加藤智大の生い立ち母親の現在は?両親離婚に弟の死で家族は崩壊した

この記事は5分で読めます

加藤智大アイキャッチ

秋葉原の交差点にトラックで突っ込み
数人跳ね飛ばした後無差別に多くの人へ
切りかかるという凄惨な秋葉原通り魔事件を
起こした加藤智大死刑因。

そこには単なる精神異常者として片づけるには笑えない
生い立ちと、母親の異常なまでの教育方針や事件後の
両親の離婚と、自らの命を絶った弟の壮絶な家族崩壊と
そうならざる得なかった母親との悲劇ともいえる
生い立ちを追ってみよう~

Sponsored Link

秋葉原通り魔殺人事件

秋葉原通り魔殺人事件とは、2008年の6月に
東京秋葉原で起きた通り魔殺傷事件として世間を
騒がせた事件です。

秋葉原無差別殺傷事件と称される事が多いようです。
 

真昼間の神田明神通りと中央通りの交差点で
元自動車工場派遣社員の加藤智大の運転する
トラックが、青信号を横断中の歩行者5人を跳ね
飛ばす大事故を起こします。

そのトラックは対向車線に信号待ちで止まっていた
タクシーと接触して停車しましたが、運転していた
加藤智大は降車した後、救助に駆け付けた通行人や
警察官ら17人を、持っていたダガーで立て続けに
殺傷しました。

駆け付けた警察官にもダガーで切りつけるなどして
暴れまわり、最後には拳銃の銃口を向けられ、武器を
捨てなければ発砲するとの通告まで行われた。

その後武器を捨てた加藤智大は取り押さえられ
現行犯逮捕となった。

この大捕物劇とも言える出来事は、わずか10分間ほどの
間のものだったといいます。

加藤智大の生い立ち~母親に異常なネグレスト

激しい凶行に及んだ加藤智大の生い立ちを調べてみると

「あの母親の息子として生まれた事が第一の不幸だと思う」
 という意見が散見されます。

加藤智大の母親は、教育熱心な母親とし
て有名であったそうです。

非情に良い捉え方をしたら~ですが・・・
 
加藤死刑因は幼少時から厳しく育てられ、青森県で
冬の寒い日に薄着で外に立たされていたのを近所の人
が見たという話もあります。

小学生の頃から珠算やスイミングスクールや学習塾に
通わされた、というのはまだしも、友人の家に遊びに
行くことも、友人を家に招くことも禁止されていたようです。

常に母親は子供に完璧を求めそれが出来ない時は容赦なく
叩きのめすという幼少期からの異常な教育方針が
一番身近であるはずの母親として強烈な人格形成に
影響を及ばせたといわざる得ないでしょう。

加藤死刑因の母親なりに息子の将来を思っての事だったのかも
しれませんがその行為の数々はあまりに常軌を規した行為の
連続だったのです。

例えば作文を書く。字が汚い。すると、通常であれば
「もう一度書き直してみたら?」のレベルが妥当ではと
思いますが加藤死刑因の母親っは違います。

修正するのではなく、破棄。ゴミ箱に捨てて
最初から書き直させた。

つまりは全否定した。

本を買うのも禁止。

何かが欲しい時は感想文を書かせたそうです。

そうです、『何故欲しいのか?そして何が欲しいのか?』

彼女は息子の意思と意見を全て全否定、そして全人格や
行動を全て把握しようとします。

作文や絵画には、先生受け良いようにと親の検閲が入り
書き方などを指示されたとも言われています。

 男女交際も禁止だったとか。

1982年生まれの加藤死刑因に家に1台あったテレビも
見れる番組を全て限定。

見て良いと許可された番組は
日本昔ばなしとドラえもんだけだったそうです・・・

しかもこれが高校2年生まで続いたと言われます・・・

高校2年です。

母親の作文指導時のエピソードにも強烈なものがあり
「この熟語を使った意図は?」などの質問に対し
10秒以内に答えられないとビンタが飛んでくるのです。

この正解の無さそうな答えの正解は、もちろん
「母好みの答え」であり「教師受けする答え」
であったそうです。

この強烈過ぎるエピソードの数々の締めに食事時の
出来事を。

食事の最中に母親が激昂。

兄智大に対して激昂したらしく、いきなり食卓から
廊下に新聞を敷き詰め、その新聞の上にその晩の食事
(ご飯、おかず、みそ汁)をバラまき

『そこで食べなさい』

そういい放ち、それを見ていた父親も止めるでもなく
弟も口出し出来るわけも無く
兄の智大は泣きながらその新聞紙にまかれた晩御飯を
這いつくばって食べたそうです・・・

そんな異常過ぎる(という表現が正しいのか解りませんが)
教育のもと、県下一の進学校の青森高校に入学しますが
優秀な生徒が集まる進学校内では加藤智大も埋没、成績も
低迷してしまったそうです。

