池田莉菜の生い立ち~母親より男の愚母のすっぴん整形画像豹変ぶり!

この記事は5分で読めます

池田莉菜アイキャッチ

またも無残な幼児虐待の被害者となってしまった
池田詩梨ちゃんの母親池田莉菜。

札幌市で起きた僅か2歳の女児衰弱死の実行犯こそ
実の母親であった池田莉菜が容疑者となっています。

中学卒業でキャバクラに勤務して十代にして独り子供を
出産した池田莉菜の生い立ちや両親との関係は一体どんな
関係だったのか?

フェイスブックなどSNSから見る彼女のこれまでの半生と
実の娘にした異常な虐待事件とは?

すっぴん画像と現在の顔との違いも話題の池田莉菜の
生い立ちから今回の事件を追って見ようと思います。

Sponsored Link

池田莉菜の愚母の極み惨すぎる事件

池田莉菜(21歳)は自らが生んだ幼い娘の詩梨(ことり)
ちゃんに日常的な暴行を繰り返していたとされています。

詩梨ちゃん
犯行は飲食店経営の彼氏・藤原一弥(24歳)と共に行い
タバコの火を押し付けたり頭や顔を強い力で殴ったり
しています。

そのせいで僅か2歳でこの世を去った詩梨ちゃんの小さな
身体には惨たらしいほど濃いあざがあったそうです。

警察によると暴行をした期間は5月上旬から6月5日頃と
されておりますが、共犯者として逮捕されている藤原一弥
と同棲しだした今年の3月頃から虐待に拍車が掛かっていった
ようです。

また通常2歳児の平均体重が10㎏~12㎏と言われる中
詩梨ちゃんの死亡時の体重は僅か6㎏だったとの事。

死亡解剖で明らかになったのは死亡する2週間の間
この母親は、ほとんど食べ物を与えてなかったそうです。

また池田莉菜が、詩梨ちゃん殺害容疑で逮捕されるまで
勤務していたキャバクラの仕事に行く際も両親の協力は
なかったようで詩梨ちゃんを託児所に預けていたそうです。

でも、その託児所での保育員らも、口を揃えて、2歳児に
しては身体が小さく体重が軽すぎる
、と仲間内で不信に
思い話題になっていたそうです。

また莉菜容疑者は、あろう事か託児所に詩梨ちゃんを
預けるも、2日も3日も詩梨ちゃんを迎えに来ず、やっと
迎えに来てもお金が無いと託児所のお金を踏み倒す事も
多々あった
から、尚更、池田莉菜と詩梨ちゃん親子は
その託児所でも知られた存在だったようです。

当然ですよね、明け方3時に迎えに来るはずの母親が
2日も3日も迎えに来ずに、お金も払えないと平然と
いう。

そして事実2歳という詩梨ちゃんは、どう見ても同年代
の平均体重を遥かに下回る体重だった・・・・

こんな母親も、不幸過ぎる娘(詩梨ちゃん)も記憶に
残らない訳がありません・・・

そして恐ろしい事に、莉菜容疑者は詩梨ちゃんが
死亡する直前にかなり衰弱して意識朦朧となる中
ようやく事件発覚に虐待や育児放棄が問題化される事を
恐れて、既にかなり衰弱していた詩梨ちゃんに強引に
食べ物を食べさせた痕跡があったそうです。

何週間もまともに食事を食べてなかった詩梨ちゃんの
小さな身体が、その食べ物を受け付ける事は不可能で
嘔吐の痕跡も発覚したそうです。

まさに鬼畜の仕業、これが自分のお腹を痛めて産んだ
子供に対してする行為なのかと思うと、若いとは
言え、鬼畜の仕業、恐ろしい母親です。

残念なのは、何度も詩梨ちゃんの成育状態の異様さや
発育状態を定期健診でも発覚していただろうに周囲の
大人が誰も本気になって、この母親から確保することが
出来なかった事だと思います。

既にその変調はあらゆる場面で現れていて、昨年6月の
乳幼児健診から身長・体重ともに標準の値ではなかった
そうです。

このことから考えると暴行だけでなくきちんとした
栄養を与えていなかった可能性が高いですね。

詩梨ちゃんを生んだ当初は彼女の写真をネットに投稿し

「かわいい!かわいすぎる!もうことりが大人になって旅立つことを考えちゃって1日一回は悲しくなってる。これからもどんどん色んな表情して元気に成長していってね」

と非常に可愛がっていました。

幼児殺害
ところが今年に入って交際しだしたと言う藤原一弥
と交際し始め3月から同棲生活が始まると虐待がエスカレート。

池田莉菜の様子は実の娘である詩梨ちゃんより男である
藤原一弥に夢中になるが故、急変していったといいます。

北海道のすすき野にあるキャバクラで働いた池田莉菜は
昔から「自分が一番愛されたい」という承認欲求が
ありました。

恐らく藤原一弥、以外にも沢山の男性から、ちやほや
されていたのではないでしょうか!?

