今西貴大の生い立ち~寝屋川市養子縁組の娘に性的暴行に母のクズっぷり

この記事は3分で読めます

今西貴大アイキャッチ

またも起きてしまった凄惨な事件。

大坂府寝屋川区で起きた自身の養子縁組
した娘への性的暴行で逮捕となった今西貴大。

今西貴大の起こした卑劣な事件の概要とその
生い立ちや被害者となった娘の実の母親の事件当日
の体たらくまで追ってみようと思います。

Sponsored Link

今西貴大の寝屋川市養子縁組娘事件

事件は2017年12月に大坂市東淀川区で当時2歳
だった娘希愛(のあちゃん)に性的暴行を加えて
17年12月23日に死亡。

死亡させたとして養父である今西貴大容疑者(30歳)
が逮捕される。
生い立ち

ただ希愛ちゃん死亡から逮捕まで弱1年の月日が
かかり18年11月27日に殺人容疑で逮捕。

その後一時、翌月の12月8日に傷害致死罪で起訴。

12月26日に保釈され実家の寝屋川に帰宅。

2019年2月6日に改めて再逮捕となっている。

事件当初は傷害致死罪で逮捕されていた今西貴大
容疑者だが、事件発覚後明らかとなった事は日常的な
暴行によって死亡となった傷害致死罪だった。

それだけでも当時の殺害された希愛ちゃんの年齢
2歳と考えてもほぼ無抵抗の乳幼児に一方的な
暴行を与えて死亡に至らしめた行為はまさに鬼畜の仕業。

だが逮捕後、希愛ちゃんの司法解剖で明らかに
なったのは暴行だけにとどまらず、強制性交致死
と言う性的暴行も加えていた事実が発覚。

性的暴行で希愛ちゃんを負傷させ、その後の暴行で
左脚骨折の重症もおっており、右頬には殴られたような
跡も残っていたとの事。
基地外
インタビューにも逐一この調子で虐待をひたすら否認・・・

この状況に容疑者となっている今西貴大は
「意味が分からない」「一切心あたりはない」
「全く関係ない」
と容疑を否認している。

ちなみに当然だが、希愛ちゃんの死亡解剖は
複数の医師によって慎重に調査された結果と
されている。

今西貴大の生い立ち~

大坂府寝屋川区に実家がある今西貴大容疑者の
生い立ちは、今現在詳しい情報は出ていませんが
実家が電気工務店を経営しているのでは~との噂も
あるようです。

噂の発端は今西容疑者がフリーランスとして電気
工務店として働いていた過去があるからだとか・・

どちらにしろ、まともな生い立ちではなかったのでは
ないでしょうか?

今西貴大容疑者と妻は当時シングルマザーだった妻(23歳)
17年9月に結婚。

当時妻の元夫との連れ後だった希愛ちゃんは今西貴大
の養子縁組となる。

だがこの結婚の僅か2ヶ月後には希愛ちゃんに対して
暴行を始め性的暴行も加えていた今西貴大。

うそ800
必死の言い訳もアホっぽい言い訳です・・・

結婚した相手の連れ後や実子でも虐待や性的暴行などの
卑劣な行為を加える人間と言うのは一定数自分も幼少期の
生い立ちに両親からの虐待を受けた人物が多いと言われる。

だが、そうであっても僅か2歳の連れ後に暴行ならず
性的暴行・・・

まさに鬼畜の仕業・・・

極刑を持って処罰して欲しいと願うばかりです。

虚勢とかしてほしいレベルです。

Sponsored Link

今西貴大と再婚した母のクズっぷり

そして個人的に気になったのが希愛ちゃんの
実の母親です。

今西容疑者と再婚した17年9月当時には既に
妊娠して、ようするにデキちゃった結婚(再婚)
だった妻。
母親
結婚前の17年6月のディズニー旅行らしいです・・・

既に事件当初今西容疑者との間に誕生した娘次女が
4ヶ月でいながら、希愛ちゃん殺害となった事件当初
この母親は次女(生後4カ月)と希愛ちゃん(2歳4ヶ月)
を置いてパチンコに行っていたという・・・

何も主婦がパチンコをしたら行けないとか言うつもりは
ないですが、正直いって希愛ちゃんの暴行に何故気が付かな
かったのか?

死亡当初の頬のアザから左脚の骨折。

ましてや2歳4ヶ月の希愛ちゃんの性的暴行に何故
気が付かなかたのか?

2歳4ヶ月と言えばまだ完全にオトイレが自分で
出来る年齢ではありません。

お風呂だって一緒に入って身体も洗ってあげる必要が
あるはず。

それなのに何故気が付かなかったのか・・・

23歳と言えばまだ若く、娘の頬のアザも、もしかして
性的暴行の痕跡にも気が付きながらも、軽く考えて
いたのでしょうか・・・

自分で傷など作る訳はないのに・・・

2歳ですよ・・・

性器に傷など出来るはずがないじゃないですか・・・

そう思えば思う程、希愛ちゃんは養父に恵まれない
というよりも実の母親がクズすぎます・・・

わずか2歳4ヶ月でこの世をさった希愛ちゃんに
安らかに~

そして早く次こそ優しくまともな両親の元
生まれ変わって欲しいと願うばかりです。

今、希愛ちゃんの母親は何を想うのでしょうね・・・

Sponsored Link

おわりに

今西貴大容疑者の鬼畜の仕業で僅か2歳4ヶ月の連れ子希愛ちゃんを性的暴行によって死亡させたこと。
逮捕されていても容疑を否認し続けた事。そしてそんな男と一緒になって最後まで母親として娘への暴行や性的暴行に気が付けなかった母親を絶対に許してはいけないと思います。
今西容疑者には極刑を持って是非厳しい処罰をと願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 佐竹憲吾アイキャッチ
  2. 福田和子アイキャッチ
  3. 小林泰剛アイキャッチ
  4. 土屋りさアイキャッチ
  5. 矢野富栄アイキャッチ
  6. 大沢零次アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。