藤原一弥の生い立ち~室蘭出の親や目の傷に飲食店経営と黒い繋がり

この記事は5分で読めます

藤原一弥アイキャッチ

またも札幌市で起きた女児虐待死事件の容疑者として
実の母親との共犯者として逮捕された藤原一弥(24歳)。

何故何の罪も無い2歳の詩梨ちゃんが衰弱死しなければ
いけなかったのか?藤原一弥の室蘭出身の生い立ちにも
目を向けながら事件の背景と目の傷やFacebookから
今回の幼児虐待の容疑者藤原一弥と池田莉菜の犯した
罪を追って見ようと思います。

Sponsored Link

藤原一弥の札幌市2歳女児虐待死事件概要

相次ぐ幼児虐待の悲惨な事件が続く中またも6月6日に
逮捕された藤原一弥「ふじわらかずや(24歳)」
交際相手である池田莉菜「いけだりな(21歳)」とが
共謀し池田莉菜の実の娘である池田詩織「ことり(2歳)」
ちゃんを衰弱死させた事件の共犯者です。

詩梨ちゃん
2歳の女児が酷い虐待をされ死亡するという痛ましい
事件は、札幌市中央区にある池田の自宅で行なわれました。

今年から交際しだしたと言われる池田莉菜と交際中だった
藤原一弥は母親の池田莉菜と共に、僅か2歳の詩織ちゃんに
執拗な暴行を加えています。

その虐待は異常で冬場の寒い時期でもシャツ一枚と
おむつしか身に付けていない状態で保育園に預ける
のは
当たり前でした。

更に十分な量の食事を与えておらず同年代の2歳児の平均
体重が12キロという中、詩梨ちゃんの死亡時の体重は僅か
6キロと平均を下回る体重でした。

また詩織ちゃんの体にはタバコの火や足の裏にも複数の
火傷痕も発見されています。

二人のうちどちらがどんな虐待をしたかは分かって
いませんが、タバコの火については藤原の関与が
疑われています。

2019年に入ってから二人は交際を初めたと言われており
それ以前には虐待はこれ程酷くなかったようですがエスカレート
したのも藤原一弥と同棲しだした今年3月頃から虐待が酷く
なったと言われています。

それ以前でも、母親の池田莉菜が勤務していたキャバクラ
に出勤する前に託児所に詩梨ちゃんを預けるも、午前3時の
お迎えを約束していても2日から3日迎えに来ない事はザラ。

その上、託児所の支払も「お金が無いから払えない」
平然と言い放ち、自分は仕事帰りにホストなどを飲み歩き
託児所の支払を踏み倒すなど、悪評は託児所の保育士の
間でも知られた存在だったそうです。

そして同託児所でも、同年代の子供と比べて明らかに小さく
低体重の詩梨ちゃんに「絶対可笑しい、小さすぎる」との
会話が話題に上がり、池田莉菜容疑者の育児虐待の認識は
あったようです。

これだけの情報がありながら、この間に警察や児童相談所が
虐待されていた詩織ちゃんを救える機会はあったのか・・・!?

答えはYESです。

二人が詩織ちゃんを虐待していたのではと疑っていたのは
去年の9月、ということは見た目からして怪しい男と交際
していたのも分かっていたはずです。

人がいない・忙しいことを理由に警察の要請を断り形だけの
調査をしてきた児童相談所。

ここにも詩織ちゃんを守れなかった責任があります。

しかし現代の児童相談所のシステムにも、かなりの問題が
あるようで1人で100件の虐待を対応しなくてはならない
ような相談所のシステムだとの事。

相次ぐ子供虐待を抑止するべくシステムに国がもっと
本気で力を入れる時期に来ているのではないでしょうか。

今後は詩織ちゃんのような被害者を出さない為にも一刻も
早い改革に乗り出して欲しいです。

親さえ選べずこの世に生を受けて、ただ流されるように
親の身勝手な行動で僅か2歳で衰弱死するなど、この少子化
に絶対あってはならない事件だと思います。

Sponsored Link

藤原一弥の生い立ち~室蘭時代と両親の噂

幼い子供の命を非道な虐待で奪った藤原一弥という
人物は一体どんな人物だったのでしょうか?

現在24歳の藤原一弥容疑者の出身地は北海道室蘭市
出身
で、詩梨ちゃん殺害の逮捕時に居た札幌へは
2016年から移り住んでいたようです。

詳しい情報は出ていないものの、北海道の中でも
海沿いの街として漁港が盛んな室蘭から札幌へと
3年前から移り住んだ藤原一弥。

彼のFacebookを確認すると室蘭工業高校関係者との
繋がりが多い事から室蘭工業高校出身者ではないか?
と考えられます。

ただ断定できる情報ではなく、他の情報では登別大谷高校
出身だとの情報もあるらしく、この辺りは室蘭周辺の高校
なので、どちらも、藤原一弥の出身校である可能性がある?
と言える程度の情報かもしれません。

