朝丘雪路の生い立ち~母は芸者父は伊東深水の超お嬢様育ちの現在は

この記事は3分で読めます

朝丘雪路アイキャッチー

数年前から認知症を患って現在は表舞台から遠ざかった
状態の女優朝丘雪路。

彼女の生い立ちは超お嬢様育ちな事で有名です。
芸者だった母と画家の伊藤深水を父に持った彼女
は父に溺愛され少女時代を過ごしています。

そんな彼女の過去と現在までを追ってみましょう。




Sponsored Link

朝丘雪路プロフィール

朝丘雪路(あさおか ゆきじ)
本名  加藤雪会(かとう ゆきえ)
別名義 深水美智雪(しんすい みちゆき)
生年月日 1935年7月23日(81歳)
出身   東京都中央区
元宝塚歌劇団女役出身で女優、タレント、歌手
日本舞踊家

朝丘雪路の生い立ち~母と父

父の伊東深水は1898年2月4日生まれの歌川派浮世絵
の正統派として日本美人画が得意な画家でした。
父
出典:http://showa-g.org/men/view/299
この画家のモデルとなったのが本妻の好子さん
と言われているそうです。

この本妻との間に息子2人が居ながらも当初芸者
だった雪路の母勝田麻希子との間に雪路を設ける。

水揚げされたのか、彼女がお腹に出来た事で芸者
家業から引退された麻希子さんに料亭「勝田」の女将
を任せたと言われています。
父
出典:http://www.jaodb.com/db/ItemDetail.asp?item=38433

画家の世界は全く分かりませんが当時はあまりの
人気ぶりから複製版まで出回って売れたといいます
のでその売れっ子ぶりが凄まじい名声のあった画家
だったのでしょう。

そんな両親の元に誕生した女児雪路を非摘出子
ありながらも父深水は溺愛したといいます。

朝丘雪路は超お嬢様育ち

その溺愛ぶりは戦前生まれ1935年生まれとは思えない
レベルの溺愛とお嬢様な生活ぶりからも分かります。
生い立ち
出典:https://www.tora-san.jp/guest/84/

小学校に通うのに養育係付きでの人力車での往復通い。

養育係と人力車担当なる人物は学校で雪路が終わるのを
人力車で待機していたといいます・・・

海水浴は危ないからと禁止。夏休みには親が用意したホテル
のスィートルームに宿泊。プールは貸し切り。

雨が降った際の傘の開け閉めでさえ指に怪我したら困ると
傘さえ雪路に持たせない。

生い立ち
出典:http://blog.livedoor.jp/isrnc/archives/cat_489939.html

何となく浮世離れしたこの雰囲気は育ちにあったのですね・・
かなり納得かも。

こんな超人的な溺愛のお陰で彼女は、お金の使い方も分からず
1万円札しかお金だと思ってなかった。

旦那の津川雅彦氏が結婚して引き出しに山のように溜って
いた硬貨を見て驚いて聞くと使えないと思っていた・・・汗

水道代がかかる事も知らなかった。

洗濯機、掃除機の使い方も当然知らず、家事一般苦手
で料理は火が危ないのと怖いので出来ない。

ちなみに娘のオムツ交換もお手伝いさん任せだった。

アゴ外れそう・・・

完全に父の溺愛が異常レベルです。汗
ちなみに深水氏は1972年の74歳で既に癌で死去。




Sponsored Link

朝丘雪路の現在とは~

そんな彼女も箱入りで順調な人生を歩み
宝塚で活躍した後芸能界でも順調んい女優としても
タレントとしても華やかに活躍されました。
現在
出典:http://www.oricon.co.jp/prof/236748/photo/

旦那の津川雅彦氏とは津川氏の事業の失敗が原因で
2008年に自宅売却したのを機に卒婚状態。

最後の家族共演となった2014年4月の「花や・・蝶や・・」
を最後に表舞台から退いています。

原因は数年前から症状が緩やかに出始めた老人性うつ
の悪化だと言われています。

現在も娘の真由子さんと暮らしながら彼女の(娘)の
分別も付かない状態に悪化して介護状態が続いている
そうです。




Sponsored Link

津川雅彦の生い立ち~兄弟は若い頃の母の溺愛が原因で確執があった

おわりに

華やかな生い立ちと、それに見合った華やかな芸能生活で一世を風靡した朝丘雪路さん。年老いた今誰もが避けられない
認知症と言う症状となった今何とも複雑な心境になってしまいますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 木村佳乃アイキャッチ
  2. シャーリーズセロンアイキャッチ
  3. 佐々木蔵之介アイキャッチ
  4. 佐藤浩市アイキャッチ
  5. 満島ひかりアイキャッチ
  6. 藤村俊二アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。