岩崎隆一の生い立ち~川崎通り魔事件自害の数奇な過去と精神障害の闇

この記事は4分で読めます

岩崎隆一アイキャッチ

またも悲惨な事件として世間を騒然とさせた
川崎通り魔事件の加害者岩崎隆一。

彼は、朝の登校事件を狙ったような時間帯
にカリスタ小学校の児童17名と大人2名を殺傷。

既に罪の無い児童1名と大人1名が死亡し、本人
までも事件後自害と言うあり得ない状態です。

川崎市麻生区の自宅も発覚した岩崎隆一の生い立ちと
何故彼がこのような事件を起こし自害を選んだのか。

精神障害の可能性も含めて事件の背景と生い立ちを
追って見ようと思います。

Sponsored Link

岩崎隆一の川崎通り魔事件

またも起きてしまった無差別殺人事件に、加害者
男性の岩崎隆一が事件後自害と言う最悪の結果を
持ち、事件の解明が難しくなった今回の川崎通り魔
事件を紹介します。

令和を迎えて既に1ヶ月の月日が経とうとする
5月28日午前7時30分から40分辺りに神奈川県
川崎市の登戸駅付近で女児を中心とした子供や
大人を含む18人が岩崎隆一の鋭利な刃物によって
殺傷されました。

既に被害者として小学6年生の女子1人と39歳の
子供を送りに来ていた男性1人が心肺停止で近隣
病院に搬送と時を同じくして死亡しています。

現在も40代の女性1人が重症。

小学生の女児2人も重症との事。

その後無差別に18名を殺傷した加害者の岩崎隆一氏
は、18名を殺傷した後自らの首を切り付け病院に
運ばれるも死亡しています。

その死亡した人物こそ、岩崎隆一の今朝の事件の
加害者51歳の地元川崎市麻生区に住む51歳の男性
だと特定されています。

岩崎隆一の生い立ち~数奇な半生

事件当日の5月28日時点で51歳だった容疑者の
岩崎隆一は、近隣住民によると、小学校を上がる
前の幼稚園か保育園辺りで叔父夫婦に引き取られ
その幼少から思春期を過ごしたそうです。

叔父夫婦に引き取られた理由は、両親の離婚。

両親離婚が原因で叔父夫婦と当時は祖父母と叔父
夫婦の従妹2人との暮らしだったそうです。

だが両親離婚が原因で叔父夫婦に引き取られた事から
同居する祖父には相当厳しく育てられたとか。

その子育ては周囲から見ても相当厳しく
「よく叱られたり、外に締め出されたり、かなり厳しくやられていた」

そして祖父から見た叔父夫婦の実子2人と、岩崎隆一は
端から見ても区別されて育てられていたとの証言が
ありました。

また岩崎隆一が最後まで住んでいた叔父夫婦の自宅から
3駅先の今回の事件現場となったカリスタ小学校がある
現場を選んだ理由に、従妹のお姉さんがカリスタに通って
いたとの証言がありました。

叔父は実際の父親の兄弟で、会社員で、叔母は専業
主婦として家族3人で事件当日も暮らしていたそうです。

近所の人曰く、
当時、小学校入学前とあり、当然まだあどけない幼い
子だった記憶を持たれており端から見ると複雑な環境
で育った子と
いう印象が強く残っていたようです。

ただ、その本人像は子供の頃から、”勝手に近所の家に
入り込み金魚鉢を覗くような変わった子”
と言う印象も
持っていたようです。

単純に、子供らしい明朗なイメージとは違い、どこか
寂し気で、風変わりな行動をする一面は当時からあった
と言うのが岩崎隆一の幼少期から見て分かります。

そんな彼も同近隣住民曰く十代後半で家を出たらしく
恐らくは高校卒業と同時に家を出て単身で生活を送って
いたが、近年実家(叔父夫婦)の家に戻ってきていた
との事。

ただ自宅にはあまり帰宅せず、それほど生活観のある
暮らしぶりではなかったようですが、事件の数日前に
岩崎隆一容疑者を見た人曰く一人で買い物から帰宅する
姿を見たらしいです。

すっかり白髪頭になって、猫背になりながら歩いて
いった、との事・・・

現在も80代となった叔父夫婦と一緒に3人暮らしで
川崎市麻生区多摩美の一軒家で暮らしていたとの事。

一体彼は何を想いこの、事件までの数日間を自宅で
過ごしていたのでしょう・・・

自殺してしまった今、それを知る手がかりはあるので
しょうか・・・

正直、本人はともかく、被害者の方が気の毒で
仕方ありません・・・

Sponsored Link

岩崎隆一の人となりと評判

小学校時代の同級生から見た当時の岩崎隆一
の印象は、当時から「突然ブチ切れる性格」
だったと、その人物像を語っています。

また中学時代には、既にヤンチャだったようで
同級生の手に鉛筆を刺された生徒もいる。

小学校の頃から、気に入らない事があると
突然暴れ出したり中学に上がると、同級生
に殴りかかるなど、トラブルが絶えず、当然
友人関係を構築出来ず、孤立していたとの事。

大人になってからの、彼が叔父夫婦と住む
ご近所の岩崎隆一の人物像も、隣家の家の枝が
道路にはみ出て目に当たった
、と早朝に怒鳴り
込んできて口論になる事もあったようです。

ただ事件当日の朝は、いつも、挨拶もしない
岩崎隆一容疑者なのに「おはようございます」
と挨拶をして自宅を出た事が証言されています。

この、自宅を出た30分後に事件現場が起きた
そうです。

岩崎隆一の精神障害の闇

帰国子女も多く通う地元のお嬢様学校として
知られるカリタス小学校に通う女子生徒が中心
となって被害者が多発した事件となりました。

既にバスに乗り遅れた生徒の小学6年生の
栗村華子さん(11歳)。

小山智史さん(39歳)外務省ミャンマー語
通訳、もお子様を見送りに来て被害者となって
います。

残り16名を含む殺傷事件で未だに重症の
被害者もいる中、彼は事件後直ぐに自らの首を
刺して自害しています。

数ある無差別殺人事件を起こした被告の多くに
あった、精神障害を岩崎隆一が持っていたのか?

知的障害があったのか?ともネットで話題に上がって
いますが、一体何が目的で、何の為に罪の無い他人
を殺傷して自害していったのか・・・

到底理解できませんが、加害者本人が自害をした事で
より事件の真相が解明しにくい状態となっています。

中学の担当だった先生によると
「悪い子ではない。事件を起こすような子供ではなかった」
との岩崎隆一の人物像もありますが、果たして何が彼を
今回の事件に駆り立てたのか・・・

居たたまれない事件の被害者となってしまった方に
心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

Sponsored Link

おわりに

岩崎隆一氏の生い立ちに今回の事件との関係があったのか?幼い頃に自らの両親の元を離れて叔父夫婦の元で育った彼に影響を与えていたのだとしたら、止める事が出来なかった岩崎隆一の身勝手な行動でまたも19名もの犠牲者が出てしまった今回の事件を本当の意味で抑止することは出来ないのか?今後の課題として誰もが、いつでも被害者になりうる可能性がある以上他人事とは思えない悲惨な事件だったと言えるでしょう。自害と言うより卑怯で卑劣な最後を選んだ岩崎隆一容疑者の罪はあまりにも重いと言えるでしょう。死んでも許される事件ではありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 造田博アイキャッチ
  2. 小林竜司アイキャッチ
  3. 渋谷恭正アイキャッチ
  4. 廣瀬晃一アイキャッチ
  5. 高山正樹アイキャッチ
  6. 足立朱美アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。