大久保愉一の生い立ち~ギャンブル依存に虐待過去暴露の妻の発言も闇

この記事は4分で読めます

大久保諭一アイキャッチ

2020年7月23日、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)
を患い安楽死を望んでいた女性患者林優里さんに
2人の医師が薬を投与し殺害した嘱託殺人の容疑者
として現役医師の大久保諭一が逮捕されました。

今回は大久保愉一(よしかず)容疑者の生い立ちや
元衆院議員である妻の発言などがネット上で大きな
話題になっています。

大久保愉一容疑者の生い立ちに見る父親の
ギャンブル依存や、親からの虐待の闇、夫の
過去を暴露の妻の発言についてお伝えします。

Sponsored Link

大久保愉一のALS嘱託殺人事件

嘱託殺人

現役医師が起こした殺人事件とあり世間を驚愕
させた大久保愉一容疑者は、SNSを通じて
知り合ったALS患者の林優里さん(51)
19年11月30日に殺害します。

被害者となった林優里さんから立っての願いとして
受けた安楽死の依頼を受け、昨年11月30日に
京都市内の林さん自宅マンションで、同じく医師の
山本直樹容疑者と共に彼女に薬物を投与し殺害し逮捕
されています。

報酬とみられる130万円が山本直樹容疑者の口座に
振り込まれており、計画的な殺人であったことが
明らかになってきています。

元厚生労働省の医師技官であった経歴や、自身の
クリニックを開業するなど順風満帆に見える大久保
愉一容疑者ですが、以前から安楽死を肯定する独特の
理論を思想に持っていたようです。

そうした思想は彼が掲げた著書やSNSの
書き込みなどが大きく注目されています。

2人の医師は林優里さんの主治医ではなく、彼女と
面識がなかったにもかかわらず彼女の元を訪れ、
医療行為を行ったことで前例のない特異な事件とされ、
動機などの詳細は未だ解明中です。

大久保愉一の生い立ち~ギャンブル依存に虐待の過去

大久保容疑者の妻の三代さん(44)によると夫である
大久保諭一容疑者の生い立ちに父親のギャンブル依存や
虐待の過去があったことを明かしています。

「虐待されて育った、と夫は出会った当初、私に教えてくれました。父親はギャンブル依存症で育児放棄、母親からは日常的に暴言を浴びせられていたそうです。その経験が彼の人生に暗い影を落としてきたのだと思います。」
(FRIDAYデジタル)

三代さんはそう語り、そうした過去がもたらした影響で
大久保容疑者が長くうつ状態で、自殺願望を持っていた
ことを明し、この2年で3度の自殺未遂があったといいます。

ただ人物像では目立つタイプではなく、贅沢もせず
服装も妻の買ったものを着て、国産車に乗るなどし
ツイッターで自身の想いをつぶやくなど内向的な
タイプだったようです。

本人を知る周囲の人から見た印象も派手な印象を持つ
人はほとんどいなかったようですが、そうした過去の
生い立ちなどから屈折した人には分からない闇を抱えて
居た事は確かなようです。

大久保容疑者は、過去の虐待などの経験によって
子供の頃から人の生や死に傾倒していったのかも
しれません。

Sponsored Link

大久保愉一と妻や子供との関係

暗い生い立ちを持つ大久保愉一容疑者ですが
結婚し妻や子供(娘2人)との関係はどのよう
だったのか気になります。

妻の三代さんは、大久保容疑者にも家族を
大事にする一面があったといいます。

今回の事件となった去年の11月30日以降の
12月に、なんと事件の翌週に家族にとって
感動的な食事会があったそうです。

それは大久保夫妻が結婚式を挙げたホテルでのこと。

ホテルのチャペルで夫婦の子供たちがサプライズの
手紙を用意し読み上げたそうです。

「パパ、いつもお仕事頑張ってくれてありがとう。ボーイスカウトに連れて行ってくれてありがとう。」

日頃の感謝を目の前で伝える温かい子供たちの
姿に、大久保容疑者は号泣していたそうです。

近隣住民も大久保容疑者と子供たちが一緒に
遊んでいるところを見かけており、穏やかに
過ごしているようだったといいます。

「ママのいう事をちゃんと聞くんだよ。」

と子供たちに声をかけ、警察に連行されていった
大久保容疑者。

彼の医師としての姿にはこのような優しさは
見られなかったのか、謎は深まるばかりです。

残された幼い娘は今後、このような事件を起こした
父親とどう向き合っていくのでしょう。

正直言って1番は娘さんたちが気の毒で仕方ありません。

医師の娘から殺人者の娘となるのですから…

大久保愉一の妻の発言にも恐怖

大久保容疑者の妻、大久保三代元衆院議員(43)の
ALS嘱託殺人事件についての発言にも恐怖を
感じざるを得ず、独特の物言いにも注目が
集まっています。

彼女は7月23日の夫の逮捕を受け、ブログの
最後に

「残務整理を終えたら、夫とは離婚します。」

と即日の離婚宣言。

7月24日の宮城県名取市での会見では、夫の
起こした事件について、

「死にたい人に関わって共感し過ぎたのではと思うが、共感しても行為はしないのがプロだ。」

と突き放したばかりか、

「渾身の説得も聞かず隠れてバイトを繰り返した結果起きたこと。自分で責任を果たしてください。私は一切の支援をする気もないし、裁判の経過にも全く興味はありません。面会に行くつもりもありません。」
(日刊スポーツ)

また事件の報道の大きさと彼女の元政治家と
いう肩書から押し寄せる記者に対してはなった
一言として

「身体の相性が良かったのに残念だ」などや

「早く離婚して再婚相手を探したい」等の
発言をして更に世間を驚かせていたようです。

嫁には明かさない思考から至った今回の嘱託殺人
とは思いますが、この開き直りと言うか切り替え
の速さ、ある意味凄すぎます。

強い人と言うか強心臓だな…

身体の相性って…この場に及んで、ですよね。汗

などときっぱり自身と大久保容疑者の
事件との関わりを否定しています。

事件に夫が関与していることを知らなかった
とはいえ、夫婦関係にあり子供もありながら、
他人事のように事件を語る妻三代さん。

夫婦共々過去の経歴を見れば一目瞭然で
世間一般的には優秀な人物だった事が分かり
ますが一筋縄ではいかない個性の強さは夫婦
の共通点だったのかもしれません。

Sponsored Link

林優里の生い立ち~安楽死を渇望するまで!同志社卒の建築家の生涯

おわりに

ALS嘱託殺人事件で逮捕された医師大久保愉一容疑者の生い立ちは、父親のギャンブル依存や育児放棄、親からの虐待、暴言があり暗い過去を持っており、自身も長い間うつ病で自殺未遂も経験していたといいます。
妻や子供たちと不和だったわけではなく、大久保容疑者が家族を大事にする一面も見え、子供たちの普通の父親だったようですが、なぜこのようなむごい事件に関わったのかがこれから明らかになると思われます。
大久保容疑者の妻三代さんは元衆院議員ですが、夫の事件後の会見などで離婚を宣言したり、夫の面会にもいくつもりはないなどと恐怖ともいえる発言の数々で話題を呼んでいますが、事件までの大久保容疑者を近くで見てきた人であり、彼の事件についての今後の発言が注目されそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 筧真一アイキャッチ
  2. 佐藤一麿アイキャッチ
  3. 川俣軍司アイキャッチ
  4. 寺内カブ
  5. 梯沙希アイキャッチ
  6. 木嶋佳苗アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。