ただ、どちらの高校の場合も共犯者の池田莉菜のように
高校の卒アルが出回ってない状況から中退をしているのでは
ないかとも考えられます。

レクサス
藤原一弥の生活ぶりを見ても、18歳になった頃に中古とはいえ
高級車のレクサスを所有していたり、惜しげもなく大金を
持っているぞとアピールするような画像をSNSに載せています。

アホ
こうゆう行為こそ中2病と言うのでしょうか・・・汗

その為生まれながらにしてお金持ちなのかと見る向きも
ありますが、逮捕時既に飲食店を経営していたことから
当時も何かしらのビジネスに参加していた可能性もあります。

逮捕時の画像と高校時代の画像を見比べると、高校時代の
方は派手さはあるものの爽やかな雰囲気です。

もう少し生い立ちが分かればこんな酷いことをする
性格になった原因を探ることが出来たかもしれませんが
今は情報が少ないのでまた新たな情報が分かれば載せて
いきたいと思います。

藤原一弥の目の傷が異様?

前述しましたが詩梨ちゃん殺害容疑で逮捕された
藤原一弥の目の周りには何かで傷つけられたような
痕があります。

この左目にある目立つ傷は一体何なのか気になる方も
多いのではないでしょうか?

もしかして逮捕時に右目でウインクしたのは目傷を
目立たなくする為かなと思ってみたり・・・。

目
Facebookに載っていた画像のなかでその傷が
分かりやすく写っているものがあります。

その画像をよーく見るとナイフでスパッとやられた
ような傷痕になっているんですね!

多少の傷なら再生しますから少し深めに切られた
可能性はあります。

藤原一弥は自分のことを「イケメン」だと思っている
ようですが、この傷も含めてそう言っていたのかは
不明です。

またどうしてこんな目立つ傷が付いたのかを考えると
今までの経歴や彼の評判から喧嘩で付けられたというのが
一番有力になります。
幼児殺害
共犯者の池田莉菜(詩梨ちゃん母親)と藤原一弥容疑者。

と、いうかこのタトゥーはカッコいいのでしょうか・・・
物凄く意味不明で謎です・・・

どちらにしても、今回の事件と言い見た目から醸し出す
雰囲気といいDQNの匂いしかしません。

絶対に関わりたくない輩臭~と言うのが彼の印象ですが
見た目で判断しては駄目だとは思うものの、今回の事件は
彼の生い立ちや過去経歴、現在に至るまで、どれほど
やんちゃな人生を歩んでいても、詩梨ちゃん虐待に関しては
鬼畜レベルのDQNな男だと断定できるでしょう。

Sponsored Link

藤原一弥の飲食店経営と黒い繋がり

札幌に出てくるまでの藤原一弥は当時、室蘭で
経営していた飲食店は知られているだけで
「相席居酒屋アフェットとメンパブbar MATERA SKY」
の2店舗です。

まずアフェットのほうは出会いのない男女が集まる店で
恐らく男性が女性の飲食代を負担するような形だと思います。

相席、居酒屋自体は今時流行っているので怪しく
ないと見ることも出来ます。

但し店舗の所在地が元の店舗名YSPで検索しないと
出ておらず、有効期限が切れている状態の今はHPから
店内の画像を閲覧することが出来ません。

このお店は札幌市中央区南7条西三丁目にあるとHPに
ありますが、テナントビルのフロアガイドを見ると
4階部分が空白になっています。

18番館まであるというLCビルで何故2番館の4階だけ
開いているのか謎ですね。

もう1つの飲食店についての詳しい情報は今のところ
ありませんが、しっかりとした店の紹介がなかったり
名前が伏せられていることから掲示板に書かれている
ような悪い噂が出たらのかもしれませんね。

実際に彼の店がヤクザの企業舎弟だったのか違法な
営業をしていたのかは分かりません。

ですがこの2店とも確かな情報が出ていないことや
経営者の怪しい経歴からそう囁かれたことも考えられます。

どちらにしても、彼がどんなヤクザと関係あろうが彼自身が
ヤクザだろうが、正直今回の詩梨ちゃんの事件とは無関係です。

室蘭出身の元ヤンが半グレになった?とも言われる
藤原一弥ですが、詩梨ちゃんを衰弱死させた罪をしっかり
償うべく極刑で挑んで欲しい。

心よりそう願います。

そうで、なければ無残にもこの世を去った詩梨ちゃんが
浮かばれません。

実刑でも特に厳しい刑務所送りを希望します!

おわりに

容疑者が逮捕されても詩織ちゃんが戻ってくることはありません。大事なのは藤原一弥らが二度とこんなことを起こさないよう厳罰に処し、虐待に一早く気付き保護するシステムを考えることだと思います。児相も警察もアテになりませんが、こうした大人や実の両親が居なくならない事もまた事実です。
早急なシステム改善を構築して欲しいと思います。詩梨ちゃんが次こそは、まともな両親の元誕生しますように。
ご冥福をお祈りします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 袴田巌アイキャッチ
  2. 鳥山裕哉アイキャッチ
  3. 角田美代子アイキャッチ
  4. 渡邊陽太アイキャッチ
  5. 金川真大アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。