鈴木泰徳の生い立ち~実家は工場の異常な性欲は嫁のせい?死刑因の今

この記事は5分で読めます

鈴木泰徳アイキャッチ

福岡3女性連続殺人事件の犯人として逮捕され既に死刑執行が待たれる状態の鈴木泰徳。

彼の身勝手な欲望と場当たり的な犯行の数々、は彼の生い立ちである実家のルーツと関係があるのでしょうか?

子煩悩な父親の表の顔を持ちながらも異常な性欲のはけ口に罪の無い女性を3人も殺害した男の現在と生い立ちを追って見ようと思います。

Sponsored Link

鈴木泰徳の福岡3女性連続強盗殺人事件

2004年~2005年にかけて発生した福岡3女性連続強盗殺人事件は、妻子持ちの犯人が「異常性欲者」として注目を集めました。

この事件の犯人はトラック運転手をしていた鈴木泰徳(当時35歳)といいます。

鈴木は僅か1ヵ月間で18歳~62歳の女性を殺害し、うち二人の女性は私物を奪われ18歳の女性は強姦されてしまいます。

当時犯人には800万円の借金があったことから被害者3人共強盗目的の犯行ですが、若い女性二人は自らの性欲を解消する為の強姦が目的でした。

最初の事件は2004年12月12日年の瀬も迫った福岡県飯塚市内にある公園で発生しました。

鈴木は当時多額の借金と自身の性的欲求があり、この辺りの若い女性を強盗強姦目的で物色していました。

そして同日午後11時40分頃たまたま近くにいた専門学校生の女性「当時18歳」を強姦します。

更にこの女性の首を締めて殺害した後財布を奪おうとしました。

その時、丁度通行人が来たので強盗は未遂で終わりましたが、被害者女性は強姦された上にそのまま亡くなりました。

非常に痛ましい事件を起こした鈴木はここで警察に自主することなく、同月31日にはまた別の被害者を出しています。

次に被害に遭ったのは北九州市のパート従業員の女性「当時62歳」でした。

突然現れた鈴木に包丁で刺され殺害された後、現金6万円入りのバックを奪われてしまいます。

そして翌年1月18日には福岡市内の公園にいた会社員の女性「当時23歳」を包丁で刺し殺害。

当初は強姦目的で襲ったそうですが通行人がいた為殺害し財布などを奪って逃げたそうです。

更には3月8日に身柄を拘束されるまで被害者の携帯で、出会い系サイトを利用するなど、殺害した女性に対する罪の意識は全く感じられない行動をとっていました。

結局は被害者女性から奪った携帯電話が元で逮捕され、その後同月10日に全ての犯行を自供したため逮捕に到ります。

鈴木泰徳の生い立ち~実家は自動車工場

鈴木泰徳か何故、いとも簡単に3人もの罪の無い女性の命を奪ったのか、警察の捜査では借金と異常なレベルの性的欲求が原因だと言われています。

この犯行動機を探っていく為には彼がどのような環境で育ったのかを見ていく必要があります。

そこで得られる限りの情報から生い立ちを調べてみました。

鈴木泰徳は福岡県直方市内にある中学卒と同県鞍手郡宮田町にある公立の農業高校を卒業しています。

卒業後は農業の道には進まず実家が経営する自動車整備工場をやっていたからか、自動車関係の専門学校に通いそのまま実家の会社で04年5月まで働いていたそうです。

彼には1999年に結婚した妻がおり、妻が看護婦をしていると同級生らには、よく自慢をしていたそうです。

その後二人の間には子供も誕生し、一家は子煩悩な父親と家族と言う平凡ながら幸せな家庭を築いていました。

しかしそんな幸せな結婚生活は長くは続きませんでした。

鈴木の同級生曰く、昔からキレると何をするか分からない性格で、誘われると断れず良く飲み歩いたという同級生は鈴木の性格は、ようするに、ええかっこしいだった。と言います。

妻子がいるにも関わらず行きつけのスナックに頻繁に足を運んだり、綺麗な女性店員がいると知るや、あたかもお金を沢山持っているかのように大盤振る舞いをしたそうです。

ホステスらにチヤホヤされるために金があるかの如く振舞い、身の丈に合わない豪遊をする癖があったのだとか。

それらは同級生にも同じで、ええカッコをするべくファッションヘルスを奢るなど、全く身の丈に合わない行動ばかりの半生だったようです。

そうした悪癖が治らず、どんどんエスカレートする鈴木は最後には家族が住む自宅まで抵当に入れて借金をしていました。

一度は勤務先であり社長でもある自らの父親に借金の肩代わりをしてもらい1千万円をしはらってもらうも、またも同じ轍を踏んで借金をして豪遊を続け1度ならず2度目の自宅を抵当に入れて借金をしたそうです。

でもどうでしょうか。

息子の悪事とは言え借金1千万円をたてかえることのできる実家の両親は、やはり派手なお金持ちでは無くても堅実な暮らしで、しっかり会社運営していた状態だったと思うのです。

