寺内樺風の生い立ち~実家は裕福で親族も華麗なる一族の裏の顔

この記事は4分で読めます

寺内カブ

埼玉県女子中学生誘拐監禁事件の犯人
寺内樺風容疑者。

その計画的な犯行手口や被害者少女への
性的行為があったか無かったかで判決に大きな
違いが出たと言われたこの誘拐事件の謎とは~

実家と親族が実は華麗なる一族という話など
追ってみました。

Sponsored Link

寺内樺風の女子中学生監禁事件

寺内樺風は埼玉県で起きた女子中学生
誘拐監禁事件
犯人です。

 

当時中学校下校途中だった女子中学生を誘拐し
2年間マンションに監禁しました。

 
その犯行動機も
「女子中学生か女子高校生を誘拐、監禁して社会から隔離し、その変化を観察したい」
という、飛びぬけておかしな欲望にまみれたものです。

 
下校途中の彼女に
「両親が離婚することになり、弁護士から話がある」
などと声をかけて車に乗せ
「しばらく友達の家です。探さないでください」
と書かせた手紙を少女宅のポストに入れています。

 
車中では
「離婚は嘘で、実は借金返済のためにあなたの臓器を
売ってお金を作ろうと両親は考えている」
と告げ
音声合成ソフトで作成した臓器売買に関する音声データなど
を聞かせていたといいます。

 
千葉県の自宅では、合成麻薬LSDに似た作用がある
ドラッグをアサガオの種から抽出して作り、少女に
飲ませていたといいます。

また簡易的な「かんぬき」もドア外側に設置していました。

 
少女の供述調書によると、玄関の鍵が掛かっていない
時があり、その隙に少女は抜け出せたのですが、近くの
公園などで見かけた人らに「ちょっといいですか」
など声をかけてみるも「無理です」「忙しいから無理」
など、全く相手にして貰えず、絶望的なショックを
受けたという内容があります。

 
寺内樺風に洗脳のために散々聞かされ、繰り返し
言わされていた。

「私は捨てられた、帰る場所はない」

という言葉が頭の中でぐるぐるして、涙は自然と
出なくなり、嬉しい悲しいという感情がなくなった
といいます。

 
そして誰にも助けてもらえない状況だと思い込んで
しまい絶望した少女は、自ら寺内樺風の部屋に
戻ってしまうのです。

その後、寺内樺風の目を盗んで検索したネットで
両親のメッセージを見つけます。

「味方だよ、ずっと待っているよ」

自分に対するメッセージを送っていることを知れたのです。
 そして
「涙が出た。絶対逃げたいと思った」

「受け入れてくれる。大丈夫だ」

2016年3月27日、無事に部屋を抜け出すことができ
JR東中野駅の公衆電話から自宅へ電話をかけ
保護されました。

 
少女は調書の最後に
「刑務所から3-5年で出てこられるのは嫌だ。10年以上入っていてほしい。
一生刑務所から出てこられない無期懲役にしてほしいと思います」

との訴えをしています。

また裁判では、寺内樺風は奇声をあげつつ入廷し

「パチンコスロット夢ランド!」

「職業は森の妖精です」

「今なら、からあげクン増量です!」

「(頭の中で)何かしろと言う指令があった」

「おなかすきました」
など不規則な不明発言を続け、一時は
判決の続行は困難と判断されました。

しかし延期された後日の裁判では素直に対応し
名前もはっきりと「寺内樺風です」と答えるなど
犯行についてもよどみなく答えています。

そして懲役15年の求刑に対し、懲役9年
判決を言い渡されました。

この判決について、ネットでの反応では

「求刑15年に対して9年て割り引きすぎだろ」

「反省の色が見られない、情状酌量の余地ない」

「9年でええんか?またやるぞこいつは」

「大切な青春時代2年を潰したのに飲酒運転事故より軽い刑かよ」
など、否定的なコメントで溢れていました。

寺内樺風の生い立ち~実家は華麗なる一族

寺内樺風は両親と妹との4人家族だそうです。

父親は会社経営しており、実家は金持ちであり
祖父は大学教授と一族には高学歴者も多いようです。

寺内樺風自身は地元の名門・大阪教育大学付属
池田中学、付属池田高校、千葉大学工学部と進学し
2年時に自首休学してカナダへ語学留学しています。

寺内樺風は妹とも仲が良く、一緒に一泊旅行に
出かけた事もあったようです。

その時の妹の年齢は15歳で、事件被害者少女も
発生当時は13歳と、妹と同年齢であったことは
シスコン気質ではと見られる意見もあるようです。

しかし、経歴や環境だけ見れば恵まれていると
言えるのではないでしょうか。

Sponsored Link

寺内樺風の生い立ち~プライドの高さと裏の顔

こんな事件を起こした寺内樺風ですが、監禁していた
2年間の表の顔としてどうだったのか、ゼミの同期生が
語っていました。

「自宅の場所も知っていたけど、あんな学校の目の前のアパートで
監禁生活を送っていたなんて…中学生を閉じ込めているような様子は
微塵も感じられませんでした」

「監視カメラがあるなどの報道もあったけど、ゼミ合宿中も
パソコンやスマホを気にしている様子は無かったです」

「学生で金が無いので、宅飲みすることが多かったが『寺内の家で飲もう』
という話になっても、いつも流れてしまい、不思議と実現しなかった」

「付き合いも悪くない。コミュニケーション面でもおかしな部分は無かった」

「酒も飲めばタバコも吸う、普通の大学生」

「『彼女』がいると聞いた事があるが、それが事件被害者の
『彼女』だったのかは解らない」

と、5年間、親友として付き合ってきた彼さえ
気づかなかった寺内樺風の監禁生活。
 
もうどっちが表の顔なのか裏の顔なのか
解らなくなりますね…。

世間一般に向けての顔として「ごく普通の大学生」
として振舞っていたという事から、変な目で
見られないようにというプライドを持って
いたのだろうと考えられます。

Sponsored Link

おわりに

個人的には無期懲役でも良いような気がします。9年だと出て来た時30代半ばでしょう。また似たようなことやるんじゃないかと不安に感じますね…。表裏2面性を持っている人間なら余計にそう考えてしまいます。被害者少女とご家族関係者の方々が安心できる環境に戻れることを祈ります…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 早川紀代秀アイキャッチ
  2. 渡邊陽太アイキャッチ
  3. 勝又拓哉アイキャッチ
  4. 三浦知義アイキャッチ
  5. 福田和子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。