このギリギリの状態を保ちながらの加藤智大の精神
状態は高校での成績低迷で一気に歯車が狂い始めます。

ずっとこらえてきたものが一気に爆発しだすのです。

その頃から加藤智大は母に暴力をふるったり、教室の
窓ガラスを素手で割ったりするようになります。

県下一の進学校に在籍していたのだから、大学に
進学することも十分可能であったと思われますが
岐阜の短大を進路に選びます。

4年制大学ではなく短期大学を選んだのは、学歴社会
を意識した教育方針を持っていた母に対する反発
だったのではないかとの意見があります。

その証拠の一端として挙げられているのが、高校卒業の
際に生徒会誌に残した言葉

「ワタシはアナタの人形じゃない。赤い瞳の少女(三人目)」

 というもので、これはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」
に登場する少女が、理不尽な戦いを強いる司令官に告げた
決別の言葉だそうです。

この頃から智大死刑因の心の慟哭が叫ばれていたのでしょう。

ただ誰もそれに気が付きませんが・・・・

逮捕された後、3か月にわたる精神鑑定の結果
「完全な責任能力あり」との鑑定結果が出され
殺人・殺人未遂・公務執行妨害・銃刀法違反での
起訴が行われました。

第一審東京地方裁判所で死刑を求刑され、求刑通り
死刑が言い渡されます。
 

第二審東京高等裁判所でも、第一審の死刑判決が
支持されます。
 

最高裁判所でも被告側の上告は棄却されて
2015年2月2日死刑が確定しました。

Sponsored Link

加藤智大の事件後の両親

秋葉原事件の後、加藤智大の両親はテレビカメラの前で
謝罪を行いますが、最後の方ではがっくりと膝をついて
地面に座り込んでしまった母親と、それを抱えて家に入る
父親の姿が映されました。

事件後に家族はすぐ引っ越し、各地を転々とすることに
なったようです。

その後に両親は離婚し、父親は勤めていた信用金庫を辞め
実家に帰ってくらしているそうです。

母親は秋葉原事件後に精神を病み、精神病院に入院して
一時面会謝絶になる程酷かったとの話もあります。

その後快復されたのかは不明です。

加藤智大の弟の自殺

加藤智大には弟さんが居ましたが、その弟さんが
事件の6年後に自殺
をしたという報道がされました。

その報道の中に、弟が残したコメントが紹介されていたのですが
なんとも悲しく、寂しい言葉でした。

「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。それが現実。僕は生きることを諦めようと決めました。死ぬ理由に勝る、生きる理由が無いんです。どう考えても浮かばない。何かありますが。あるなら教えてください」

 弟さんはこの1週間後、自らの命を絶ってしまいました。

弟さんは兄智大が犯した事件によって職を失い、住む所も
転々とし、やっと就いた職場にもマスコミに寄られ、職さえも
転々としなければならなかったそうです。

ある時から心を開いて話ができる女性と出会い
交際が始まります。

彼女の両親も、事情を知りつつも交際には
反対しなかったようですが、いざ「結婚」という
話が出たとたんに猛反対されたといいます。

彼女も悩んでイライラしたりすることが
増えて来たそうで、ある時、彼女の口から
決定的な言葉が出たそうです。

「一家揃って異常なんだよ、あなたの家族は」

弟さんは、この言葉を聞いてから
「もう他人と深くかかわるのはやめよう」
と決意したそうです。

弟さんは命を絶つ前に、兄智大と面会したいと願い
50通以上の手紙を出したそうですが、兄からの返事は
1度もなかったそうです。

Sponsored Link

おわりに

弟さんの言葉は心にきます。とはいえ、被害に遭われた方々にとっては、ただの迷惑どころの話ではないわけですよね。いつも思うのが子供は親を選べない。もしもあなたがこの母親の子供だったなら?私が加藤智大なら?まともな精神状態を保てる自信はありますか?とは言え何の罪もない人を巻き込んだ事件を起こした加藤智大は許されるべき人間ではありません、死刑が全うだと言えるでしょう。でもあまりにもその背景に誰もが深くかかわり1番の理解を求めるであろう母親が加藤智大の母親なら~と考えると加藤智大もまた広い意味での被害者にままならないと言えるでしょう。毒親。この母親じゃなかったら~そう思えるのは私だけでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 遠藤誠一アイキャッチ
  2. 井上嘉浩アイキャッチ
  3. 林真寿美アイキャッチ
  4. 角田美代子アイキャッチ
  5. 宮崎勤アイキャッチ
  6. 端本悟アイキャッチ
    • 匿名
    • 2018年 8月25日

    初めて、彼の本当の生い立ちを知りました。
    殺人を犯したことは、決して許されないことですが、
    この親のもとに生まれて来なければ、
    きっと違う人生があったのかもしれないですね。

      • yui1205
      • 2018年 8月26日

      コメントありがとうございます。
      同感です。
      私も、そう思う事が何度もありました。
      やはり、子供は親を選べませんので、大きな意味での被害者でもあるのかな~と
      親の与える影響は図りしれません。そして幸運にもまともな両親の元誕生出来た
      自分の人生に感謝しなければ~と見直すきっかけにもなりました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。