竹井聖寿の生い立ち~両親は在日のセレブニートの過去エピが基地外そのもの

この記事は5分で読めます

竹井聖寿アイキャッチ

柏市連続通り魔殺傷事件で、その異常な言動
から注目された竹井聖寿容疑者の現在とは。

竹井聖寿容疑者は連行される際や裁判での姿に
異常性が見られ、類を見ない恐怖を感じさせて
世間を騒然とさせました。

自称セレブニートで精神疾患を持つ彼に影響を
与えただろう両親との関係や生い立ちについての
様々な悪評も追ってみようと思います。

Sponsored Link

竹井聖寿の柏市連続通り魔殺傷事件

2014年3月3日に起きた通り魔による殺人・傷害・強盗事件
「柏市連続通り魔殺傷事件」で、逮捕された竹井聖寿容疑者
(当時24歳)。

事件は死亡者1名、負傷者1名、被害にあった人間は他にも
2名は確認されており、事件はわずか10分程度の犯行でした。

3日午後11時40分頃、会社員や通りがかった男性4人を
次々に襲いかかり、そのうちの一人が死亡、1人が怪我
2人がナイフで脅され車や財布を奪われました。

刃物を持った男(竹井聖寿)は笑い声を上げながら倒れた
会社員の池間(いけま)博也さん(31)を刺し続けたという。

犯人は犯行中『ハハハ』と笑い声を上げたり、奇声を
上げたりしながら、牛刀のようなもので倒れた男性に
馬乗りになり、背中を何度も刺していた。

この事件2日後の3月5日に逮捕された竹井聖寿(24歳当時)
は強盗殺人の容疑で逮捕。

「お金を取る目的で人を刺したことは間違いありません」
と容疑を認めている。

naver:引用

被害者となり殺害された、池間(いけま)博也さん(31)
は、ほぼ即死の状態だったそうです。
逮捕

警察が竹井容疑者に任意同行を求めたところ
竹井容疑者は「チェックメイト」と声をあげたという。

竹井聖寿の生い立ち~父親は在日の兄弟も犯罪者?

竹井聖寿容疑者は平成2年生まれの当時24歳。

竹井聖寿容疑者にも、在日疑惑があるようです。

実は竹井聖寿容疑者は、季聖寿(イ・ソンス)という
もうひとつの名前があることが判明。

彼の日本名である聖寿は韓国語読みでは「ソンス」
と呼ぶそうで一般的な名前なのだそうです。

顔の作りもどことなく、という見解がネット上では
溢れていました。

そして、父親が1級建築士との情報から割り出された
人物と会社名が岡山のリフォーム会社の代表取締役と
取締り役に、竹井寿と竹井寿太郎の名がある事から
自身の子供にも自らの感じを多用することが多い在日
朝鮮人の特徴も相まって、両親では?

と噂されている。

現在はホームページが404 Not Found状態で
存在してないようです。

現在は彼は平成が終わろうとしてますが31年なので
19年3月時点で29歳になっていると思われます。

そうした背景からも竹井聖寿の出身地は岡山の可能性
が高いのかもしれません。

事件当時住まいにしていたのは、事件現場ともなった
千葉県柏市のマンションを住まいにしています。

事件当時から彼の異常さがニュースでもネットでも
話題になりましたが、それは、成人してからのモノ
ではなく幼少期から、既にその変貌を周囲には見せて
いたようです。

小学3年生で同級生をコンパスで刺して大怪我を
させたり、猫を食べたというエピ―ソード。

小学校の同級生によると、その異様さは極まって
いたようで、かなり狂暴な行動ばかり。

「スタンガン持ってたりとか、そのころからナイフ持ってたりとか」

小学生なりに、相当ヤバい人物として認定しており
同級生で家に竹井聖寿が遊びに来た時、

「いきなり竹井が家に上がって、ちょっとしたらスタンガンもっていて、それを見て『こいつスタンガン持ってる。ヤベェー逃げろ』みたいな感じで、みんなでわーっと逃げたみたいな感じ」

と、いうように、ヤンチャの領域を、軽く超える異常行動
で周囲の同級生にも当時から、危険人物として一目置かれる
存在だったようです。

このような行動が、竹井聖寿の普段の行いだったことから
当然トラブルも絶えず幼少期に3回の転向もしています。

少年院にも2回入っており、精神病歴も当然ながら
あったそうです。

学歴も、中卒で高校には進学してないようです。

ただ彼自身がニコ生でも答えていたり、逮捕当時の
警察への事情聴取によると、生活は1級建築士の父親
からの仕送りによって生活を送っており、祖父も不動産を
持つ裕福な家庭の出身だった事はおおむね間違いでないのでは~
と言われています。

ただ、このような異常行動が多く幼少期の頃から既に
両親の手に負えなかった竹井聖寿を、両親も既に
諦めの領域で、関係を断っていた可能性が高いようで
竹井聖寿本人も「両親とは不仲」と家族との関係を
話しています。

