角田美代子の生い立ちは韓国人の父親の影響!留置場で自殺の噂が闇

この記事は2分で読めます

角田美代子アイキャッチ

尼崎連続変死事件の主犯格とされる角田美代子。

彼女の生い立ちと、父親から受けた影響の背乗りや、留置場での不自然な自殺で亡くなったことに黒幕や韓国人の出生の秘密が噂されています。

世間を騒然とさせた尼崎事件の主犯格角田美代子とは実在した人物なのか生い立ちと同時に調べてみました。

Sponsored Link

尼崎連続変死事件

 

今回の記事で扱うのは2012年に兵庫県尼崎市で発覚した「尼崎連続変死事件」等と呼ばれていた事件についてです。

「連続」という言葉が示す通り、連続して起こった事件を総じて呼んでいます。

発端とされているのは1987年頃に発生した女性失踪事件とされています。

当時、主犯女と同居していた女性が失踪した事件を発端に、複数の不審死や失踪事件が相次いで発生しましたが事件が表に出なかったそうです。

しかし2011年11月に監禁されていた女性が抜け出し、警察に駆け込んだことで、続けて様々な事件が発覚し2012年頃にようやく一連の事件が明るみに出る事になりました。

その時の主犯女とされているのが角田美代子で被害者らに巧みに飴と鞭を巧みに使い分けて周囲を洗脳し、凶行の限りを重ねて事件化していたのです、しかも長期間にわたって。

角田美代子の生い立ち~父親の生業

一連の事件での主犯格とされている角田美代子は1948年に兵庫県尼崎市出身で、離婚した両親のうち左官の手配師だった父親に引き取られて育っています。

その父親の人物評は気性が荒く、家に出入りしていた若い労働者たちを力でねじ伏せ、労働者が働いた日給から4割ほどピンハネする人だったそうです。

しかし一方では食事を与え、酒も飲ませ「人夫は生かさず殺さずで働かせるだけ働かせろ」と角田美代子自身が被害者らを手なずけたように、飴と鞭を使い分ける人間だったようです。

角田美代子の実家があった近所に住む老人男性は

「角田美代子がしていたことは、まさにそのまま同じことだ。幼いころから父親の姿を見てきて、人心支配の英才教育を受けて来たんだろう」と語っています。

やはりカエルの子はカエルという事なのでしょうか・・・

親を見ればその子が分るとは昔の人は良く言ったものですが角田美代子も、そうした生前の父親の姿を見ていたからこその今回の事件の発端をなったのは紛れもなく生い立ちに突起した環境が物語っているようです。

角田美代子の不自然な自殺

 

自事件発覚から角田美代子逮捕後の報道で、明らかとなった残忍な事件の内容が明らかとなるなか、さらなる驚きの一方として事件の1番の主導者である角田美代子の自殺の一報に驚いた人も少なくないでしょう。

角田美代子は逮捕後、兵庫県警本部にある留置場で拘留されていましたが、留置場の布団の中で首に長袖のTシャツを巻いて自殺を図っているのが見つかり、神戸市内の病院に運ばれ手当てを受けるも死亡が確認されました。

この突然の自殺について、色々と不思議な部分があります。
 

まず、Tシャツ等で自分の首を絞めて死ねるのか?という点

これは1度絞めて意識を失った後、緩まなければ可能であるとの見解もあり、不可能ではないという。

次に自殺が発見された時、すぐ踏み込んで簡単にほどけたという話があります。

前述のとおり「緩まなければ自殺可能」という見解からすると、踏み込んだ時すぐほどけるようなら死なないのでは?と考えられます。

また、留置場の同房に他二人が存在した事。

角田美代子と同房だったという女性の証言もあるし報道でも「留置場には他にも二人が拘留されていた」とされています。

すぐ二人の人間が近くに寝ていた状態で角田美代子の自殺が可能だったのか?

そして一番の謎と言われているのが監視時間等の時間に関する事です。
 

そもそも留置場を巡回する警察官に「死にたい。どうすれば死ねるのか」等と度々自殺をほのめかしていたという角田美代子に対して、24時間監視をせずに、1時間に4回巡回が通常のところを、6回に
増やしただけの警戒だったそうです。

 その時系列での詳細も解っています。

・AM5:25…上半身を出していびきをかいていた。

・AM5:38…布団を首までかけ寝息を立てていた。(顔の脇にTシャツがあった)

・AM5:55…AM5:38と同じ状態。

・AM6:10…巡回の巡査長が寝息が無い事に気づく。もう一人に報告して二人で「息が無い」ことを確認。

・AM6:21…当直の担当者に連絡して開錠し中に入る。

以上の流れから、AM5:55の巡回直後に自殺を図ったとすれば、その間26分かかっています。

窒息死の場合なら1分~1分半程度で意識の消失から仮死状態に陥り、15分程度で心肺停止、死亡するまでは30分程要すると言われています。

26分というのは死に至るまでに好都合な時間とも取れます。

そして寝息が無い事に気づいた後、中に入るまで11分も経っている事も不自然な点だと指摘されています。

これらの不自然な点から他殺説や陰謀説が多く流れました。

・口止めで殺された
・真犯人は別にいる
・警察に不利な情報をたくさん持っていた
・自殺は偽装で、角田美代子は生きている

 

などなど、憶測が憶測を呼ぶという表現がふさわしい混乱を招きましたが、結局真相は闇の中です。

Sponsored Link

角田美代子はそもそも朝鮮人で乗っ取り名の噂が闇

事件の真相が全て明らかになる前に自殺と言う最悪の結果となった今回の角田美代子には、その他にも胡散臭い噂が跡を絶たないようです。

角田美代子には乗っ取りを生業にしていた朝鮮人だったのでは、という噂もあったそうです。
 

この「乗っ取り」とは「背乗り」とも呼ばれ身分や戸籍を乗っ取る行為の事です。

「戸籍ロンダリング」の一種と言われ、「通名」を使い、いわゆる「なりすまし日本人」になる方法だといわれています。

 
北朝鮮情報機関もよく使う方法であるとされ、日本で工作活動を行うほか、韓国に入国するためのパスポートを得る方法として横行されていた方法の1つだったと言われているようです。

角田美代子もこの「背乗り」で得た身分だという噂がされているようです。

しかし角田美代子亡き今となっては肯定否定、どちらも証明できるか解らない事ですが、まことしやかに噂される内容であることは確かなようです。

しかしもしも「背乗り」からの「なりすまし日本人」であった場合、連続変死事件の被害者も同じくその可能性もあり、朝鮮人同士の仲間割れであったのでは?

という見方もあるようですが、全ては闇の中…なのかもしれません。

「背乗り」といい聞いた事のない人のなりすましなどど恐ろしい架空の話のようで、未知の世界過ぎると言うかあなたの知らない世界風で恐ろしすぎます・・・

Sponsored Link

おわりに

 大きく取り上げられていた事件ですが、結局謎とされている部分の真相は解らないままです。「無関係な」というか傍若無人な振る舞いで罪の無い人を傷つけ強いては殺人というあってはならない事件を起こした角田美代子容疑者の死んでも償いきれない罪を犯した加害者がいとも簡単に自殺という幕引きをしたことに司法の闇を感じざる得ない事件ですが、2度と同じ事件が起きませんように、1番は被害者のご冥福をお祈りするしかありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 桂田精一アイキャッチ
  2. 小林竜司アイキャッチ
  3. 白石隆浩アイキャッチ
  4. 遠藤誠一アイキャッチ
  5. 長久保浩二アイキャッチ
  6. 福岡女性刺殺殺人事件アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。