星島貴徳の生い立ち~両親を殺す!足の火傷が狂人への始まり

この記事は6分で読めます

星島貴徳アイキャッチ

東京江東区で起きた凄惨な事件の犯人として
現在も無期懲役の罪で服役している星島貴徳。

新築マンションで起きた世間を騒然とさせた
張本人の星島貴徳という男の生い立ちを追うと
その異様な家族関係が浮かびあがってくる。

生い立ちにある大やけどが元で両親を殺したい
とまで恨んだ星島貴徳の鬱積とした思いを家族の
誰もが知る事はなかったのか?

星島貴徳のサイコパスな事件のきっかけとなった
モノに実家の家族との関係も追ってみよう。

Sponsored Link

星島貴徳の江東マンション神隠し事件

2008年4月18日夜に東京都江東区にあるとある
マンションで起こりました。

同じ階に住む被害者女性東城瑠理香(当時23歳)
を狙った事件で、帰宅する会社員の女性を部屋の
近くで待ち伏せし、自宅の扉が開かれたと同時に
被害者宅に侵入しました。

マンションで被害者女性の東城瑠理香さんは
3姉妹で暮らす中妹が、故郷の長野に帰った事
から姉との2人暮らしをしていた中の事件だった。

当時このマンションんのフロアには東城さん姉妹ら
と犯人の星島貴徳の2組しか住んでなかったそうです。

その為、入居者がおらず1/3は空室で被害者宅の
両隣も空室という状況でした。

突然の暴漢に勿論、東城さんは激しく抵抗しましたが
周囲に気付かれるのを避けたい星島は女性の頭部を全力で
殴り自室に連れ帰ります。

そして逃げ出さないように身体を縛りそのまま
寝かしておきました。

ですので元から犯行が気付かれにくい環境にあ
ったわけですね。

もし一人暮らしをしていたら事件の発覚はもっと後に
なっていたかもしれませんが、被害者女性には一緒に
住んでいたお姉さんがいました。

彼女が室内の荒れた様子がいつもと違う事に気が付き
被害届を提出します。

もう少し事件発覚が遅くなるだろうと慌てた星島は
監禁していた女性の首に刃物を刺し殺害。

その後身体を少しずつバラバラに切り刻み下水に
流したり冷蔵庫の中に入れる等証拠の隠蔽を図りました。

任意の家宅捜査で遺体の入った箱を大胆に示し中身を
確認させるのを防いだり、任意の指紋採取でも自分だと
分からないよう皮膚を荒らしていたようです。

そんなことがあり捜索は難航しましたが、後に皮膚が
再生したことや彼の部屋にあった血痕と遺体のDNAが
一致したことが決め手となり同年5月25日に逮捕されます。

事件の発端は容疑者星島貴徳の被害者女性を性奴隷に
するという何とも歪んだ衝動から起きた事件で世間に
衝撃を与えた事件です。

犯人の星島貴徳を、異様な衝動に駆った背景には
どんな生い立ちがあったのでしょうか・・・

星島貴徳の生い立ち~税理士の父親に政治家の祖父

星島は生まれ故郷である岡山県で幼少期を
過ごしてきました。

兄弟には妹がおり、後に実家を出て就職した後も
唯一家族として関係があったのは、この一人だった
と言われています。

それ以外の家族とは孤立無援だった星島貴徳の事件の
背景にある家族や税理士をしていた父親との関係も
この事件への関与がなかったとは言い難い生い立ちが
陰を落としています。

