菊池捺未の生い立ち~溺愛した父の慟哭と薬科大学入学の夢が切ない

この記事は5分で読めます

菊地捺未アイキャッチ

行方不明当時から実家の父親が娘である
女子大生の菊池捺未(なつみ)さんの無事を
祈るコメントを出していましたが願いは届かず
1月31日に遺体となって発見されました。

2018年11月からの失踪した事件は、無残にも
茨城の土の中から発見されるという悲報が・・・

金銭トラブルがあったともゲームでのオンラインで
知り合ったともいわれる事件が起きるまでに二人の間に
何があったのか。

薬科大在学と言われる菊地捺未さんの生い立ちから
事件の概要と逮捕された廣瀬晃一容疑者とは
どのような関係だったのか、事件と彼女のこれまでを
追ってみようと思います。

Sponsored Link

菊池捺未プロフィール

氏名:菊池 捺未(きくち なつみ)
年齢:18歳(失踪当時)
学校:日本薬科大学御茶ノ水キャンパス医療ビジネス薬科学科1年生
出身:栃木県栃木市

遺体の見つかった2019年1月31日時点では19歳という
報道がありましたので、失踪後に誕生日を迎えたとの
事ですので殺害当時はわずか18歳だったと考えられる
ようです。

本当なら友達や家族と楽しい誕生日を過ごすはずだったのに
どうしてこんなことになってしまったのか、やるせない
気持ちになります。

とてもかわいらしいお嬢さんで、恋人がいたという
情報もありました。

春からは上京して一人暮らしを始め、青春を謳歌し
始めたばかりでした。

料理やお菓子作りも覚え、自分で作ったクッキーの
写真を親にメールで送るなど、女の子らしい性格を
していました。

周囲からはおとなしいけれど挨拶などきちんとする
礼儀正しい子として評判でした。

将来は医療系の仕事について親孝行したいという
しっかりとしたビジョンを持つ、芯が強くて
優しい子でもありました。

菊池捺未と廣瀬晃一の出会いと事件まで

一見何の接点もなさそうな菊池捺未さんと
廣瀬晃一容疑者ですが、どのようにして
知り合ったのでしょうか。

実は二人の共通点は、ゲーム
趣味ということでした。

インターネットのオンラインゲームを通じて
知り合い、チャットや掲示板などを介して
友人となるケースはよくあることです。

ゲームの世界には女性が割合的に少ないことから
複数の男性から言い寄られることも多いそうです。

菊池捺未さんと廣瀬晃一容疑者も、このようにして
ゲーム内で知り合ったと考えられます。

廣瀬晃一容疑者の供述によると、実際に会ったのは
事件当日が初めてだそうです。

菊池捺未さんは大学の授業後に電車で2時間程かけて
都内から茨城県まで移動しました。

茨城県鹿嶋市まではJRで、駅からはタクシーで
廣瀬容疑者の自宅近くまで行ったというタクシー
運転手の証言もあります。

スマホの地図を見ながらコンビニで降りた後
廣瀬容疑者の車で自宅まで移動したとみられています。

このとき、目隠しをされていたという不可解な
行動をとっています。

夕方から夜にかけて廣瀬容疑者の自宅アパート近くで
菊池捺未さんとみられるピンクのコートを着た若い女性
が数度目撃されています。

「東京から来た。お金がなくて帰れない」

と泣いていたり、

「目隠しされてきたので道がわからない」

などと話していたそうです。

この目隠しに関しては何度もテレビで放送
されていますが、何故この時点で~と考えずには
いられません・・・

この後再び廣瀬容疑者の車で移動し、その車内で
何かトラブルがあり、菊池捺未さんが騒いだため
廣瀬容疑者が黙らせようとして殺害に至って
しまったというのが、この事件の経緯です。

