島根女子大生死体遺棄事件!矢野富栄の生い立ちと母と事故死の最後

この記事は6分で読めます

矢野富栄アイキャッチ

2009年に発覚して世間を驚愕させた事件。

島根女子大生死体遺棄事件の犯人として被害者の遺体発見から僅か2日後に、自殺したと考えられる矢野富栄。

地元でも美人と評判だった母親と事故死した容疑者矢野富栄の生い立ちや事件の背景に、彼の弟のその後など、謎に包まれた島根女子大生死体遺棄事件の全貌とイケメンでもモテなかった矢野富栄の過去を追って見ようと思います。

Sponsored Link

島根女子大生バラバラ事件概要

島根女子大生バラバラ事件とは島根県立大学1年の平岡都さん「享年19」が殺害され遺体をバラバラにした上で山中に遺棄された事件です。

昨今では殺人及び死体遺棄事件というのは珍しくなくなっていますが、あまりにも発見された遺体の損傷が激しく目も当てられない光景だったそうです。

こうしたことから世間に注目されたこの事件の犯人は矢野富栄「やのよしはる〔当時33〕」という人物です。

島根女子大生バラバラ事件の被害者平岡さんの遺体が発見された時、それはもう見るも無残にバラバラにされた状態でした。

顔は殴打されたような跡があり首には絞められてかきむしった跡、その首は切り取られておりとても人間の所業とは思われないことで世間から注目された事件です。

母親
被害者の平岡都さんは真面目で成績優秀な大学生で、画像を見る限りとても人から恨みを買うような人物には見えず小柄で笑顔が可愛らしい女性でした。

どういった経緯で平岡さんと知り合ったのかは分かりませんが、矢野は当時出会い系サイトで恋人を募集していたという情報があります。

恐らくこの辺りで知り合ったかまたは全く面識のない女性を狙ったのかどちらかだと思われます。

平岡さんが行方不明になったのは2009年10月26日の21時間頃でした。

アルバイト先のショッピングセンターを出たところまでは防犯カメラに記録されていますが、それ以降大学の寮までの道すがらとこにも彼女の姿は目撃されていません。

人通りが少なく夜になると真っ暗な帰り道、このどこかで犯人の矢野は待ち伏せしていたのでしょうか!?

そして11月6日から19日までの間にアルバイト先から比較的近い場所にある臥龍山で、平岡さんのものと見られる頭部を筆頭に、胴体・足首・爪・肉片などが見つかりました。

前述しましたが胸部は刃物でえぐり取られ、胴体全体は焼かれた状態の、およそ人間ではなく別の生き物がやったような惨たらしい光景だったのだとようです。

未解決事件から矢野富栄犯人と発覚するまで~

2006年に発生した島根女子大生バラバラ事件は2016年までの長きに渡り犯人が誰だか特定出来ませんでした。

何故これだけ長い間分からなかったのかを考えると有力な手掛かりが少なかったことが挙げられます。

事件発生時に平岡さんの帰宅ルートには複数の防犯カメラがありましたが、犯人の姿はそのどれにも映っていません。

目撃情報として有力だったのは勤務先近くによくいたという白い自動車でした。

しかし犯人の顔や連れ去る様子までは目撃されることはありませんでした。

その後、被害者の物と思われる靴が発見されるも本人の物か判断出来ず、なかなか進展しない捜査に業を煮やした警察は有力な情報には懸賞金を掛け更には1万1千枚にも及ぶビラを配り情報提供を呼び掛けました。

それでも犯人逮捕には結び付かず2012年には公訴時効を迎えるも、警察による懸命な捜査は続きます。

そして2016年遂に犯人を特定するに至りました。

直接の被害者となった平岡都さんの死因が特定されたのは、矢野富栄の知人から警察に提供された、被害者平岡都さん殺害中の画像提供がデジカメやUSBから発覚。

57枚にも及ぶ遺体切断画像は矢野富栄の実家の浴槽での犯行現場である事が判明されています。

事件後、既にこの世の人では無くなっていた、矢野富栄が犯人だと分かった理由は前述した白い車で現場付近にいたことは確かでした。

当時は事件とは無関係だと判断されてしまったようです。

また過去に強制わいせつ罪の前科があったことも、矢野に繋がる判断材料になったようです。

Sponsored Link

矢野富栄の生い立ち~

このような残忍な事件をお越した矢野富栄ですが、彼が何故凶行に走ったのか生い立ちから考えてみたいと思います。

矢野は1976年山口県下関市神田町で生まれ、中学・高校と成績優秀でスポーツも出来る真面目な生徒でした。

実家は米屋を営む商売屋でしたが、米屋だけでは生活が苦しくその後クリーニング店の兼業を営んでいたそうです。

ただ出生はともかくこの山口県、下関の中でも矢野富栄の実家である神田町は下関のコリアタウンと呼ばれる程、在日朝鮮人が多く住む地域だったとも言われています。

事実彼の実家の近所には朝鮮学校もあるそうです。

だからどうだとは言いませんが、一応、在日韓国人の人口密度が日本一と言われてる地域に矢野富栄が誕生している事も彼の出生に関係あるのかもしれません。

在日だろうと日本人だろうと、もはや関係ないレベルの犯罪内容ですが・・・

ただ、そうした出生とは関係なく見た目と学業も優秀だったらしく矢野の当時は相当優秀でイケメンだったようです。

小中学校で同級生息子を持っていた母親曰く
「うちの子が嫉妬するぐらい勉強ができ、目鼻立ちのはっきりした二枚目だった」

らしいです。

矢野の父親は事件の2年前病気で他界して、母親が一家の大黒柱として矢野家を切り盛りしてましたが、矢野富栄と同じく近所でも美人で評判の女性だったそうです。

矢野富栄には弟が一人。
実家
事件当時既に、容疑者だった矢野も33歳でしたので、当時の弟さんの年齢は分かりませんが当時実家の米屋の近所で美容院を経営していたそうです。

