筧真一の生い立ち~家族の慟哭!ヤマト解雇は発達障害イジメが原因

この記事は6分で読めます

筧真一アイキャッチ

先日起こってしまったヤマト運輸配送
センターで起きたヤマト運輸殺傷事件の
容疑者として逮捕された筧真一(46)。

悲惨な事件の容疑者として逮捕された
筧真一容疑者の生い立ちや家族について
調べてみました。

筧真一容疑者の経歴や家族構成などから
見る周囲の評判などから事件が起きた背景まで
温厚な性格と言われた男がキレた理由に迫って
みようと思います。

Sponsored Link

筧真一のヤマト運輸殺傷事件

20年10月6日神戸市北区のヤマト運輸集荷センター
で元パート従業員の筧真一容疑者(46)歳が同じく
同パート従業員だった広瀬真由美さん(47歳)と
男性従業員を殺傷。

広瀬真由美さんの腹部など刃物で複数回殺害。

別の刃物では前日トラブルになった男性従業員
(60歳)にも怪我を負わせ、現場にあった車で
敷地内を暴走。

その後、自身の車に乗り換え逃走したところを
事件の通報を受けて駆け付けた県警のパトカー
と鉢合わせ、パトカーに車をぶつけ公務執行妨害
容疑でも現行犯逮捕。

県警の調べによると筧容疑者は、事件前日の
5日の午前中に殺傷した男性従業員とトラブルと
なり、その仲裁に入ったのがパート従業員だった
被害者の広瀬真由美さんだった事が明らかになって
います。

筧真一容疑者は、このトラブルが原因となり
その後ヤマト運輸を解雇。

このトラブルの一見をヤマト側が警察に相談
するよう広瀬真由美さんは指示され県警に相談。

相談内容は、仲裁の際に筧容疑者の手が振り払った
際に広瀬真由美さんの手に当たった。

この事で会社から被害届を出すように指示されたが
広瀬真由美さんは

『私に向けられた暴力ではない為、被害届は出したくない』
と県警で話し、被害届は出したくない、と話していた。

逮捕後の筧真一容疑者は

「人を刺したり散々なことをした。どうせ逮捕されると思ってパトカーにぶつけた」

と話し、殺人容疑と公務執行妨害の容疑で
逮捕されています。

筧真一プロフィール

氏名:筧真一(かけい しんいち)
年齢:46歳  20年10月12日時点
住所:兵庫県神戸市北区甲栄台1(集合住宅)
職業:無職(元ヤマト運輸神戸鈴蘭台センター元パート従業員)
2008年から1年間弱も勤務経歴有り

筧真一の家族は母と双子の弟

筧真一容疑者の年齢は46歳と報道されましたが
彼は46歳独身で婚姻歴な無い男性のようです。

筧真一容疑者が独身と言う事で家族は母親と
双子の弟さんの3人家族
のようです。

父親の存在は無く、かなり前から母子家庭だった
のか、それとも死に別れなのかは現在のところ
分かっておりません。

ただ双子と言われる弟さんは一卵性の双子なのか
見た目は分別が付かないレベルに良く似ていた
弟さんだったようです。

兄弟仲も母親との関係も良好で、筧容疑者だけが
集合住宅で一人暮らしをして、近くに母親と弟
が二人で暮らしていたと言われています。

Sponsored Link

筧真一の生い立ち~家族想いの優しい男

筧真一は、事件現場となったヤマト運輸から
北西約1・5㎞に自宅マンションで一人暮らし
をしていたようです。

その直ぐ近隣マンションに母親と双子の弟
が暮らしており、そのマンション現場では3人が
仲良く出かける姿などが良く目撃されている
ようです。

恐らく周囲の話によると、早くに母親は離婚
したか、もしくは死別したかで父親がいない
母子家庭で育ったようです。

小学校時代の同級生の話によると、昔から明るく
エネルギッシュな子供
で放課後良く遊んでいた
そうです。

明るくエネルギッシュではあるものの、ヤンチャな
喧嘩をするような荒っぽい子共ではなく普通の
明るい少年
だったと言います。

また昔から兄弟や親想いで性格も良かったとの
証言も多い事から、母子家庭で育ったとはいえ
家庭環境に問題があり、そうした経緯から性格的な
問題が子共時代からあったとは考えにくいようです。

