成島明彦の生い立ち~上尾ひょっこりはんは発達障害は学歴で発覚?

この記事は4分で読めます

成島明彦

上尾のひょっこりはんと称され2019年9月に
迷惑行為で逮捕されメディアでも報じられた
成島(なるしま)明彦容疑者(33)。

彼が、埼玉県で再び迷惑行為、暴行を行い
逮捕され話題を呼んでいます。

自転車で迷惑行為を繰り返す成島容疑者の
現在までの生い立ちや発達障害や統合失調症
家族の噂まで調べてみました。

成島明彦の生い立ちから学歴や経歴など
についてもお伝えします。

Sponsored Link

成島明彦の上尾のひょっこりはんは有名人

暴行事件
成島明彦容疑者は2019年に埼玉・上尾の
ひょっこりはん
として有名人です。

その理由は彼が自転車に乗りながら、進行する
車に突然飛び出し運転していた女性にけがを
させたということで逮捕歴があったからです。

他にも2019年時点で同様な犯行を10件以上
行っており、地元ではひょっこりはんとして
要注意人物として有名でした。

対向車に対して自転車のハンドルを切り
走行する
という迷惑かつ大変危険な行為
だったとされています。

今回も逮捕された成島容疑者ですが、前回の
逮捕で懲役2年執行猶予4年の刑となり、執行
猶予中での事件でまたまたお騒がせの人に
なってしまったようです。

金髪姿とスーツがトレードマークの成島明彦
容疑者は33歳で、埼玉県桶川市寿に居住しており
職業はパートとされています。

成島明彦の再逮捕(身内暴行容疑)

身内暴行事件
20年10月5日、成島明彦容疑者は埼玉県の路上で
自動車に対して自身の自転車で迷惑行為を行います。

その運転者が72歳の男性(成島容疑者の親族)に
被害報告の電話しますが、この72歳の男性が成島
容疑者に注意したところ逆上、胸ぐらをつかみ
暴行に及び再逮捕
されました。

暴行を受けたのが成島容疑者の親族でしたので、
身内暴行容疑となったわけですが被害の通報を受け
外から怒鳴って注意したところ逆恨みされたようです。

彼は
「自転車に乗っていただけなのに文句を言われて腹が立った。」

と供述しています。

72歳の親族男性が成島容疑者の自宅前から、注意した
時には、彼が大きい石を投げつけたのだとか。

自転車の蛇行運転もわざとで、しかも高齢者に
手を挙げるという事態に世間でも彼に対する
非難や厳罰をのぞむ声が多く見られます。

Sponsored Link

成島明彦の生い立ち~発達障害・統合失調症の真相

奇妙な行動を繰り返す成島明彦容疑者
生い立ちを見ると、彼が発達障害総合失調症
過去の学校歴には特別支援学校にいたという
情報があります。

申し訳ないのですが、やっぱり…と思う
情報の一つだと言えると思います。

成島明彦容疑者の中学校の同級生が掲示板に
そのことを書き込んでおり、

「親も変な人で道路族だったっていう噂もあった」

と伝えており、公道を公演や自宅のように
使用し遊ぶなどし周囲に迷惑がられる存在
だったことがわかります。

2019年に繰り返し車の前に突然とびだす
そぶりを見せる行為を頻発しますが、動機は

「驚く顔が見たかった。」とのこと。

この発言からも、およそ一般的な成人男性の
まともな人間の発言だとは考えにくいです。

まるで小学校低学年の男の子が考える思考と
発言のように聞こえる、事情聴取での言語からも
同級生の言う学校歴に納得できます。

こうした発言から彼が統合失調症・発達障害
だったとする声が多く見られます。

これらは、いわゆる脳の機能に原因があり
考えや気持ちがまとまらない状態の精神疾患
ですが、思春期や40歳くらいまでに発症しやすく
現代に多く見られるものです。

成島容疑者の30代で自転車を乗り回すという
不自然な格好や、見た目の金髪サングラスと
いう大人の風貌とは真逆の幼稚な心理が見え、
これが学生時代からの病によるものなのか
考えさせられます。

事件の奇妙な内容と、その犯行動機を聞くと
こうした発達障害や総合失調症と言う噂にも
信憑性が高い情報なのかな、と思わざる得ません。

成島明彦の学歴と職歴

成島明彦容疑者の出身学校などの学歴は公表
されていませんが、中学時代一緒だったという
人がおり住まいが埼玉県桶川市寿であることから、
市内の中学校に通っていた可能性があります。

現在の職業はパートで、2019年9月までは
金属加工会社に勤めていたといわれています。

2019年の逮捕でおそらく金属加工会社を
解雇になっていたのではと思われます。

この時の逮捕後の取り調べでは動機について

「イライラも解消する。」

などと話しており、生活や仕事などに何らかの
不満ややり場のない気持ちがあったものといえます。

感情のおもむくまま、同様の行為を繰り返し
人の驚くのを見るための危険なゲームに興じて
しまった成島明彦容疑者。

ですが彼の逮捕は当然で、このような危険な
行為による大事故がなかったことはせめてもの
救いといえるでしょう。

今後こうした犯行を抑制する為にも今回は厳罰を
処して本人に認識させることが可能なのか今後の
行方を見守りたいと思います。

病気とはいえ近隣住民や車を運転する全ての人
今回の被害者となった身内の人にも迷惑そのもの
でしかありません。

何とか国が適正な対応をして今後これ以上の
被害がないよう対応をしてくれることを望む人が
大半な事件だと言えるでしょう。

Sponsored Link

おわりに

上尾のひょっこりはんこと成島明彦容疑者の自転車による迷惑行為、親族への暴行での再逮捕が話題となりましたが、彼の生い立ちには発達障害や統合失調症などの疑いがあり特別支援学校に通っていたといわれていました。
自転車を故意に蛇行させ車にぶつけようとし、72歳の身内男性を暴行するなどの短絡的な行動や、幼稚な思考が見えることから成島容疑者の起こした事件は精神疾患からの影響も十分考えられるところです。
自転車に限らず、車でのあおりなど路上でのトラブルも多く社会問題化していますが、地元でも有名なひょっこりはんを身内男性がきちんと注意したことは正しいにもかかわらず報復を受けるという事態には恐ろしさも感じます。このような事件が身近に起こったときどうしていけばよいかを常に念頭に置かなければならないといえます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 飯森裕次郎アイキャッチ
  2. 新村健治アイキャッチ
  3. 吉田純子アイキャッチ
  4. 息子
  5. 岡崎一明アイキャッチ
  6. 鳥山裕哉アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。