
人間がかなりいたらしく、その為わざと電車の中で喧嘩を
ふっかけ「赤井がまたやっとるぞ!」とその名を広めたくワザと
喧嘩をふっかけて歩いたと言う・・・

本人曰く名前を売る為に電車に乗ったとの事・・・

でも弱い者イジメとは全く真逆の道場破り的
喧嘩戦法だったから同級生にも好かれるヒーロ
的な存在だった事でも有名だった。

ちなみにお年寄りには電車では席を譲るような
優しい少年でもあった。

っでもヤンキ―には喧嘩売って歩いたというから
相当の玉と言えるだろう。




Sponsored Link

赤井英和と亀田史郎との関係とは?

そして時を同じくして地元がほぼ同じの亀田史郎氏
に元祖と言われる兄弟がいた。

亀田3兄弟は彼の史郎氏の兄弟が元祖だった。

彼には兄が2人の史郎が3兄弟の末っ子で兄2人は
当時かなり西成区ではやんちゃで有名だった。

そんな当時の亀田三兄弟に
亀田史郎
出典:http://topicks.jp/14260

『高校に入ったら赤井英和をボコる』と吹聴して
歩いていた事を聞きつけた赤井英和は、逆に自分から
彼らの兄弟(亀田兄)らの通う中学へ速攻乗り込んで
ボコボコにした。

当時史郎氏は小学生だったらしい。

これじゃ伝説になるのも無理がない。
赤井英和の武勇伝はガチもんでカッコいい。

これぞ本当の漢ってやつですね。

ちなみに、プロレスラーの前田日明氏ともタイマンを
はった喧嘩をした事もあるそうだ。

そして当時大阪で彼も元ヤンで有名だったお笑い芸人の
トミーズ雅も赤井英和の事はよ~く知っているとの事。
亀田史郎
出典:http://neta-a.com/gokiburashuuryou69/
大阪ではかなり伝説の漢、赤井英和と言う事らしい。

イメージまんまだけどね。
こう聞くとやっぱカッコイイですね。

おわりに

赤井英和は「浪速のロッキー」以前にもかなり人気もののヤンチャ者だったが、今のヤンキーとは意味の違う、正統派?の王堂のヤンチャ者。イメージまんまの赤井英和さん。これからももっと俳優として活躍して欲しいですね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ムロツヨシアイキャッチ
  2. 篠原涼子
  3. 成宮寛貴アイキャッチ
  4. 風間トオルアイキャッチ
  5. マコーレ―カルキンアイキャッチ
  6. 遠野凪子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。