大月孝行の生い立ち~壊れた父親壮絶DV母の自殺でモンスターに

この記事は4分で読めます

大月孝行アイキャッチ

山口県光市母子殺害事件の主犯として、死刑執行が決定された大月孝行。

凶悪犯罪の中でも最も卑劣な事件として、記憶に残るこの事件を起こした当時の大月(旧姓福田)は当時18歳だった。

だが精神鑑定では12歳程度の精神年齢とされた彼の生い立ちは、やはり壊れた父親の存在が関係なかったとは言えないでしょう。

犯した罪の大きさと生い立ちとの関係。どんな壮絶な生い立ちであっても犯した罪は拭われる事はありません。

血がそうさせたのか?そうであればもはや運命だったとも言える彼の生い立ちと両親を追ってみましょう。

Sponsored Link

大月孝行の犯した罪山口県光市母子殺害事件とは

事件は山口県光市で1999年4月14日に起きる。

彼ら親子(大月)親子が以前から可愛くて『やりたい』と言っていた木村洋さんの妻弥生さんが一人でいる事を確認し、排水検査を装い居間に侵入。

女性当時(弥生23歳)さんを強姦しようとするも、激しく抵抗され頸部を圧迫して窒息死させる。

その後福田は女性を屍姦。

その隣で激しく泣き続ける長女夕夏ちゃん(生後11ヶ月)を床に叩きつけた後、首にヒモを巻きつけ窒息死させる。

殺害後の弥生さんを押し入れに、夕夏ちゃんを天袋に入れ放置し、居間にあった財布を盗みゲームセンターで遊び、友達の家に行って遊んでいた。

この事件後から4日後の4月18日逮捕されている。



大月孝行の生い立ち~壊れた父親

大月は(旧姓福田)は両親と二人の弟と祖母との6人家族だった。事件当時。

でも事件当時の母親は父親の再婚相手で、彼の産みの母親ではない。

恐らく弟のうち一人も再婚相手の母親と父親との子供で、腹違いの可能性が高いと考えられています。

恐らくもう一人の弟は母親も同じと思われる。

大月の父親はとにかく大月が幼少期の頃から、壮絶な家庭内暴力が酷い男だった。

その暴力の矛先は少し天然だったらしいが、この母親に壮絶なDVを繰り返し、息子である孝行がそれを止めると、孝行にもDVを繰りかえすというクソDV男だったという。

そのように父からDVを受ける母親を見て育っている。

これだけでも良い環境とは言い難い壮絶な家庭環境であった事と、父親がクソ毒親であった事は間違いありません。

Sponsored Link

大月孝行の母親の自殺

そしてついにそんな壮絶DV夫に耐えかねて母親(実母)は孝行が中学1年の時自殺してしまいます。

でも父親は反省するそぶりも見せずさっさとフィリピン人女性と再婚する。

この経緯が大月孝行の逮捕時の精神年齢が実年齢の18歳と大きくかけ離れた12歳程度で止まっている、と言われる由縁だったと精神鑑定で判断されています。

大月孝行死刑因は壊れたモンスター?

彼は結局壊れていたのでしょう。

父親がまず絶対的におかし過ぎる。

元々木村洋さん(被害者夫)と会社が同じだった大月孝行の父親は息子の孝行と一緒に、大月弥生さん(被害者)を見て

『いい女だからヤリたい』と親子で話していたという。

そして逮捕後7年間ただの1度も孝行の面会に来ていないとされています。

当時の凄惨な事件を報道ステーションに問われた時の対応と、返答にも注目が集まりました。

親としての責任は?と問われたとき

『ぼくに出来ることは何もない』

『責任?責任ってほな俺にどうせいちゅうんじゃ』

被害者に一度も謝罪をしてない事について

『時間がなかった』

「ハッキリ言って俺には関係ない」

「たまたま息子が犯罪犯しただけ」

『こいつが事件を起こしたのは他の大人にも責任がある』

とまぁ相当な壊れっぷりです。

そして当時継母と弟たちと父の祖母との6人家族でしたが、この事件以降、祖母はショックで亡くなられているようです。

親父は見ての通り鬼畜レベルの壊れっぷり。

全て環境のせいには出来ないにしても、大月孝行がこの父親を見て育った事と、そして紛れもなく、この父親の血を分けた親子である事は彼のこの事件の異様さと逮捕後に、拘置所から友人に出した手紙からも良く分かる。

彼は反省などしていない。

そんな感覚さえ分からないのかもしれないくらい壊れています。

『犬がある日かわいい犬と出合った。・・・そのまま「やっちゃった」、・・・これは罪でしょうか』

『知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』

『五年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』
matome.naver:引用

大月孝行は結局、こうした鬼畜の父親から育てられた背景の生い立ちを問題とされながらも、結局当時第一審で無期懲役、第二審も無期懲役を言い渡されながらも、最後には死刑を言い渡されている。

仕方が無い。

生い立ちと言うより最初から、この父親の血を引いて誕生した事がそもそもモンスターの由縁。

壊れた男が世に出てきて本人がいうように、二度目の犠牲者が出ませんように、とどこうりなく死刑を執行してもらうのが世の悲劇を確実に減らす方法なのでしょう。

史上最年少で死刑判決を受けた大月孝行は、22年4月時点で41歳となっています。かの少年だった大月孝行死刑因はその日が来るのを今か今かと広島拘置所で待ちわびているのでしょうか。

Sponsored Link

渡辺陽太の祖父の会社は貧困ビジネス資産100億!母親の勘違も絶句
渡辺陽太生い立ち~実家家族もドン引き慶応大のツイッターと金と女

おわりに

大月孝行も大きな枠組みで見たら被害者なのかもしれません。子供は親を選べませんので。そうだとしてもわずかな可能性で血を払拭する正義感や道徳観への芽生えや気づきがなかったこと。これはもう死して罪を償うしかどうしようもないのでは~と思えて仕方ない。何より犠牲者となった木村弥生さんと夕夏ちゃんのご冥福をお祈りします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 加藤智大アイキャッチ
  2. 遠藤誠一アイキャッチ
  3. 中川智正アイキャッチ
  4. 伊沢純アイキャッチ
  5. 久保木愛弓アイキャッチ
  6. 本郷功太郎アイキャッチ
  1. これ覚えてる!まさかまた見れるとは・・・。アップした中にはありませんが他にちくわを笛の様に吹いたり、ランバダを踊ってる シーンは覚えてるますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。