70代になった年老いた母親の面倒を見る姿が
欲見られ親孝行な優しい息子さんだったとの
証言が多い事から、尚更、何故今回の無謀な
事件を起こしてしまったのでしょう。

筧真一の性格から見る評判

同級生の証言以外にも筧真一容疑者の性格や
評判が分かる証言を集めてみました。

いつもマンションで会う同マンション住人は
「会うと威勢よく挨拶をしてくれ、私が重い荷物であたふたしてると、荷物をもってくれた事もある優しくてパワフルな人だっただけに、今回の事件を聞いてショックを受けている。」

現在のヤマト運輸にパートとして勤務して1年
だった筧真一容疑者ですが、それ以前に勤務
していた勤務先の上司の証言もあります。

今回の事件を知り履歴書を見て居るけど

「彼の記憶はほとんどでてこない」
印象は
「おとなしく、引っ込み思案」だったようです。

知人の証言も
「とにかく真面目で神経質、仕事に対しても真面目で勤勉なんだと思っていました。こんな事件を起こすとは思っても居ませんでした。おそらくヤマトに貢献してきたのに裏切られた感覚に陥ってしまったのかもしれません」

周囲の人の評判は、本当に今回起こした事件の
容疑者とは思えない証言や性格ばかりです。

一体大人しく温厚だったと言われる筧真一容疑者
が、あそこまでの開き直りで事件を起こすきっかけは
何があったのでしょう。

事件前日に、突然の解雇にあったのは事件後の
供述で明らかになっていますが、どう考えても
通常の流れで有りうる、やむなく解雇となった
とはどうしても納得しがたい経緯があったと思えて
仕方ありません。

筧真一のヤマト解雇は発達障害イジメが原因

事件発端の前日に、ヤマト運輸を解雇された筧真一
容疑者でしたが、その解雇は、どうやらそれまでの
筧真一の勤務態度を見かねて、ワザと解雇に追いやった
感があるように感じて仕方ありません。

と、言うのも筧真一容疑者は以前からヤマト運輸での
荷物の取り扱いがザツだと注意をされていたそうです。

仕事が雑だと周囲から幾度も注意されていた筧真一
ですが、いわゆる、荷物を持たずに引きずったり
箱を雑に置いたりの行動が災いして割れ物の瓶が
割れてしまうトラブルもあったそうです。

そして、そうした一見些細な注意を、正す事が
なかなか出来なかったのか、注意された際の態度が
気に食わなかったのでしょうか。

何度も注意されても治さない、治さないのではなく
治せない、「発達障害アスペルガー」では?と
陰口を言われるようになったのだそうです。

陰口と言うより、従業員が自分より間違いなく立場の
弱いパート従業員を、少しの態度が気に食わないとの
思いから「発達障害アスペルガー」と言いイジメて
面白がっていたのでは…と思えて仕方ありません。

1人が2人に2人が3人に、とどんどん、このような
言われ方や陰口が広まり、筧容疑者はヤマトで孤立
して行ったそうです。

筧真一はヤマトのイジメ証言も

事件後に爆サイにあった同僚バイトの
証言があったようです。

普段から被害者男性(60代)と被害者女性となった広野真由美(47歳)と、あと別の2人は加害男性(筧真一)の悪口を周囲に言っていたそうで、他の従業員と揉めて筧真一容疑者の手が当たった時に大袈裟に苦しんで”骨折したかも~”と嫌味さながらに言っていたそうです。真面目に働いている人が営業センターにまで殺しにきているくらいですからね。日常的にイジメのような行為が続いていて、イジメの女性は裁かれずに自分だけ不当に解雇されて爆発したんでしょう。

先の周囲の筧真一容疑者の以前までの周囲の評判や
性格から見て分かるように、恐らくは生真面目で
大人しい性格の筧真一容疑者。

器用に狡く人間関係を構築する事が出来ないタイプの
彼はヤマト運輸での懸命な仕事の中、従業員や被害者
女性のターゲットとなって日頃から些細な事で、カラかい
軽いイジメのターゲットとなっていた。

