林真須美の息子はイケメン?施設職員の性暴行と生い立ちからの今

この記事は4分で読めます

林真澄アイキャッチ

1998年に世間を震撼させた和歌山カレー事件の
死刑因として現在も冤罪を訴えている林真須美死刑因。

事件から21年の月日が流れた今死刑因の息子として
壮絶な世間からの批判と性暴行などの卑劣な行いを
受けていた息子がイケメンだと話題になっています。

母親が冤罪である可能性を残して死刑因となった事。

そして両親逮捕で世間の全ての人から敵視された
彼の壮絶過ぎる生い立ちから現在までの心境を追って
見ようと思います。

Sponsored Link

林真須美死刑因は和歌山毒物カレー事件

 

1998年7月25日に和歌山県和歌山市で発生した
地域のお祭りで出されたカレー毒物混入事件です。

当日は和歌山市園部地区で夏祭りが行われており、
そこで提供されていたカレーを食べた67人が腹痛や
吐き気を訴え、病院に搬送されました。

そのうち小学4年の男子児童と高校1年の女子生徒、
園部第十四自治会の会長と副会長の4名の方が
お亡くなりになりました。

犯人として被疑者・逮捕されたのは、知人男性に
対する殺人未遂や保険詐欺などの容疑があり、また
事件当時カレーを作る当番だった林眞須美死刑囚でした。

死刑因となった林真須美は現在でも冤罪を訴えており
事実、このカレー事件は冤罪ではないか?と彼女の
長男初め、そう言われてる理由の大きな理由の一つが
格たる事件の証拠が一つも出ていない事。

証拠や本人の証言無しでの死刑判決が法治国家で
許されるのか?と現在でも議論となっています。

林真須美の息子はイケメン?

林死刑囚には夫との間に4人のお子さんがいます。

事件から20年以上の月日が経っている事もあり
既に皆さん成人しています。

21年前の事件が発生した当時は、皆さん未成年
でしたから、お子さんに関する情報は一切
明かされませんでした。

しかし、今、林死刑囚の長男が書かれた著書が
2019年7月に出版、Twitterでは長男と名乗る男性が
実母の情報を発信しており、話題となっています。

現在林真須美死刑因の息子さんは31歳。

さらにカンニング竹山さんがMCを務めるインターネット
テレビの番組内に顔を隠した状態で出演した際は、その
容姿が【イケメン】である事も話題になったそうです。

テレビに出演した際は、ガラス越しでの出演でしたが
182㎝の長身とすらりとしたスタイルでイケメンの
雰囲気を漂わせていました。

気になる顔はMCの竹山さんが、

「目鼻立ちがハッキリしていて、渋谷にいそうな若者」

と発言しています。

出版された本の表紙の横顔の男性が、「長男なのでは?」
との噂もあり、ネットの検索ワードにも

「林眞須美 息子 イケメン」と検索ワードに
なって出てくるほどです。

激白!息子が施設職員から受けた性暴行!

