銅子正人逮捕で福井出身の生い立ち高校や神主シンガポール在住の謎

この記事は4分で読めます

銅子正人アイキャッチ

毎月3%の配当が支払われるのあり得ない
うたい文句で全国の高齢女性をメインに
460億円以上もの大金を騙し取った詐欺事件。

そんな詐欺事件の容疑者がキングと呼ばれる
銅子正人容疑者です。

実は銅子正人容疑者は「銅子正人」「田中正人」
「king(キング)」の3つの名前を持ちます。

今回はそんな銅子正人容疑者の生い立ちや高校から
神主などの謎に包まれた経歴や実態について追ってみようと
思います。

Sponsored Link

銅子正人の架空詐欺容疑460億事件とは

今回異例の巨額詐欺事件として世間に注目されている
460億事件とは、投資関連会社
「テキシアジャパンホールディング」の経営者である
銅子正人容疑者が扇動して起こした詐欺事件です。

キング
「一口100万円出資すると、毎月3%の配当が支払われる」

といううたい文句で全国の約1万3千人を騙し
被害総額はなんと460億円。

主に50代以上の高齢女性がターゲットにされた
結果となっています。
詐欺事件

実はこの460億事件は、出資者が出資者を紹介する
ことで配当が増え、その勧誘の実績は序列と配当に
大きく関係するというネズミ講のような仕組み
なっていました。

なぜこのような詐欺に出資してしまったのか、と
気になる方は少なくないでしょう。

その秘密は出資者たちの善意につけ込んだもので
あったとされています。

出資金は事業投資だけでなく、震災などで大きな
被害があった地域の復興にも貢献しているという風に
信じてしまったのです。

出資金で困っている人たちを救うことができると
出資者たちは信じていたので、家族、友人、知人
にまで被害は拡大。

出資者たちの間では人助けをしながら毎月3%
配分があるおいしい話だという認識でした。

実態は集めたお金は配当へと回されており、まさに
自転車操業状態。

2017年の9月に配当が滞ったことで詐欺の実態は
公になりました。

銅子正人の生い立ち~福井出身の高校や経歴とは

事件の扇動者となったキングこと
銅子正人容疑者は福井県大野市出身です。

中学の特定には至りませんでしたが、中学時代は
福井県で過ごしたということがわかっています。

プロフィールを簡単に紹介しましょう。

氏名   銅子正人(どうし まさと)
生年月日 1977年5月2日(41歳)19年2月時点
出身地  福井県
現在地  大阪府大阪市淀川区(またはシンガポール)自称

その後、愛知県の中京高校へ、大学は大阪府の
阪南大学へと進学しました。

そして、銅子正人容疑者が注目されているのは
サッカーの経歴です。

中学時代は高校、大学時代はサッカー部に所属。

高校時代は天皇杯、大学時代は大学選手権に
出場、Jリーグからスカウトがくるという経歴の
持ち主です。

驚きなのはジュビロ磐田との対戦歴が
あるということ。

プロのサッカー選手になるという選択も十分に
ありえましたが、実際にはサッカーのトレーナーの
道へと進んだようです。

確信はないですが現在も50歳を超え現役選手として
活躍する「キングカズ」で知られる三浦知良選手の
トレーナーであったという噂もネット上では囁かれて
います。

それが由来となってキングと呼ばれていたとも
噂されています。

しかし、それだけのサッカーの実力と経歴がありながら
銅子正人容疑者は「カリスマ詐欺師」としての知名度の
方が高まってしまいました。

Sponsored Link

銅子正人の神主や歌手の実態

銅子正人容疑者には3つの名前があり、そのひとつが
「田中正人」といいます。
神主

この名前は神主としての銅子正人容疑者の異名です。

そんな銅子正人容疑者が神主を務めていたのは
群馬県渋川市にある大不尽魂神社ということが
判明しています。

そして、もうひとつの異名である「king(キング)」
は、歌手として活動する際に使用していた異名です。
歌手
パット見EXILEのATSUSHIを彷彿とさせるファッションに
サングラス姿が妙にハマっています・・・

今回の事件が発覚してテレビで何度も放送されて
いるので目にした方も多いと思います。

白いスーツに帽子をかぶった正人容疑者がカリスマと
呼ばれた理由が分からなくもない第三者から見たら
かなり異様な姿での聞いた事もない歌と踊り。

その活躍ぶりは本格的で2017年にはCDを出しており
かなり本格的に歌手活動も行っていました。

さまざまな名前を使い分けた銅子正人容疑者は
カリスマ詐欺師であり、神主であり、歌手であるという
驚きの実態が明るみになってきました。

銅子正人のシンガポール在住の謎

銅子正人容疑者の実態は謎に包まれたさまざまな
顔がありますが、詐欺被害にあった出資者たちは
銅子正人容疑者をシンガポール在住の億万長者であると
認識しています。

月収は8億円、東南アジアだけで8軒の自宅を所有
個人資金は1000億円以上であるという成功者っぷりを
アピールしていたといいます。

毎月3%の配当金の事を元気玉と言っていたとか
正直言って冷静に聞いているとおかしな言語ばかり
なのですが、実際被害者となった高齢女性らは銅子
容疑者のそうした”元気玉”と周囲が盛りに盛った億万長者
と言う派手過ぎるイメージを信用してしまったとの事。
事件背景
一応こんな感じで暴力団関係から元警察OBなど
早々たるメンバーに巨額配当詐欺の扇動者として
しょわれていた可能性は高いようですが・・・

知らない関係ないでは済まされそうにありません・・・

現金4000万円の投資をした名古屋在住の70代の
女性などは4000万円もの投資をして配当金が停止。

にも関わらず未だに銅子容疑者が、周囲のヤクザ
などに利用されたのでは~と信用し庇うようなコメントを
テレビでもされていた事に、銅子容疑者の洗脳の強さに
とても驚きました。

実際のところはまだ謎に包まれていますが出資者への
配当が滞ったということで、少なくともここ最近は
主張の信憑性は薄いでしょう。

Sponsored Link

おわりに

今回は、さまざまな異名を使い分けて全国の約1万3千人を騙した銅子正人容疑者について調べてみました。
「一口100万円出資すると、毎月3%の配当が支払われる」といううたい文句は、実際に2017年8月まで全うされており、出資者の被害は大きく膨れ上がってしまいました。
実際に利益があった出資者の方々の勧誘もあり、460億円もの被害額が発生した460億事件。
そのカリスマ性は、本当の意味で困っている方々を救うことができたんではないかと思います。
事件の全貌が明らかになり僅かでも被害者女性らに被害金額が返金される事を祈るばかりですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 矢野富栄アイキャッチ
  2. 高山正樹アイキャッチ
  3. 遠藤誠一アイキャッチ
  4. 池永チャールストーマスアイキャッチ
  5. 鳥山裕哉アイキャッチ
  6. 徳勝もなみアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。