理数系科目が得意な彼は常に好成績を修めていたので
この頃からそれなりに頭が良かったことが推測出来ます。

両親とは何故か折り合いが悪く厳しく育てられたそうです。

そんな彼の父親は税理士そして祖父は政治家という
家系ですから、彼も一家の一員として相応しい教養や
行動を求められたのかもしれません。

因みに母親の職業は現在のところ不明ですが、星島が
逮捕された時は泣き崩れていたそうです。

ですので少なくとも母親に関して言えば息子のことを
一番思っていたんじゃないかなと思います。

さて理数系が得意な彼は地元にある情報処理系の高校に
進学し、大手ゲーム会社のセガに就職します。

ところが実際に配属されたのはゲームセンターの店長
理想と違う現実に戸惑ったのか退職してしまいます。

彼が進学した高校は分かりませんが、もっとレベルの
高い学校に行っていればとそういった後悔もあったの
かもしれませんね。

そして事件当時まで勤めたコンピューター会社に
派遣社員として入社します。

この会社は業務請け負いの個人事業主という形ですが
会社から毎月50万円程の給料をもらっていました。

これを見ると仕事の鬱憤が犯行動機ではなさそうなので
下の段落で生い立ちについてもう少し詳しく見ていきたい
と思います。

星島貴徳の生い立ち狂人の始まりは幼少期の足の火傷

星島が幼少期に厳しく育てられたことは前述しましたが
一番トラウマになっているのは足にある大火傷の跡だと
思います。

それはある日まだ当時1歳だった彼が遊び半分で猫を
追い掛けていた時に起こりました。

追っていた猫がお風呂に入ったのを見た星島は自分
も中に入ります。

その時お風呂の蓋に乗ったら蓋が外れそのまま熱湯の
中に落ち足に大火傷をしてしまいます。

赤ちゃんの頃だったのでそれはもう大変な火傷のようで
後々までケロイド状の跡が残るようなものだったと
言われています。

それを知った父親の行動は、嫌がる息子を無視して
普通では考えられない行動で、コンプレックスを克服
させようとします。

父親としては、そんな火傷ぐらい気にするなと言うように
しつけと称し本人の意志を無視しわざと、半ズボンを
強要。

父親の思考も分からなくもありませんが、それにしても
激しく嫌がっただろう息子の意思を尊重する配慮があっても
良かったはずです。

隠したい脚の大やけどを隠せない星島は他人から足の
火傷の跡を見られ変なふうに思われるのが嫌だったそうです。

イジメは小学校低学年の頃からあったようで同級生からは
かなりの精神的苦痛を味わったことを明かしています。

それに加え父親に相談しても、そんなことで泣くなと
怒られるばかり。

そんなことを経験しどうやら彼は自分の脚の火傷にはかなりの
コンプレックスを持っていたようです。

この時の苦い経験は後に彼を狂人へと駆り立てて
いった可能性は高いです。

Sponsored Link

星島貴徳の性癖と四枝切断のイラストが意味するもの

足に負った大火傷が酷くその為に学校でのイジメの対象に
されたりしたことで最大のコンプレックスとなった彼は
そのことで現実の女性達に気持ち悪がれていると勝手に
思うようになります。

「自分の足の悪口を言わない女性がいい」と事件の
裁判では供述していますが、実際は何があっても
自分を好きでいてほしい自分の命令には何でも
従う女性を求めていたようです。

星島はSNSやフリーマーケットで女性の四枝切断又は
四枝欠損のイラストを出しています。

コンプレックスが元となり、徐々に大きくなった彼の
歪んだ妄想は絵という方法で表現されていったのですね。

アニメやアダルトビデオを見るのも好きだった彼は
現実にはいないような女性を作り上げようとします。

現実世界では女性は様々な考えを持ち相手をどう
思うかも自由、相手に理解されたければ自分が
変わらないといけない。

幼少期のトラウマからこういった思考をすること
が麻痺していたのでしょうか。

そうした妄想・現実逃避を積み重ねてきた結果、自分の
思い通りになる女性がいないなら拉致し強姦して自分の
性奴隷として虜にすればいいと考えるようになります。

結局女性に対する異常な妄想は残酷なシーンが描かれた
[絵]で止めることは出来ず、あのような悲惨な事件を
引き起こしてしまったのでしょう。

星島貴徳の事件後「両親を殺す」発言が闇

両親からは子供に対する愛を持って育てられなかった
ように思えますね。

寧ろこんなことは出来て当たり前だと常にに厳しく
しつけられてきたのでしょうか。

主に辛く当たったのは父親で母親は特に助け船を
出さず、何かあれば父親に報告していたようです。

星島が両親を憎んでいる最大の理由はやはり幼少期に
負った脚の火傷の跡が切っ掛けだと思います。

父親が、コンプレックス克服の為に何も隠す必要が
無いと、脚の火傷を隠す事を否定し続けられた彼に
とって、両親の想いとは裏腹に、猛烈にこの当時の
両親の脚を他人に見せる事の強制を恨んでうたようです。

それが証拠に、事件から1ヶ月後逮捕され公判が始まった
3日目の証人尋問での質問に、

「両親に対して、事件の前どう思っていたか?」

そう質問された星島貴徳はハッキリとした口調でこう
質問に答えています。

『殺してやりたい程にくい、いつかは殺そうと思っていた』

理由は
『私の脚(火傷)をかばってくれなくて』

『火傷の跡が無ければ普通に人付き合いも出来ていたと思います』

こう供述しています・・・

如何に彼にとって、幼少期の頃の脚の大やけどを他人に
晒す事に抵抗があったのか?それを晒せと言わんばかりに
半ズボンを強制で着用させた両親を恨んでいたかが分かる
回答だと思います。

とは言え東城瑠理香さんを性奴隷にして殺害、遺棄した
事とは全く関係ない過去であるが・・・

普通に心配して相談に乗っていたりしていれば、こんな
狂人にならず「両親を殺す」という発言も出なかったかも
しれません。

東京に上京してから2回しか両親と顔を合わせて
いなかったことから流石に両親のことは忘れると
思いますけどね。

でも彼にとっては火傷の跡を見る度に憎い両親の
顔が浮かんできたわけですね。

相当歪んだ思考が長年の鬱積した半生の中で
こびりついてしまったのでしょう。

それにしても、何の落ち度もない被害女性への身勝手
な妄想で起こした事件を到底容認することはできません。

息子にここまでハッキリと「殺してやりたい」と言われた
父親は今何を思うのでしょう・・・

もう少し息子の性格や性質に寄り添って考えて話を
聞いてやる事が出来ていたとしたら・・・たられば
を言っても仕方ありませんが、被害者女性の事を思うと
思わざるを得ない悲惨な事件です。

その後、星島貴徳の懲役は無期懲役で確定されています。

Sponsored Link

おわりに

高校卒業後、事件までの期間15年もの期間があったにも関わらず両親と2度しか会わなかった星島貴徳の事件の背景には、生い立ちにある幼少期に負った脚の大やけどと、それを庇わなかった父親や母親への恨みから卑屈な思考となっていった星島貴徳の背景がありました。でもどれ程大きなコンプレックスがあろうと、それらをモノともせず、克服して、人生の伴侶なり恋人なりを見つける人は五万といます。星島貴徳の脚への生い立ちも悲惨とも言えますが行った犯行の動機には全くつながらず、被害者となった東城瑠理香さんのご冥福を祈るばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 久保木愛弓アイキャッチ
  2. 石橋和歩アイキャッチ
  3. 植松聖アイキャッチ
  4. 小島一朗アイキャッチ
  5. 菊地直子アイキャッチ
  6. 佐藤一麿アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。