そんなさ中の些細なイザコザをきっかけに筧容疑者の
手が当たり、それを原因に、ヤマト側は被害者となった
広野真由美さんに警察に被害届を出すよう指示したと
言います。

不当な解雇を暴力沙汰があったと大袈裟に仕立て
挙げられる、良いきっかけだと思ったのかもしれません。

このヤマトからの被害届の指示を広野真由美さんは

「振り払った手が私の体に当たった。そのことで会社から署に被害届を出すように言われたが、私に向けられた暴力ではなく被害届を出したくない。」
と被害届は出していないようですが、もしかしたら
爆サイでの証言が確かであれば、自分が被害届を出し
大袈裟にする事によって筧容疑者をイジメていた事が
発覚する事を嫌ったのかもしれません。

どちらにしろ、広野真由美さんが殺害されるに至る
正当な理由にはなりませんが…

カラかいやすい人は世の中いますが、もしかして
それが筧容疑者に該当していたとしたら。

そして、それほど悪気なく被害者となった広野真由美
さんも、その軽いイジメの一旦に加わっていたとしたら…

タラレバの話をしても仕方がありませんが
大人社会でのヤマト運輸で、この流れを誰1人
変える事が出来なかったのかと思うと悔やまれて
なりません。

Sponsored Link

筧真一の事件後の仕草に絶句

ヤマト側や被害者男性の証言では、筧真一容疑者
について過去にも問題があった、と証言されています。

もちろん筧容疑者に問題があった事も確かでしょう。

でも、騙しだましでも平穏に暮らしていただろう
彼の周囲の人の人物像を聞くと、元々性格的に
問題があった人物とも思えないのです。

その上で、彼自身が、他人が思うよりヤマトでの
些細なイジメを深刻にとらえていた可能性。

そしてヤマトの従業員が絶対主義の以前から
悪い噂となっているパワハラの数々

それらを加味して、抑えに抑えていた感情が
発達障害と言われ手が当たった被害届だと騒がれ
ヤマトを解雇された筧真一の堪忍袋の緒をキレさせた。

これが大まかな事件の流れのような気がします。
イジメ
あれだけの大事件を起こした後の筧容疑者は
悪びれる事なく警察の車で連行される際の素振りが
ピースサインをして爆笑?
と目を見張るような笑顔
を見せています。

壊れてしまったのか?と思うような、その素振りは
やはり事件を引き起こしたヤマト側の悪しき習慣
会社内のイジメも彼の心に影を落としていたと思えて
仕方がありません。

以前の筧真一なら、これほどの事件を起こして
ピースをして満面の笑みを見せるタイプだったの
でしょうか。

周囲の筧容疑者の評判からは、全く見えない
一面を最後に残して彼が姿を消した事が何とも
気味が悪い顛末です。

おわりに

筧真一容疑者のヤマト運輸殺傷事件は、単なる怨恨から起きた殺傷事件とは思えない事件ではないでしょうか。筧真一容疑者の幼少期から現在までの生い立ちや人物像から見る性格を考えた時、大人しく実直だった男が突然の解雇で、それまでつもり積もっていた不満が爆発したかのような事件の顛末だと思えて仕方が無いからです。筧真一容疑者が、身勝手で独りよがりで一方的な妄想から、あそこまでの殺傷事件を起こせたのか?と考えた時、どうしてもそう思えないのです。もちろんどんな背景があったとしても彼のした行為は許される事はありません。でも会社の序列やパワハラ問題でいつも犠牲になるのは弱者である事、筧容疑者は決して優遇された立場では無かった事を考えると、どうしても、この事件の背景にある問題もあったのではないか、と思えて仕方ありません。今は広瀬真由美さんのご冥福を祈りながら、やはり筧真一容疑者の母親と弟の今後を考えると決して他人事ではない事件だと思えて仕方ありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 井本光アイキャッチ
  2. 服部純也アイキャッチ
  3. 阿部定アイキャッチ
  4. アイキャッチ木嶋佳苗
  5. 加藤紘貴アイキャッチ
  6. 宮崎勤アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。