高橋祐也のおハゲと劣化画像が酷過ぎて上島竜兵風の変貌と転落ぶり

この記事は4分で読めます

高橋祐也アイキャッチ

大女優三田圭子さんの次男が再三の覚せい剤使用で
逮捕を繰り返し話題となっています。

ついに母三田佳子も手放すかと思った矢先の保釈で
出所した息子高橋祐也のハゲあがった頭髪と浮腫んだ
顔がまるで上島竜兵だと話題になるほどに・・・

繰り返される覚せい剤違法はもはや依存レベルで
ある事や38歳というどう考えても大人な年齢に
なっても尚母親のすねかじりをどや顔で何とも思って
なさそうな祐也被告の背景人物にも様々な黒すぎる噂が。

ハゲと劣化と上島竜兵となってもまだ母の財布をアテに
するその先にあるもの。

沼から二度と這い出る事が出来無さそうな祐也被告の
破綻に満ちた人生を追ってみようと思います。

Sponsored Link

高橋祐也の保釈後画像がおハゲで劣化が酷過ぎw

覚醒剤取締法違反の罪で起訴され、今回の逮捕で
4回目であり、全然反省の色が見えない高橋祐也
被告。

そんなバカ息子に対し、300万円で釈放させた母三田佳子
と裁判所に疑問を抱く人が多いです。

一例
2018年10月9日に釈放されたのですが、今回の
逮捕でなんと4回目であり、全然反省の色が見えない
高橋祐也被告。

昔は、まだ今よりはイケメンで大女優である母三田佳子の
お陰で少しばかり話題にもなりましたが、今回の釈放後の
高橋祐也被告は昔の面影がまったくないというほどに
ハゲていました。

ハゲばかりか酷い劣化と浮腫んだ青白い顔は何かに
憑りつかれているのでは無いかと思うほど失礼ながら
全うな人間には見えませんでした。
ハゲ

釈放後に報道陣の前に現れた高橋祐也被告は、まだ
38歳に見えないほど劣化が激しくかなり衝撃を
受けたという方が多かったと思います。

ネットでは直ぐにそのハゲっぷりと劣化の程が話題に
なったくらいです。

あの、少しだけイケメンで母親からの巨額のお小遣いで
金があるため、モテていたであろう時期とまったく違う
高橋祐也被告…。

相当私生活が荒れていたのか薬物中毒だからなのか?

また、ハゲた高橋祐也被告に対して、
「髪の毛を見ても病気なのかなぁって…」
生放送中に発言した安藤優子アナウンサーの
発言も話題になりました。

安藤優子さんって本当に正直なアナウンサーですよね。

嫌いではないですが、笑ってしまいます。

病気って・・・(笑)

心の声が出てしまったようですね…。

高橋祐也の劣化とハゲはシャブ中が原因?

