木嶋佳苗ベットテクニックに名器?美声と字は魅力の自意識過剰の謎

この記事は5分で読めます

アイキャッチ木嶋佳苗

木嶋佳苗死刑因が何だかここにきて存在感を増して
話題となっています。

2009年の逮捕後より、拘置所日記やブログなどの執筆
でも常に話題の木嶋佳苗死刑因が3度目の結婚相手となる
夫が週刊新潮の敏腕デスクだと話題です。

ベットテクや自ら発言した名器など、常々自己評価の
高さで話題の木嶋佳苗死刑因。

美声や、美しい字の筆跡から見える自意識過剰は本物
なのか3度目の獄中結婚をして未だ世間を驚愕させる
木嶋佳苗死刑因の今を追って見ようと思います。

木嶋佳苗のベットテクより名器な名言が強心臓!

2009年の首都尾見連続不審死事件で逮捕されてから2015年
死刑確定までの間の法廷で、常に話題となった木嶋佳苗
死刑因の見た目からは想像の付かない性のテクニックが
話題になりました。

言葉巧みに男達を誘導して、性的テクニックの手練手管で
男達を騙してきた木嶋佳苗死刑因ですが、法廷の発言の中で
世間を驚愕させた言葉がこちらです。

「テクニックというより、本来持っている機能が高いと褒められた」

「セックスによって長時間快楽を持続させながらトリップすると言う世界観を大事にしてきた」

と、物凄い自己評価と、関係を持った男性からの自画自賛を
そのまま(事実だとしても)ストレートに受けてプラスへと
消化している事が分かる発言でしょう。

彼女の過去の生い立ちを辿っても、何故だか相当にマセて
いたようで中学時代には、今でいう援助交際紛のことをし
高校生の頃には交際していた40歳代の男性の指示で、窃盗
行為
を行っていた木嶋佳苗死刑因。

こうした過去からも、異性との性行為やベットテクニック
を利用して数々の男性と真剣な結婚を匂わせて金銭を騙し
とって、殺害に至った木嶋佳苗死刑因。

高校卒業後に地元北海道から上京し、東洋大学に入学するも
学費を遊行費にあてるなどして、未納となり除籍処分に
なったそうです。

このころから風俗店でアルバイトをしてたそうです。

性を武器に金銭を要求することに何の抵抗もなかった
のでしょう。

彼女の拘置所日記を元に発行された小説はまさにポルノ小説
と言われ、木嶋佳苗死刑因の自伝として語られた、これまでの
半生が恥ずかしげもなく綴られているそうです。

その著書の中でも木嶋佳苗死刑因曰く、

初体験からセックスの喜びを感じ多くの男性からの引手数多
だったこと、そして極めつけは、

『私は18歳からモテるのが当たり前として生きてきました』

こうハッキリと自信を持って言い切っているのです・・・

呆れてモノが言えないと思いつつ、実際の所指1本触れられない
だろう拘置所内での3度目の婚姻関係に至ったという事実を
考慮しても、名器と言うのも、あながち嘘では無いのかも?と
思えてくるから不思議で仕方ありません。

木嶋佳苗の母親の死刑確定後の発言に驚愕!

木嶋佳苗が2009年に発覚した結婚詐欺・首都圏連続
不審死事件。

木嶋佳苗は弟1人と妹2人の長女として、父親は行政書士
と大学委員を兼業で、母親はピアノ教師という環境で
比較的裕福に育ってきたようです。

幼少の頃から、品の良い女性になる為教育を施されていて
勉強においても優秀だったそうです。

しかし、父親は子供に手を上げるDⅤ癖があったとも
いわれています。

彼女の母親は教育テレビ以外の番組を禁止するなど
厳しくする「教育ママ」だったそうです。

そんな木嶋佳苗の父親は既に、この首都圏連続不審死
事件以前の2005年に自らが運転する自動車事故で崖
から転落し帰らぬ人となっています。

噂では、この父親の事故も、連続不審死事件以前にも
立て続けに逮捕されていた娘の木嶋佳苗の事件のショック
から自殺したモノと言われています。

そして、この世間を驚愕させた事件で死刑判決となった
木嶋佳苗に、残された母親が娘の逮捕と死刑確定後に
近所の知り合いに答えた発言がこちらになります。

「すぐに死刑になるわけじゃない。裁判はまだ続くから5年や10年は大丈夫」

と話しており、これだけの罪を犯しても、親としての
責任全く感じておらず、どこまでも他人事のような
感覚です。

また、兼ねてより、娘の木嶋佳苗が東京で何をしてると
発言していたのか定かではありませんが、常々周囲の人に
娘の事を

『東京で大きな事業をしている』と自慢していたとの
報道もありました。

木嶋佳苗死刑因の母親もまた、プライドが高く、同級生の
証言によると「自分は天才!」と思っていたようです。

この異様な発言は娘の木嶋佳苗同様かなりの強心臓!