でも兄が容疑者として島根女子大生死体遺棄事件の犯人と発覚した後、店をたたんで行方不明の状態らしです。

高校では陸上部で活躍していましたが、スポーツが出来るからといって活発な性格ではなく大人しく落ち着いた雰囲気だったそうです。

彼の顔写真を見ると目がくりっとして顔立ちが整ったイケメンですね。

そうなるとさぞかし女性にモテるのかと思いましたがどうやら前述した性格もあってあまり異性と交流を持たなかったと言われています。

性格的に硬すぎて全くモテなかったと同級生は証言しています・・・

やはりモテとは顔だけでは無いのですね・・・

矢野は高校卒業後自衛隊への登竜門である防衛大学を受験し合格します。

レベル的にもそう簡単には入ることが出来ない大学で母親も喜びますが、合格を辞退し九州の何処かにある国立大学に入学しました。

折角防衛大学に入れることが決まっても辞退したということは、余程自分がやりたいことがあったのかもしれません。

ところがこの国立大学も、またも中退してしまった矢野はしばらくの間バンド活動をやっていました。

特にドラムの腕は素晴らしくプロドラマーとして活躍したとも言われていますが、この辺りは正確な情報がなくあくまで噂になります。

仮にこれだけの腕があればバンドで食べて行くことも出来た可能性もあります。

それでも、その道から遠ざかったのは自分の意思ではないのに身体の一部が反応してしまうという「フォーカルジストニア」
に掛かっていたからだそうです。

聞きなれない、このフォーカルジストニアと言う病名は音楽科等に多く発症する病気で原因不明。

別名、局所性ジストニアとも言われ、音楽家に多く見られるが、一定期間内に指を繰り返し動かすことが原因と考えられているそうです。

その後ソーラーパネルの設置営業をしていたという矢野は、多くの一般家庭を周りパネルを設置しないかと必死に駆けずり回ります。

新規の飛び込み営業だととにかく契約を獲得するのが全て、恐らくこの辺りからストレスが溜まっていったのでしょうか・・・

それに加え出会い系サイトで積極的に恋人を募集していたのにも関わらず、口数が少なく面白味に欠けた矢野はあまり女性から好感を得られなかったといいます。

こうしたことが重なりストレスになって事件を引き起こした可能性もあります。

矢野富栄の母と事故死の最後

性犯罪の前科があったことや現場付近に白い自動車が目的されたことで、矢野が犯人だと特定されました。

ただ肝心の容疑者であり、事件の全貌を知る犯人の矢野富栄自身が既に、事件発覚時の2日後にはこの世にはいない状態でした。

矢野は事件後罪の意識からか、取り返しのつかない事件を起こしたという事実は理解出来たようで事件発覚後、直ぐに交通事故を引き起こし、この世にいませんでした。

遺族にとってはやっと犯人が見つかって罪を償ってもらおうと思った矢先の出来事です。

行き場のない怒りをどこにぶつけたらいいのか大変苦しんだのだと思います。

彼が亡くなった時、運転していた自動車の車内には母親も乗車していました。

この事故は避けられないものだったのか疑問に思う部分もあります。

走行中にガードレールに何度もぶつかり停車した後、炎上し出火した車内から二人の遺体が発見されたそうです。

平岡都さんの遺体頭部発見が2009年11月6日で、矢野富栄とその母矢野貴美子の焼死体は同年同月の11月8日に焼死体となって車上炎上の交通事故として処理されています。

ところが他の車とぶつかった形跡もブレーキををかけた様子もなかったそうです。

そして母子二人で出かける時に、事件の2年前に病死した父親の墓参りに行くと告げて出かけたそうです。

父親の墓前で、もしかしたら容疑者の矢野が母に事件を告白し、自首を勧めるも、その後自暴自棄になり母親を道連れにして自殺をした・・・

そう考えるのが自然ではないでしょうか・・・

遺体発見から、僅か2日後の容疑者矢野富栄と、その母同乗の自動車事故は、恐らく矢野富栄の最後の最後に犯した罪だったと考えられます。

矢野富栄の母親は、矢野富栄の整った顔立ち、そのままを生き写しにしたような美人の母親だったそうです・・・

首謀者が事件後死亡と言う事で、真相は明らかになっていませんが、自らの想う人生を歩めない事を他人にぶつけて全くの罪の無い大学生である若い平岡さんを無残にも殺害して母親道連れで自殺した矢野富栄の罪は死んでも償う事は出来ないでしょう。

Sponsored Link

星島貴徳の生い立ち~両親を殺す!足の火傷が狂人への始まり
中川真理紗の生い立ち~市営住宅育ちの虚言癖パパ活美容整形と
三橋歌織の生い立ち~渋谷エリートバラバラ事件の経歴に風俗嬢の闇

おわりに

世間を震撼させたこの事件を引き起こした矢野富栄が何故犯行に踏み切ったのかは分かりません。しかし殺害された平岡さんや遺族の無念を思うとこのような事件を防ぐ手立てはなかったのかと思ってしまいます。いつの時代も壊れたモンスターの被害になる何の罪も無い女性が居る事に恐怖を覚えつつ、やはり人間が1番恐ろしい存在なのだと思わされる事件の一つだと思いますね。獣にも劣るとは、まさにこのこと。被害者となった平野都さんのご冥福を祈るばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 須藤早貴アイキャッチ
  2. 大久保諭一アイキャッチ
  3. 安楽死
  4. 佐藤喜人アイキャッチ
  5. 山根明アイキャッチ
  6. 長久保浩二アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。