こうした幼少からの噂を知っただけでも、在日云々
以前に両親の手には負えなかったタイプだったのは
間違いないでしょう。

とは言え放置も問題ですが・・・

精神病院などで確保してもらうなどの、対応が
あれば、あのような悲惨な事件を起こさずに
済んだのではと思うばかりです。

Sponsored Link

竹井聖寿の過去エピソードは基地外そのもの

容疑者として連行される際に中指を立てて
「ヤフーチャット万歳!」と叫ぶ姿は多くの
メディアで取り上げられました。

法廷での奇行の数々はまさに異常者。

大声で尾崎豊を熱唱した後に

「検察官! 今のうちに死刑求刑しておけ! 俺は反省する気は一切ない!」

と叫び、無期懲役の判決が下されると

「これで将来、殺人ができる」

と大声で言い放ったといいます。

では、事件前の竹井聖寿容疑者の異常性のある
エピソードを見ていきましょう。

まずは竹井聖寿容疑者が少年院にいた
過去のエピソード。
判決
小学校時代の、猫を食べたや、学校のウサギを
締め殺した
というエピソードも小学生がやるいたずら
にしては度が過ぎたいたずらではないでしょうか・・・

やはりこの頃から既に狂人化していた可能性が大です。

少年院で竹井聖寿容疑者と同室だったという人間は

「仲間うちでは竹井のことを“レッドマン”と呼んでいた。普段は色白だけど、キレるといつも顔を真っ赤にして怒っていたから」

と語っています。

普段はおとなしい性格の竹井聖寿容疑者でしたが
キレると暴れるなどの奇行に走るため単独室の常連。

周囲の人間は竹井聖寿容疑者を警戒していたようです。

自称精神異常者である竹井聖寿容疑者ですが、精神異常者
という言葉では片付けられない問題行動の数々が目立ちます。

警察に逮捕された時の、「普段どんな事を考えているのか?」
の質問に、まさに絶句レベルの発言をしています。

「まずバスジャックをして、人質を取って、そして空港に乗りつけて、ハイジャックをして、東京スカイツリーに突っ込んで、社会に報復してやる」

どう考えても基地外としか言いようがありません・・・

竹井聖寿は完全無欠のセレブニート

竹井聖寿容疑者が「セレブニート」と称するのは
ニコニコ生放送のプロフィールでした。

リアル喧嘩凸大歓迎!!ついに伝説のニコ生王が生まれました。過去に類を見ない史上初の存在者となる事と存じ上げます。今の荒んだ時代を変えれるのは私だけと存知申し上げたいでございます。平和な世を作るべく私は悪を喧嘩で成敗します。例えるとするならば、幕末の動乱の世を変える平成の除悪連合軍を結成したいと考えております。世界征服ではなく、弱肉強食としての理論を持って私は時代は暴力と犠牲、災害などで反省をしていき、改善して行くものであると考えております。戦争がそのひとつでございます。誰かが犠牲になり、誰かが留まる、それが私の理論です。

私は現在、24才のセレブニートであります。父親が不動産・一級建築士です。祖父の土地も豊富にある為、働かずに生きていける環境は常に整ってはいます。 ところで彼女募集中です。悪を除くと書いて除悪と存じ上げます。車・バイク・武器マニアです。過去少年院2回入りました。悪を持って悪を制する信念と正義を持っております。リアル喧嘩凸上等・喧嘩・馴れ合い・相談・スカイプ凸上等なんでも自由でございます。現在は1人暮らしで千葉県柏市に住んでいます。親の仕送りで生活を賄っております。精神病の為、職業は休業させていただいております。中卒でもあり、社会復帰はまだ少々先となると思われます。
NAVERまとめ:引用

竹井聖寿容疑者の交友は主にインターネット上。

覚せい剤をやっていると言って注射器を取り出したり
隣人への嫌がらせ行為、動物虐待など、数々の異常な
配信を行っていたといいます。

自称完全無欠のセレブニートである竹井聖寿容疑者は

「神戸の連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗に憧れている。大阪で児童数人を殺傷した宅間守元死刑囚を尊敬している」

と語っており、世間に注目されたいという
思いが強く感じられますが、同時に完全に壊れている
人特有の手に負えない危険人物度の高さも際立った人物です。

28年3月の東京高裁判では、元からの精神疾患による薬の
副作用による異常行動の原因として心身喪失状態と主張した
弁護士の主張は通らず、無期懲役が確定しています。

Sponsored Link

おわりに

柏市連続通り魔殺傷事件の容疑者として逮捕された竹井聖寿容疑者の逮捕後の「ヤフーチャット万歳!」と奇声をあげ、法廷では大声で尾崎豊の曲を歌い出したり、奇行の数々は目に余るものでした。
無期懲役の判決が下った際には「これで将来、殺人ができる」と大声をあげたと言います。
ただ、その片鱗は今回竹井聖寿の両親との関係や生い立ちなどを追って分かりましたが、成長過程で可笑しくなったというより、元々幼少期から精神的な疾患に問題はあった要注意人物であった事実です。
両親が、もし、しかるべき対応(精神病院)に入れるなどを行って居れば、何の罪もない被害者が出なかったと思うと悔やまれて仕方ありません。
被害者の池間さんのご冥福を祈るばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 勝又拓哉アイキャッチ
  2. 池永チャールストーマスアイキャッチ
  3. 徳勝もなみアイキャッチ
  4. 足立朱美アイキャッチ
  5. 林真須美アイキャッチ
  6. 小林竜司アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。