新村健治の生い立ち~家族や職歴は?猫残虐の動機より精神異常者の可能性

この記事は4分で読めます

新村健治アイキャッチ

富山県で起きた猫連れ去りと虐待死させた
容疑者として逮捕された新村健治(52歳)。

身勝手な犯行動機で全く罪の無い他人の猫を
虐待死させた人物の生い立ちや家族関係とは
一体どんな背景があったのでしょう。

50匹から100匹にも及ぶ猫を殺害して事件となった
新村健治の異常性と精神障害の可能性も同時に
追って見ようと思います。

Sponsored Link

新村健治の富山猫虐待死概要

何とも惨たらしい事件として報道されたのが
先日の事件発覚でテレビでも連日報道された
富山で発生した新村健治容疑者の猫虐待事件。

富山

新村健治(52歳)とは富山猫虐待死事件を
起こした犯人です。

日頃のストレス発散の為になんと50~100
もの猫を虐待し死亡させた疑いが持たれて世間を
驚愕させた男の逮捕となりました。

多くの罪のない猫達が虐待された事件は、その
残虐性や動機から動物虐待について考えさせられる
ほどの異常性を持っています。

被害に遭った猫は50匹~100匹とも言われており
現在のところ正確な数は分かっていません。

保護グループが自宅を訪ねた際自ら猫を殺害
したことを認めています。

新村健治は5月19日に県内の射水市内の路上にいた
1匹の飼い猫を連れ去った疑惑があることで
逮捕されました。

この猫は虐待され遺体を用水路に捨てられる
という被害に遭っています。

虐待の詳細についてですが、エサを与えないのは
当たり前で
「殴る蹴ることや生きたまま、熱湯をかけたこと」
もあるそうです。

当然そんなことをされたら猫は逃げ出そうと
しますが、逃げないようボックスに監禁し
苦しんでいる様子を楽しんでいた節もあります。

こうした犯行があったという情報は警察の
事情聴取やスマホの記録からもたらされました。

実は今年に入ってから県内で飼い猫が連れ去られる
事件が多発しています。

これだけ多くの猫達に虐待を加えた、そのなかには
盗難された猫もいたということは、ほぼ確実に
猫連れ去り事件にも関わっているような気がします。

新村健治の猫残虐の動機発言が謎

新村健治が猫を虐待した動機ですが本人曰く
「ストレス発散の為にいじめたかった」
ということが分かっています。

ストレスといったら仕事や人間関係など様々な
ことが思い浮かびますが、どうやら新村は自宅に
一人で引き籠っていたようですのでそれは当て
はまりませんね。

しかも無職だということがニュースで公表
されています。

家族と一緒に住んでいるわけでもないようですし
生活保護を受けていたか家族の援助があった
可能性もあると思います。

職を探す様子はなく趣味もないような新村は
自宅にいても、たたじっとしていたそうです。

生活するにはお金も必要ですが家事をすることも
必要です。

その辺りはこの状態で出来ていたのか疑問ですし
恐らく犯行動機のストレスというのは社会との
接点もなく何もせず自宅にいたことで蓄積されて
きたのかもしれません。

とは言え、何故無関係な猫へと、はけ口がいく
事となったのか不可解ですが・・・

そして何の趣味もないことで自分を苦しめ虐待に
繋げたということも考えられます。

ただ自らも幼少期から虐待を受けていたという
情報もあるので、犯行動機について確定的なことは
分かっていません。

下記では新村の幼少期がどんなだったか生い立ち
のなかで説明していきたいと思います。

Sponsored Link

新村健治の生い立ち~家族や職歴は?

虐待というのは今盛んに実の両親による幼児虐待が
問題視されていますが、自分より力がなく精神的に
幼いものを標的としています。

新村健治容疑者の場合、子供ではなく動物虐待ですが
いずれも小さく弱い猫などを対象として虐待していた
ことが判明しています。

調べによると新村健治は幼少期に虐待された経験が
あるようなので、そのことが弱い者を虐待し征服感を
得ることに繋がったのかもしれません。

多くの幼児虐待事件の容疑者は、自らも虐待の被害者
である事が多いといわれています。

幼少期に受けていた虐待の詳細ですが逮捕から間もない
せいか今のところまだ分かっていません。

逮捕当時は自宅での一人暮らしで無職との情報ですが
52歳での無職で年金も無い状態で、一体どうして生活が
成り立っていたのかも不可解です。

実際に猫と同じような虐待を新村健治容疑者が自身が
受けていたかは謎ですが、かなり激しい虐待を受けて
居た可能性もありますね。

また家族や今までの職歴も明らかになっていないことから
情報が増えてきているとはいえまだまだ謎の多い人物です。

また、新たな情報が出しだい追記したいと思います。

どちらにしろ、幼児虐待も動物虐待も、今回の新村健治
容疑者のした猫に対する虐待死も、その異様な数の多さ
と虐待内容から、とてもまともな精神状態の人間のする
行為とは思えません。

新村健治は精神異常者の可能性

ストレス発散を理由に多くの猫達の命を奪い、しかも
その遺体を用水路に捨てるという残虐な行為をした新村。

猫達を捕まえてから遺体遺棄に至るまで、残虐な
行為をすることに罪悪感や嫌悪感はなかったようです。

下記に幾つか新村が実際に発言したことを紹介します。

「せっかく苦労して捕まえてきたのに、すぐ死んでしまったら面白くないからただニャーニャー鳴いているのを聞いて楽しんでいた」

「一人で暮らして寂しく誰も相手をしてくれないのでストレス発散でやった。」

このような発言をしていた、ことだけを考えても、もう
精神異常なレベルだと疑問さえ感じられません。

既に新村健治の身勝手で凶悪な行為には沢山の方から
怒りの声が寄せられています。

例え自身が幼少期に酷い虐待を受けていたにしろ
それが猫50匹から100匹を殺害して良い理由になる
訳がありません。

自分の一方的な感情で飼い主からは愛する家族を
奪い、嫌がる猫を虐待した上で殺害した罪にどう
向き合うでしょうか?

実際に精神鑑定がされたわけではありませんが、とても
まともな精神状態だとは考えられず、虐待の原動力と
なった発言を聞いても、「寂しいから虐待した?」などの
理由がどこに通るのでしょう。

全く理解に苦しむ理由であり、異常があるとしか
思えない人物だと思います。

Sponsored Link

おわりに

新村健治のような異常者は少しの刑罰ではまた同じことや、もっと酷いことをすると思います。それに、たまたま新村健治の今回のターゲットが猫になっただけで、このターゲットが幼児や子供になっていたとしても全く可笑しくないと思います。だって猫1匹にでも新村健治容疑者の行った行為を普通の人間が行えるでしょうか?例え猫に大暴れされ噛みつかれてとしても到底考えられません。そう考えても、ここは思いきって重い刑罰に処し二度とこんなことが起こらないようにしなくてはいけません!罪も無い猫たちが、どれほど苦しんで亡くなったのかと考えると、本当にいたたまれない気持ちでいっぱいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アイキャッチ木嶋佳苗
  2. 樋田淳也アイキャッチ
  3. 角田美代子アイキャッチ
  4. 加藤紘貴アイキャッチ
  5. 林泰男アイキャッチ
  6. 足立朱美アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。