湊伸治【女子高生コンクリ事件】生い立ち~少年法が無意味な証明

この記事は6分で読めます

30年前に実際日本で起きた壮絶を極める事件と
して当時の日本を震撼させた女子高生コンクリート
詰め事件。

当時少年だった4人の犯人の一人が今回の殺人未遂で
逮捕された湊伸治容疑者のようです。

あまりに凄惨な内容の事件を当時未成年だった少年
ら3人は少年法に守られ実名報道も顔画像も出回る
事はありませんでした。

でもあれから30年。

結局45歳となった湊伸治が起こした今回の殺人未遂は
少年法の是非をもう一度問う必要があると思える事件
ではないでしょうか?

湊信治と言うモンスターが起こした今回の事件と
その生い立ちにやはり異様な家族の存在と生い立ちが
関係することを加味しても少年法は無意味なのでは?
と思える彼の現在と過去を追ってみようと思います。

Sponsored Link

湊伸治(みなとしんじ)の殺人事件

18年8月19日(日)午後18時5分に埼玉県川口市の
路上で32歳の男性が、肩を警棒で殴られ首を鋭利な
刃物で切りつけられた
と110番通報がありました。

幸い32歳の被害者男性の命に別状はありませんでした。

原因は駐車トラブルが原因と言われています。

近所住民によるとトラブルどころか湊伸治の
明らかな因縁だったとのこと・・・・

当時事件現場に既に犯人はいませんでしたが
車両が残っておりナンバーから割り出した犯人
として割り出され逮捕されたのが湊伸治(みなとしんじ)
だったのです。

凶器となった警棒は3段の伸縮式で全長41センチ。

首を刺した刃物は折りたたみ式で刃渡り8センチ。
広げた状態で19センチになる代物だったそうです。

湊伸治は直ぐに容疑を認めこう供述したそうです。

『刺したことは間違いないが、殺すつもりはなかった』

30年近く前になる「女子校生コンクリート詰め事件」
容疑者である彼は当時も殺すつもりはなかったのでしょうか・・・

詳しく知りたい方はWikipediaからどうぞ。

何故少年法で彼らが守られたのか?未だに不可解で
納得が出来ない程の過去に例の無い凄惨な事件を起こした
彼らは間違いなく人の皮を被ったモンスターで鬼畜の仕業
だとしか言いようのない事件です。

湊伸治(みなとしんじ)の生い立ち~共産党員の両親のと兄

湊伸治は共産党員で薬剤師として診療所を運営する
父親と父親より1歳年下の同じく共産党員で元看護婦
だった母親とが診療所を経営するという家庭の次男
として誕生しています。

兄弟は兄が一人。

詳しい年齢は分かりませんが当時の1989年のコンクリ事件
発覚時に17歳だったことからも1歳から2歳程の歳の差だった
のではないでしょうか。

湊伸治の生年月日は1972年12月16日。

彼の両親は1975年くらいに東京足立区から足立区綾瀬と
言う地域に建売を購入したようです。

父親は薬剤師として比較的大きな診療所を経営する傍ら
子供らの教育方針は異常なレベルに厳しい父親だった
そうです。

医療関係と言う事でストレスもあったのかお酒で発散
するタイプの父親だったらしく、家の決まりとして息子
らに言いつけたお手伝いをやらないなど約束を破った時は
寝ている状態でも息子らを叩き起こして殴り付けるような
狂暴な一面を持っていたそうです。

その様は、後に事件を起こす伸治自身と兄の証言から
ひも解くと、少し常軌をきすレベルの家庭内暴力だった
と思われます。

兄と伸治の証言では身震いがするほどの暴力が
1週間に1度は行われたとのこと・・・

泣こうが逃げようが謝ろうが許さず追いかけてきて
壮絶な暴力を受け続けたそうです・・・

そのような家庭環境で力でねじ伏せる教育法だったからか
元々は伸治自身が優秀だったのか中学では地元で学習院と
言われる名門中学に進学し卒業。

その後工業高校に入学後1年の2学期頃から不良仲間と
つるむようになったりするなと糸が切れたように自宅は
不良仲間のたまり場となっていったと言われています。

そして伸治の中でどこかプッツリと糸が切れてしまった
のも恐らくこの頃かと思われます。

父親からの今で言うDVは息子が成長することで
逆の立場へと変化した。

因果応報ってやつですね。

兄はともかく次男の伸治は完全なる家庭内暴力と化し
最終的には両親の手の届かないモンスター状態となっていた。

そうした経緯があっての「女子高生コンクリート詰め事件」
起きた事件の現場となっているので、当時の両親にいかに静止力
なかったのか・・・

全てに不の連鎖として被害者女性に降りかかって
しまったのです

また事件当時40日間に渡る事件の現場となっていたにも
関わらず両親は関与を被害者女性が好きで家に帰らなかったと
説明
し、自分らと息子の保身に走る発言をしています。