そんな両親から何故鈴木のような放蕩息子が誕生したのか突然変異でしょうか・・・

とは言え幾度なく借金の肩代わりをした実家とも最後は、断絶状態になり2004年5月に実家の仕事からも手を引く事になる鈴木は、ここで目を覚ます所か遊び癖は治りません。

とうとう嫁の堪忍袋の緒が切れたのが同年の9月だったそうです。

この2004年9月には夫婦関係は既に破綻。

そして僅か3ヶ月後の短期間の12月に事件を起こすのだから、全く懲りないと言うか悪びれる素振りも見せず身勝手な欲望に身を任せて性欲と金を最後まで欲した鈴木泰徳。

実家の自動車工場を退社した後はトラックの配送会社に勤務し目ざとい女性を物色しながら在職していた時に事件を起こしました。

あまりにも短期間に、自分の欲求だけの為に、さほど深く人生を考えた事が無いのかもしれません。

Sponsored Link

鈴木泰徳の異常な性欲は嫁の否定のせい?

冒頭でも説明した同級生の話では、

「鈴木は奥さんが看護師をしよるとよく自慢してました」
とあります。

しかしそのわりには外で飲み歩き店の女性店員にはいい格好をしていました。

結婚して子供が出来たとはいえ、別の女性に目移りし、豪遊していた感じから家庭を支えるようなタイプではなかったのかもしれません。

いつ頃から借金をするようになったのかは不明ですが彼にとっては自宅では妻がいてもそれだけでは満足しなかったから多くの女性に近づいていったのでしょう。

ですので元々女好きな性格で性的欲求も強かったのだと思います。

しかし店の女性店員達からみれば彼は良いお客様に過ぎません。

いくら格好つけても普通は異性として認識されません・・・

その不満を妻との肉体関係に求めていた可能性はありますね。

こうしたスナック通いに加えてパチンコ通いなどでも妻の心は離れ、最終的には性生活を拒絶されることになります。

恐らく妻に見放されたことで彼の女性に対する欲望に、歯止めが利かなくなったのではないかと思います。

彼の裁判での被告人尋問の発言を聞いても一目瞭然です。

自らの豪遊三昧からの多額の借金を作り父親に借金
返済をお願いしたときも「妻は頭を下げなかった」とか

傍目から考えても、そこが問題なのか?と突っ込みたくなる言い分ばかりです・・・

散々の借金を作った夫でありながら、原因が自分にあるにも拘わらず、妻がお小遣いもくれなかったとか、セックスもさせてくれなかった、など、およそ、大人の成人男性が被告人として発言するとは思えない供述の数々に驚きます。

いくら身勝手な夫に性行為を否定を、したからと言って、それが全く罪の無い他人の女性を殺害してまで性行為をするという好意に繋がるとは到底考えられません。

理解に苦しむ鈴木泰徳は、正直言って人格障害があったのではと思うレベルの精神構造を持った男である事は間違いなさそうではないでしょうか。

鈴木泰徳、死刑因の今

死刑となった鈴木は自らの欲望を満たす為に罪を犯し逮捕された後も、反省の意図が全く見られませんでした。

実際に裁判では警察の取り調べに不満を述べたり被害者3人に殺意はなかったと弁護側を通じ罪の減刑を求めていたようです。

遺族は公判中じっと彼の態度を見てきましたが、あまりにも責任感がないことから遺族の一人は「私の命と引き換えに被告を殺したい」と語っています。

それにも関わらず生きて償う道を与えて欲しいと当選のように訴えました。

この事件の凶悪性・計画性・残忍さに加えて犯行後の態度、当然彼には死刑以外の判決は下りませんでした。

被告側は福岡地方裁判所で死刑判決が出てから最高裁判所まで戦いましたが最終的に2011年3月8日には死刑判決が確定しています。

現在は福岡拘置所に収監中であり死刑の執行を待っている状況です。

獄中でじっと自分の番を待っている鈴木は果たして反省と後悔の態度があるのでしょうか!?

鈴木泰徳は最後まで、こう主張して死刑執行を取り下げるよう厳しすぎると裁判で懇願しています。

『命の大切さを伝える為にも死刑にはなりたくない』

もはや意味不明です・・・

Sponsored Link

おわりに

思うに、やはり人間が一番残酷な生き物なのかもしれません。どんな獣にも劣る鈴木泰徳のような男が存在する以上今後も、このような凶悪な犯罪を防ぐ事は人が存在する以上無理なのかもしれないと思えて仕方ありません。
不幸にも鈴木泰徳と出会い被害者となってしまった被害者女性のご冥福を祈るばかりです。
そして生存していても命の大切さは一切伝わりようがない鈴木泰徳の死刑執行を迅速に~と願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 三浦知義アイキャッチ
  2. 野津英あきアイキャッチ
  3. 野田孝史アイキャッチ
  4. 市橋達也アイキャッチ
  5. 小林竜司アイキャッチ
  6. 加藤紘貴アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。