ですので生んだ当初は娘が可愛くても詩梨ちゃんを
自分より大切にするのに嫌気が差したとも考えられます。

まだ幼い詩梨ちゃんは心も体も成長過程です。

それを容赦なく殴ったりしたらどうなるかが
分からなかったのか疑問に思います。

決して許されない鬼畜にも劣る行為を実の娘にして
敷いては虐待を隠そうと今わの際の状態まで衰弱した
娘に、強引に食べ物を与えた・・・

自らの子供虐待がバレないように~の想いの為だけに・・・

まさに狂った母親の罪はいかほどになるのでしょう。

Sponsored Link

池田莉菜の生い立ち

彼女の生い立ちについて分かっていることは
まだまだ少ないので、幼少期をどう過ごしたのか
という情報はありません。

ただ池田莉菜が卒業した中学校が札幌東区にある
明園中学校であるということが分かっています。

すっぴん
この画像は、最新画像ですが、中学に上がる前くらい
の画像でしょうか・・・

当時の卒アル写真は現在の顔写真と比較する際
よく使用されています。

当初の写真を見る限りだと純粋そうな人物にも見えますが
実は卒業後に高校には進学しておらず既に中絶して
いるのではないかと囁かれています。

ただ池田莉菜の事件の状況からしても、正直言って
良好な親子関係を築けていたというよりは真逆の
想像しか出来ません。

肝心の詩梨ちゃんの父親との関係は、妊娠中の臨月時
に酷いDVを受けた事から離婚して一人で詩梨ちゃんを
出産したとの事・・・

当時の莉菜容疑者と婚姻関係を結んでいた元夫は
今回の事件で実の娘詩梨ちゃんを莉菜容疑者が育児
放棄の末衰弱死させた事件を、どう思って見ている
のでしょう・・・

追記
莉菜容疑者には弟さんが居たのでは~との情報が
過去のツイッターから発覚しているようです。
ツイッター

また2017年1月のツィートには弟(そうちゃん)
授業料を支払ったとのツィートもあったようで、真相は
定かではありませんが、もしかしたら莉菜容疑者の両親は
既に居なかった可能性もあるかもしれません・・・・

事件発覚の現在莉菜容疑者が21歳である事を
考慮しても、19歳での出産です。

この出産前にも高校に進学せずに中卒後すぐに
中絶していたとの情報もありました。

それにしても、どんな事情があったにしろ、夫も居ない
シングルでの子育てをしていたた池田莉菜の事を
まともな両親が居たのであれば、放置できるでしょうか?

莉菜容疑者の家出同然で家を出たにしても、夜の仕事を
してキャバクラに努める為に託児所に孫を他人に預ける事
を良しとする、まともな親は少ないのではないでしょうか。

この辺りの情報は定かではありませんが、高校には
行かず自撮り画像を多く投稿していたようです。

周りから可愛いと言われたい!愛されたい!などの
承認欲求があった彼女は、中卒で「オーシャンスカイ」
というキャバクラで働き始めます。

キャバクラというのは職業柄数多くの男性客を相手に
するので、そこで彼女の生まれながらの性格が確固
たるものになったのでしょう。

この店で交際相手の藤原一弥と知り合ったわけですが
飲食店経営で金回りが良く悪い噂もある人物です。

逮捕された時はウインクをするように片目を瞑って
いましたが、人一人殺害したのにこの態度はあんまりです・・・。

もう少し誠実な男性と付き合っていれば共謀するどころか
池田の凶行を止めてくれたかもしれません。

画像を見る限り、この人が!?2歳児を虐待!?とは到底
思えない男性だったことが想定内過ぎて哀しい事件です。

池田莉菜の中学すっぴん顔からの整形遍歴

池田莉菜は自撮り画像を頻繁にツイッターなどのSMS
などに投稿していました。

その理由は前述したように自分を「もっと可愛いと言ってほしい」
という欲求がありそれが抑えられなかったからです。

中学校卒業時の彼女は自然な感じでニコッとはにかむ
顔が印象的な少女でした。

顔面遍歴
素人目に見ればメイクでは無理にも見えるのですが・・・

今は、このくらいの変貌は可能なのでしょうか?汗
 
ところがいつからなのか不自然に大きな目と妙に高い鼻や
細い顎が目につく画像が多く出回るようになります。

ネット上では整形をしているのでは!?

という噂も流れていますが、実はこれインスタ顔画像の
加工によるものらしいです。

その根拠は公開されている卒アル写真と現在のすっぴん
画像を比較して全く変化がなかったからです。

なので最近のインスタ加工はここまで別人に変えて
しまうだけの技術があるわけですね!ま

るで整形をしたような出来映え!

これだけの変化がある画像修正の技術には
驚かされます。

Sponsored Link

おわりに

今回のような事件がある度になんとかならないのかと度々思います。こんな惨たらしいことをするなら最初から子供を生まないでほしい!親になるからには何があっても子供を愛する気持ちを忘れないでほしいです。毎回思いますが子供は親を選んで生まれてくる事は出来ません。
実の両親にこの世に産んでもらったものの、殴られ、小さな身体にタバコの火を押し付けられ、そして食べ物を与えずにジワリジワリと衰弱死させられた詩梨ちゃんの不幸を想うと、本当にいたたまれません。池田莉菜には極刑を持って刑に服して欲しい。そして生涯詩梨ちゃんの事を悔いいて生きて行ってほしい。せめてもの償いだと思いつつ、こうした女には、一生かけても理解出来ないのかもしれませんね。
詩梨ちゃんのご冥福をお祈りします。次こそは絶対に宝物のように大切に育てて愛してくれる両親の元産まれますように。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 栗原勇一朗アイキャッチ
  2. 山根明アイキャッチ
  3. 小林竜司アイキャッチ
  4. 早川紀代秀アイキャッチ
  5. 遠藤誠一アイキャッチ
  6. 加藤智大アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。