 
1998年10月に両親が毒物カレー事件とは別の事件の
殺人未遂や詐欺などの容疑で逮捕され、兄弟全員で
児童養護施設に入る
事となります。

当時世間を驚愕させた事件として連日報道された事件
だったので当然、林死刑囚の長男はじめ子供達は、
養護施設の施設職員からとても酷い行いを受けたのでした。

その内容も衝撃的な内容で、なんと当時26歳の
女性施設職員から2年間もの間、職員の自宅や
ホテルで性的な虐待を受けていた
のでした。

女性職員は、親類縁者が姉弟の引き取りを拒否
していたこと知っていた為、

「お父さんもお母さんもいないし、どこにも行くところがないよね」

「何があっても、両親とは住めんわな」

などと、毒物カレー事件の話で精神的に追い詰めて
無理やり関係を結んでいたそうです。

また、関係を拒否すると夕食を抜かれたり、風呂が
水風呂だったり、様々な仕打ちを受けたようでした。

女性職員は、逮捕後に「恋愛感情があった」
供述していますが、林死刑囚の長男は

「こんなに年の離れた女性に恋愛感情を抱く訳がない」

と否定しています。

明らかに立場を利用した女性職員の犯罪行為が
平然と行われていたのです。

Sponsored Link

林真須美の息子の生い立ちが壮絶過ぎ

林死刑囚の長男が児童養護施設に保護されたのは
小学校5年生の時でした。

当時、一番有名な事件とういうこともあり保護施設で
子供達の素性がすぐにバレてしまいました。

そして保護施設に到着し、男子部屋に長男が行くと、
部屋にいた男子たちに、マスコミ対策の窓への目隠し
用のポスター張りをやらされたとの理由から一斉に
殴られました。

人殺しの子供は何をしても構わない存在として扱われ、
その行為は日に日にエスカレートして行きました。

「ポイズン(毒)」というあだ名で呼ばれ、給食の
カレーに乾燥剤を入れられ、気付かずに食べておう吐
したこともあったそうです。

高校生の時には、同室の子から首を絞められたり、
鉄アレイで殴られたそうです。

エアガンで顔を打たれ歯が欠けてしまったことや
意識を失いかけるなど壮絶ないじめを受けています。

施設内では、子どもだけでなく職員からの暴力も横行し、
暴言も日常的に浴びせられていたようです。

また、生計を立てるために飲食店でアルバイト
していた時は、林死刑囚の息子だとわかると
「衛生的に良くない」

と言われ、その日のうちに解雇されてしまった
ことがあったようです。

そんな林死刑囚の長男ですが、死刑囚の息子で
あることも含めて受け入れてくれた女性と婚約して
いたこともあったそうです。

しかしながら、婚約していた方の父親に身の上を
打ち明けると、婚約は破談となってしまったのです。

このこともあり、現在は、産業廃棄物の
運転手をしているそうで、顔を出さなくても
よい職についているとの事でした。

林真須美の息子の今でも母は無実

林死刑囚の長男はTwitter(@wakayamacurry)
などで林死刑囚との交流や事件の記事、資料などを
発信しています。

長男は、林死刑囚が逮捕される前、長男は林死刑囚に
「やってないよね?」と聞いたそうです。

その時、林死刑囚は「ママはやってない」と答え、以後、
面会のたびにその質問をしているこの21年間その答えは
変わらないようです。

事件直後は「もしかして母が…」と思うことも
あったようですが、20歳の時に初めて死刑判決文の
並ぶ文言を見て、林死刑囚の無実を信じるように
なったとのことです。

実は、この毒物カレー事件は、林死刑囚は逮捕から現在まで
一貫して無罪を訴え続けています。

それに加え、林死刑囚宅で発見されたヒ素が事件で
使われたヒ素が同一ではないと2012年の再鑑定で
発表され、目撃者の証言も曖昧な上、林死刑囚の
犯行動機もないとされています。

状況証拠のみで、有罪判決で死刑まで確定したことに
長男は疑問を持っているようです。

Sponsored Link

林真須美死刑囚の冤罪の可能性?動機が不明で次女が闇過ぎる
林真須美の生い立ち~子供時代の性格や夫殺しの目論見と現在まで

おわりに

両親の逮捕が元で壮絶な半生を生きる事となった林真須美死刑因の息子ですが、この事件当初から取材している人達も口を揃てて冤罪の可能性を示唆する人が多い証拠の無い事件での有罪判決で死刑が確定されています。そしてもしかして事件の犯人だったとしても犯罪者の子供に対して行った行為は卑劣そのものだと思います。
事件当時のワイドショーを沸かせて連日放送された大きな事件ではありましたが結局確たる証拠を出せないまま冤罪の可能性を残して死刑因として現在も塀の中にいる林真須美も、その息子もどんな思いなのでしょう。
今一度立ち止まって考える必要があるのではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中田充アイキャッチ
  2. 中川智正アイキャッチ
  3. 飯森裕次郎アイキャッチ
  4. 勝又拓哉アイキャッチ
  5. 阿部定アイキャッチ
  6. 少年A
  1. この記事へのコメントはありません。