また当時初期の段階で(40日間監禁されていた)
伸治の兄は食事を運ぶなど、被害者女性の当時の
状況を全て目撃していたが通報しなかった・・・

湊伸治が壊れていたのは当然ながら、湊伸治の
家族も既にこの当時個人個人が崩壊していたのでしょう。

両親ともに共産党員だった関係から警察への対応も当時
話題となるほど異様だったようで弁護士立ち合いの元でしか
認めずその為調査が遅れたと言われています。

そして警察の調査で当時の調査員が目にしたその殺害現場
となった現場を見て、こういったと言います。

「一体どんな力で何度殴ればあんな天井にまで血液が飛び散るのか・・・」

それ程壮絶な部屋の様子だったそうです。

それでも湊伸治はじめ湊家の家族ら誰もが止める事が
出来なかった・・・

屈辱の限りを尽くし40日間に渡って弄り殺しにしていた
現場が我が家でありながら・・・

湊伸治(みなとしんじ)の出所後

1988年11月から1989年1月に発覚した事件で
3月にドラム缶にコンクリート詰めされた無残な
姿の被害者遺体が発覚
します。

ただこの時既に別の事件で少年院に窃盗と暴行で
逮捕されていた湊伸治。

それにプラスされたこの「コンクリ詰め事件」
少年法で見事守られ4年以上6年以下の実刑と言う
信じられない程の軽罪で不定期刑となった伸治。

この4年以上6年以下って起こした事件の内容を
しっかり精査しての判決だったのでしょうか?

もしそうであれば日本はある意味恐ろしい国です。
事件

おそらく事件当時15歳から16歳だった彼は二十歳
そこそこで出所し、出所後はムエタイの選手として
活動していた時期があったそうです。

ただ全国区では少年法に守られ実名と画像が出回る
事がなかった湊伸治ですが地元では大半の人が知る
凶悪事件の殺人犯として既に有名でした。

その為ムエタイの実力はまだしも「コンクリ、コンクリ」
のあだ名で呼ばれ、そんなヤジの中続ける根性も無かった
のか結局ムエタイは途中でやめてしまい、今回の逮捕時には
45歳の大の大人が無職状態だったとの事です。

結婚は2010年に外国人としたとかしないとか・・・

何人かは不明です。

そして湊家の家族は全員が消息不明とのこと・・・

Sponsored Link

湊伸治(みなとしんじ)は更生出来てない

決めつけるわけではありませんが・・・

更生は出来てないと思います。

あれ程の事件を起こして30年の月日が流れたとは
言え、些細な事で今回の殺人未遂を起こした湊伸治。

人間感情を持つ動物の以上、痴情のもつれや人間関係で
どうしても、どうにもならない時はあると思います。

それにしても~です。

勢い余って手の早い男が我慢ならずに一発手が出てしまった
などの理由なら血の気が多い男性あるあるかもしれませんが
警棒と刃渡り8センチの刃物で他人を刺せますか?

正直動物でも絶対無理だと思います。

野良犬を刺してみろと言われて刺せるか?
と言われても即答で無理ですね。

それを『殺すつもりはなかった』とひょうひょうと
証言していたという湊伸治・・・

全く更生は出来ていないと言って過言ではないでしょう・・・

少年法は無意味な証明?

最後に少年法の是非は、少年らが殺害事件や
壮絶な事件を起こす度に総論される問題です。

犯してしまった罪は消せません。

罪も償えるレベルの事件とは程遠いレベルの
事件を起こした少年らに少年法を適用させて
事件の悲惨な被害者の実名や顔写真は出回り。

屈辱の限りを尽くし最後は
『お願いだから殺して』と意識朦朧の中
懇願した17歳の少女を顔が分別付かないほど
殴る蹴るの暴行で殺害した彼らに少年法など
本当に必要なのか?

不可解で仕方ありません。

何故?

4年以上6年の軽罪で済まされるのか?

せめて加害者の将来を~案じての少年法なら
アメリカのように出所後はGPSを付けるなどの処置を
施して頂きたい。

真剣に願うばかりです。

これでは少年法の法の前では被害者がやられ損
でしかありません。

成人した大人であれば覚せい剤の常習犯と同じか
それ以下の罪の軽さです。

これほどのモンスターにそんな無責任な罪が少年法と
言えるのでしょうか?

個人的には死刑でも軽いと思える程の事件を
起こした少年らです。

少年法の意味が理解出来ません。

今回の再犯で尚更確信した人は多いと思います。

Sponsored Link

おわりに

法治国家である日本が今こそ少年法を見直す時期に来ているのではないでしょうか?時を同じくして中学生の少年が40歳の新聞配達員を誰でも良かったと数か所刺して逮捕されています。少年法で実名顔画像隠されていますがそれは本当に意味があるのでしょうか?改めて湊伸治の今回の事件と過去の「女子高生コンクリ詰め事件」を照らし合わせて考えて欲しい、そう切実に願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 久保木愛弓アイキャッチ
  2. 市橋達也アイキャッチ
  3. 足立朱美アイキャッチ
  4. 寺内カブ
  5. 石橋和歩アイキャッチ
  6. 氏家美穂アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。