シャブという覚醒剤は、「骨の髄までシャブられる」
ことから名前の由来が来ており、この世の物とは思えない
くらいの快楽なんだとか…。

あとから来る副作用も恐ろしいもので、その念を込めて
シャブと呼ばれるようになったと言われています。

高橋祐也被告のハゲの原因は、やはりシャブなどの薬の
副作用が大きな原因とされています。

他の芸能人で、いじだ壱成さんも同じようなことで
以前逮捕されました。

そのときも、高橋祐也被告同様にハゲています。

覚醒剤は様々な恐ろしい副作用があり、もちろん
高橋祐也被告のようにハゲるという副作用もあります。

覚醒剤は本当に恐ろしいものです…。

そんな自分の変貌ぶりさえ、もはや今の高橋祐也さんには
判断不明になっているのかもしれませんね。

安藤優子アナじゃありませんが、保釈での釈放後の写真を
見る限り、完全に病んでいる?状態にしか見えないのは確かです。

高橋祐也の上島竜兵風の変貌と転落

高橋祐也被告が、釈放後紺のジャケットと黒の
デニム姿で報道陣の前に現れましたが、ほとんどの
人が注目したのが、高橋祐也被告の顔・頭だと思います。

上島竜兵
哀しいかな違和感がありません・・・確かに~って感じです。汗

38歳には見えず、10歳くらい上にも見えるほど
変貌がものすごく話題になっています。

高橋祐也被告は、1998年の高校在学中に
覚醒剤の使用で逮捕されました。

そこから転落人生が始まったと言えます。

月に50万円のおこづかいをもらっていたという
報道もあり、当時は保護観察処分になりましたが
2000年10月に2度目の逮捕になります。

このとき、大学に入学するも退学となり、懲役2年の
執行猶予5年の有罪判決となりました。

有罪判決後には、俳優活動もし始め、薬とは無関係に
なったのではないかとされていましたが、2007年に
また覚醒剤で3度目の逮捕。

かなりの鬱状態とされ、薬物依存のリハビリセンターで
治療をうけ、その後2010年には一般の女性と結婚し
子供も生まれました。

家庭を持ちましたが、4度目の逮捕になりシャブを
使用すると断ち切るもは難しいのだろうかと改めて
薬物の恐ろしさを知った気がします。

高橋祐也のまだまだ落ちそうな今後

4度目の覚醒剤使用で逮捕され、今後芸能活動が
できる可能性は非常に少ないとされます。

一般人として働く事さえももはや無理っぽい彼に
一社会人として世間に出て行きていく事は可能なの
でしょうか?

一説には小遣いをせびる祐也被告に否定すると母親
三田佳子に暴力を振るってまでお金を引き出させていた
祐也被告。

その背景にはあの過去世間を震撼とさせた殺人事件
00年5月に起きた“トーヨーボール殺人事件”の
関係者で元関東連合の石元太一との関係だ。

「この事件をめぐっては、“人違い殺人”の可能性も指摘されている。Xは関与した人物の一人で、のちに逮捕されている」とは捜査関係者。
事件は別の部分でも注目された。犯行に使われた車(黒のチェロキー)が「三田佳子」名義だったのだ。

ライブドア:引用

祐也被告は当時から石元太一にもかなり前から定期的に金
など様々な点で利用され引き出されているとの事・・・

打って付けの金ずるを手放すはずもなく、こうした
交友関係こそが彼が沼から這い出る事の出来ない要因
でもあるのかもしれない。

以前からバッシングがひどかったのですが、今回の
逮捕でさらにバッシングがヒートアップし炎上するほどに。

また、親である三田圭子の芸能活動も今後
危ういとまでされています。

「バカ二世」「毒親の被害者」「世の中に出るな」
など厳しい声が多いことから、今後さらに
落ちていきそうです…。

高橋祐也被告の劣化と転落は彼自身相当な覚悟を持たない
限りは歯止めは効かないのかもしれませんね。

Sponsored Link

石元太一の生い立ち~父親はヤクザで上原美優や藤井リナが惚れた訳
高橋祐也生い立ち~三田佳子の次男若い頃も現在も絵に描いたバカ息子

おわりに

幼少期から甘えて育てられた結果がこのような体たらくで自暴自棄にならざる経ない悪環境を呼んだのは間違いない思いつつ、どこかで彼にも良心の呵責があれば、家庭も持ち、家も持たせてもらい40を目前にして親の稼いだ金で女と遊び歩き薬を打つ生活に終止符は打てないのか?あるのに、薬物を絶てないのは薬物依存だけでなく高橋祐也被告の甘さも原因です。また、劣化が云々ハゲが云々は正直どうでもよく今後の再逮捕が無い事と黒い関係を彼が本当の意味で絶てる事が無い限り骨の髄までとことん利用される人生を生きるしかないのかもしれません。
かわいそうというより、もっとしっかりしろよって言いたくなるほどです。またそんなバカ息子を断ち切れない三田佳子さんにも心を鬼にしてでも息子を断ち切る事こそが唯一彼の立ち直れる方法である事を肝に銘じて親子の縁を断ち切る覚悟で支援の一切を切って欲しいですね。相当無理があるでしょうか・・・


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 寺内カブ
  2. 船戸雄大アイキャッチ
  3. 井上嘉浩アイキャッチ
  4. 神いっきアイキャッチ
  5. 金川真大アイキャッチ
  6. 岡崎一明アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。