確かに日本の法制度ではすぐに死刑にはしませんが
この返しは結構ビックリです。

殺人事件だと思っていましたが根本は恐らくもっと
根深く、やはり避ける事の出来ない親子間の力関係や
信頼関係の危うさを感じる木嶋佳苗親子。

とは言え犯した罪はあまりにも重く早期執行を願った所で
何も胸に響く事はありませんが・・・

彼女もまた名器ではあっても不幸な女性だったのかも
しれません。

木嶋佳苗の魅力は美声と字が凄いらしい!

不思議過ぎる木嶋佳苗の魅力は、当然ながら顔やスタイル
ではない事は、明らかですが、その中でも、逮捕後数々の
取材陣からの面会で木嶋佳苗自身と会話してきた人物が口を
揃えていうのが美声と言われています。

生まれ持ったものなので変えることはできませんが
木嶋佳苗はその声がとても美しかったと言われています。

声で男性たちを魅了していたと言っても過言ではない
ほどのものだそうです。

その例えが、どう想像したら良いのでしょうか?木嶋佳苗
死刑因の声は鈴が鳴るような美しいソプラノの声だと言われて
います。

そのうえ、しゃべっている言葉全てがあえぎ声に聞こえて
しまうくらいに甘い声だそうです。

そして、高い教育と彼女の強固な自信に裏打ちされている
とも言えるが、確かに素晴らしく達筆です。
字

少々癖がある字ですが、どう見ても、あの巨漢と自身の名器
を武器に男を手玉にとって6人の殺害と2億円近い大金を手に
いれてきた女性とは思えない程の達筆な字
であり、図らずも
強い知性を感じざるを得ない強く美しい字を書いているのです。

木嶋佳苗の100日裁判傍聴記「毒婦。」を発行さえている
コラムニストの北原みのりさん曰く、木嶋佳苗の仕草は
とても優雅だとも言われています。

帯には「ブスをあざける男たち~」とあり何ともリアル・・・

木嶋佳苗のモテの要素を知りたい方は「毒婦」面白い
らしいです・・・

そして当然ながら、拘置所日記や今回話題となった3度目の
夫となった週刊新潮の敏腕デスクとは、文筆での数百にも
及ぶやり取りがあったとのこと・・・

名器は試せずも、それらを想像の領域で満たされる程の
美声と美しい字と、高い文章力に、逮捕後結婚した3人の
男達も落ちてしまったのかもしれませんね。

個人的に見ても、なかなか迫力のある達筆な字で
彼女の迷いの無い自画自賛も、この字だけを見れば
納得できる気さえしてくる程だから恐ろしいです・・・

木嶋佳苗の自意識過剰の謎!

「手に職を持っている自立している女」「料理がうまい」
名器の、この3点が木嶋佳苗の自意識過剰だと思います。

・手書きの美しい筆跡にやはり強烈な自意識を感じます。

「ル・コルドン・ブルー」(有名料理学校)に通い
腕を磨いたそうです。

過去には「かなえキッチン」という料理ブログを運営
していて、多額の大金を男達に貢がせた金で高級食材を
使った手料理等を載せていました。

とは言え、このビジュアルで6人の男性を翻弄し殺害に
到り、名器を武器に2億近い大金を手に入れ、死刑確定後も
3人の男達と婚姻に至った木嶋佳苗死刑因。

この事実から見ても、木嶋佳苗死刑因は自意識過剰では
無く、本当に魅力的な魔性の女、なのかもしれませんね。

塀の中では指1本触れる事は出来ないのですから。

そして既に彼女は、いつ死刑執行されてもおかしくない
死刑を待つ身の死刑因なのですから・・・

まとめ

木嶋佳苗死刑因の魅力はビジュアル以外の性的発想と、自身の発言から言われる名器と言う、少々理解不能な男女の理屈では分からない魅了を行使して多くの男性を虜にしてきたのが理解できました。
とにかく自己評価の高さと、目的の為には手段を択ばずの姿勢で、数々の男性を手掛けてきた木嶋佳苗死刑因、褒めるのが上手いのも美声なのも、強靭な性格を表す美しい筆跡からも、彼女の魅力を表しているのかもしれませんが、やはり3度目の婚姻に到った今話題のニュースを見ると、男と女は理屈では無いというのも間違いでは無いのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山田浩二アイキャッチ
  2. 松永太アイキャッチ
  3. 息子
  4. 久保木愛弓アイキャッチ
  5. 神田司アイキャッチ
  6. 外尾計夫アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。