Sponsored Link

菊池捺未の生い立ち~父の溺愛と慟哭

菊池捺未さんは高校を卒業するまでは
栃木県の実家で過ごしました。

親からの愛情をいっぱいに受けて
すくすくと育ちました。

特に父親は娘が可愛くて仕方がなく、目に
入れても痛くないほどの溺愛ぶりで、よく
母親に甘やかしすぎだと叱られていたそうです。

しかし、詳しい時期は不明ですがその後
両親は別居し、菊池捺未さんは母親と弟の
3人で暮らしていました。

高校生の頃にはオンラインゲームに
熱中していました。

父親からは、ゲーム内で知り合ったとはいえ
見知らぬ人と会わないように注意されたことも
ありました。

高校を卒業すると都内の大学に進学し、葛飾区の
アパートで一人暮らしを始めました。

日常あった出来事を報告するなど、親とは頻繁に
連絡をとっていたといいます。

この年頃の女の子にしてはめずらしく、父親とも
非常に仲良しでよくメールのやりとりをする仲でした。

カラオケや映画にも一緒に行くなど、友達のような
関係だったと後に父親が語っています。

事件のあった11月20日には、本当は栃木の実家に
帰省する予定だったそうです。

しかし、何らかの理由で翌週へと変更になり
ごめんねというメールのやりとりが最後と
なってしまいました。

連絡が急に途絶えたことで、心配で
たまらなかったことでしょう。

両親も自ら捜索を続けながら無事を
祈っていましたが、無残にも一番最悪の結果
として死後2ヶ月が経過した状態の遺体発見と
なってしまいました。
女子大生
しかも徐々に事件の全貌が明らかになる中、土の
中から菊地さんらしき遺体が発見されたとの事当然
着衣がある状態かと思いきや遺体は全裸の状態。

遺体発見現場主変で彼女が着用していたピンクのコート
と下着が発見されていたそうです。

過去の犯歴にも性的暴行罪がある男である容疑者
やはり強引に性的暴行を加えようとして、暴れた
菊地さんを抑え込む形で殺害に至ったのが大まかな
殺害原因なのかもしれません・・・

初めて会った、あの容疑者の姿を見てどれ程
恐ろしかったか、そして性的暴行されどれ程
無念だったか・・・菊地捺未さんの驚きと絶望が
いかほどだったのか・・・・

計り知れない残酷な事件絶対に許される事件では
ありません。

父親は、信じられない、信じたくないと
言葉にならず慟哭し、憔悴しきった様子で
インタビューに答えていました。

菊池捺未の薬科大学入学と夢が切ない

菊池捺未さんは、小さい頃から医療関係の
仕事につきたいという夢を持っていました。

小学校の卒業文集では、

『将来は外科医になってたくさんの人を救い、笑顔にしたい。育ててくれた両親に親孝行したい』

という内容を綴っていました。

父親にもよく、働くようになったら恩返しをして
また一緒に暮らしたいと話していたといいます。

子供のころから親への感謝の気持ちを持っている
なんて、本当に心の優しい女の子だったのですね。

外科医になるという夢は、いつしか薬剤師という
夢へと少し変化します。

安定した仕事に就いて、親を安心させて孝行したい
という理由だったそうです。

家族や友人も、この夢に向かって努力する菊池捺未
さんを応援していました。

進学先に選んだ日本薬科大学の医療ビジネス
薬科学科では、薬剤師に準ずる登録販売者や
医療事務職に必要な知識、医療経営など将来幅広い
医療の分野で活躍できる資格や知識を学ぶことが
できるそうです。

卒業したらきっと薬局や病院などで薬の販売者や
医療事務として活躍していたことでしょう。

夢への第一歩をしっかりと踏み出した矢先の
まだ早すぎる18歳の少女が無残にも被害者となった
事件。

何とも被害者本人とその家族の気持ちを出して考えると
いたたまれない限りです。

Sponsored Link

おわりに

親から愛されて育ち、上京して人生を楽しんでいたはずの菊池捺未さん、まだまだ人生これからという真っただ中で身勝手な犯罪者に彼女の自尊心も命も奪われてしまった菊地捺未さん。
早すぎる死の無念は図り知れないと思います。
最悪の結果となってしまったこの事件は、まさかこんなことになるなんて、誰もが思いもしなかった事件でした。
容疑者の供述と一刻も早い真相解明と続報が待たれます。
ともかく菊地捺未さんのご冥福をお祈りしたいと思います。安らかに~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阿部定アイキャッチ
  2. 上田美由紀アイキャッチ
  3. 筧千佐子アイキャッチ
  4. 樋田淳也アイキャッチ
  5. 氏家美穂アイキャッチ
  6. 小島一朗アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。