林泰男の生い立ち~両親は朝鮮人で帰化した過去に性格や経歴も

この記事は3分で読めます

林泰男アイキャッチ

年号改正前に行われると噂されていたオウム真理教の
麻原彰晃ら側近ら7人の死刑執行がされてから早半月。

残された5人の確定死刑因の5人の中の一人林泰男も
その一人です。

平成最悪の事件と言われるオウム真理教幹部として林泰男
のルーツとなる生い立ちとは一体どんな過去を持っているのか?

元オウム真理教の幹部林泰男の両親は朝鮮人で
林本人も帰化していたとのこと。

林の生い立ちや、教団内では穏やかな性格だと
評されていた事や、現在改姓されていることなど
調べてみました。

Sponsored Link

林泰男のオウムへの役割ヴァジラチッタ・イシディンナ として

 

林泰男は、元オウム真理教幹部でありホーリーネームは
「ヴァジラチッタ・イシディンナ」とされている人物です。

 
現在の姓は小池となっているようですが、記事内では
「林」と呼称いたします。

教団内では麻原彰晃の運転手を務めたほか、省庁制が
採用された後は科学技術省次官の一人として教団施設の
電気工事や盗聴を行い、逃走した信徒の連れ戻しなども
担当していたようです。

地下鉄サリン事件直前に正悟師に昇格し、この事件で
唯一サリンパックを3つ携帯し、一番多くの犠牲者を
出したことから、マスコミに「殺人マシーン」
呼ばれました。

しかし教団内では「とにかく穏やかで常識のある人」
評されていたようです。

拘置所で面会しているとある報道関係者も、性格については
同意しているのだとか。

今回数いる実子の中でも死の間際まで自身の遺骨を託したと
言われ波紋を呼んでいる麻原彰晃の四女の著書によれば

「まじめな性格で、教団内の子供の世話を進んで行っていた」
といいます。

教団内で穏やかであったのは本当なのかもしれませんね。

彼らの常識は私たちの常識とは違うでしょうから
そちらについては、ね・・・・

松本サリン事件、地下鉄サリン事件、新宿駅青酸ガス事件等の
無差別テロ事件に関わっていた林は、1996年12月に沖縄県
石垣市で逮捕されるまで逃亡を続けていました。

逃亡中は自らが殺害した犠牲者の祷りの為に小さな位牌を
常に持ち歩いていたと言います。

林泰男の生い立ち~実家の両親は朝鮮人?

 

林泰男は1957年に国鉄職員の次男として東京都に生まれます。

次男という情報はありますが、兄姉や弟妹についての
情報は出回っていないのか、人数等は解りませんでした。

 
中学3年生の時に、高校受験の為に取り寄せた戸籍謄本により
父親が朝鮮籍で、林が2歳の頃に帰化していた事実を知り
自身も帰化します。

日本社会にある朝鮮人を蔑視する風潮や偏見が自分の
心にも存在していたことに対して苦悩したといいます。

 
また、祖父は戦前に日本に渡ってきており、在郷軍人会の
仕事に就いていたようですが、祖母と共に北朝鮮の秘密
工作船支援の容疑で日本公安の重要監視対象者だったそうです。

 
父親は1950年から国鉄に勤めていましたが、1978年の
病死後、軍功により勲七等青色桐葉章に叙されたようです。

伯父と叔父は北朝鮮に帰国していたとのこと。

Sponsored Link

林泰男の学歴や結婚

 

分かっている学歴としては、國學院大學久我山
高等学校を中退
してから東京都立立川高等学校
定時制に入学
しています。

 
大学は工学院大学二部電気工学科を卒業
就職せずに4年間世界各地を旅行し、ヨーガや
仏教に関心を寄せたようです。

その後に麻原彰晃の著書を読み1987年5月
「オウム神仙の会」に入信、翌年12月に
出家しています。

 
記事冒頭で姓が変わっていることに触れましたが
これは獄中結婚であるとか養子縁組であるとか
色々な理由が挙げられています。

 
逮捕後に改名したことは確かなのですが、当時を
知る警察関係者によれば

「女性信者と、オウム事件の死刑囚との養子縁組や結婚が相次いで行われていた。関東某県の教団施設には、わざわざ(信者の)養子となり、元の家族の戸籍から籍を抜く者もいた。痕跡を消すため、教団ぐるみで周到な戸籍操作もしたようだ」

とのことで、当時の苗字との関連性を
消すための隠ぺいの行為のようですね。
 

同じく教団の元幹部新実智光は嫁への執着を
見せたという話もありました。

しかしそちらも所詮外部から見たらそう見える
という話であり、真偽は解りません。

 
林の場合は夫婦愛と言われるような話も
出回っていませんし、偽装工作的な面が
本当の理由なのかもしれませんね。

そもそも教団ぐるみの戸籍操作があったと聞けば
新実智光の方も疑わしく思えてくるのですが。

Sponsored Link

おわりに

犠牲者への祷りの為に位牌を持ち歩いていたとか、そんな気持ちが持てる人間があんなことに手を貸すか!と思ってしまいますが、林も死刑執行にカウントダウン状態の待つ身であります。そんな事よりも多くの犠牲者の方々のご冥福をお祈りするばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 松永太アイキャッチ
  2. 森翔馬アイキャッチ
  3. 少年A
  4. 三浦知義アイキャッチ
  5. 林真寿美アイキャッチ
  6. 渋谷恭正アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。