吉野由美の生い立ち~葛飾区で母親10年冷凍保存でソープ嬢歴の謎

この記事は4分で読めます

吉野由美アイキャッチ

今年1月27日に東京都葛飾区の都営住宅で
冷凍庫保存された女性が発見され、同月29日に
行方のわからなくなっていたその女性の娘で
無職の吉野由美容疑者(48)を遺体遺棄で
逮捕しました。

吉野保存容疑者が、10年前亡くなった母親を
自室に冷凍保存していたことがわかり、遺体と
10年も一緒に住み続けた意外な事実に世間は
驚かされましたが、その動機には謎も多いようです。

吉野由美容疑者の生い立ちや東京葛飾区遺体
遺棄事件の謎、ソープ嬢歴についてもお伝えします。

Sponsored Link

吉野由美の東京都葛飾区母親遺体遺棄事件

2021年1月27日東京・葛飾区の都営住宅の
一室で冷凍庫から女性(70代)の遺体が
見つかりました。

警察は、同月29日遺体女性の娘で行方不明
だった無職女性の吉野由美容疑者(48)を
千葉県内のホテルで逮捕しました。

吉野容疑者は、1月半ばまで10年前に亡くなった
母親の遺体と共に暮らしていましたが家賃滞納で
家を残し出ており、自宅の押し入れに置いた冷凍庫の
中に母・一枝さんの遺体を遺棄。

遺体は冷蔵庫に体育座りのような姿勢で入っており
腐敗は進んでいましたが下半身は凍っていたといいます。

吉野容疑者は、

「同居していた母が死んだ後に遺体を隠すためにネット通販で冷凍庫を買った」

と話しているそうです。

警視庁は吉野容疑者が10年ほど遺体を置いた
部屋で生活していたとみて捜査しています。

吉野由美の母親10年冷凍保存の謎

吉野由美容疑者が母親を10年も冷凍保存する
という謎に満ちた行為に噂が集まりました。

彼女は母親名義で借りた部屋に住んでおり、

「母が死んで住めなくなると困ると思った。」

とも供述しており、親が亡くなっても届けずに
遺体を隠すことで自分の住処にとどまっていたと
思われます。

事件発覚の直前に清掃業者に後を任せ都営住宅を
出ていますが、おそらくは行き場もなく母親の
遺体と一緒にいることから逃げてしまいたい気持ちが
募ったのではないでしょうか。

10年前、外出先から帰ってきたら同居する母親が
倒れ亡くなったといい、

「遺体は数日たつと虫がわいてきたので」

冷凍庫に入れ隠したと言っています。
(文春オンライン:引用)

家賃滞納も110万円にものぼり、逮捕時の所持金も
5000円だけで、借金もかかえた困窮ぶりであったようで
自身で遺体を処分することもできず隠し通しつづけていた
ものと推測されます。

吉野由美の生い立ち~母親は精神障害者

すし職人だった父親と母親との一人っ子と
して誕生した吉野由美容疑者。

高校時代の同級生の証言では当時の学年で
4大に進学する生徒は少なかったものの吉野
由美容疑者の当時の成績は学年トップ。

大学進学を目指して傍目から見ても分かる
勤勉ぶりだったそうですが卒業直前で家庭の
経済的な理由で進学を諦めたそうです。

その後、高校を卒業して就職した会社は水が
合わなかったのか1日か2日で辞めてしまい
その後は大型トラックの免許を取りトラック
運転手などもしていたそうです。

その2社目の就職先で知り合った男性と20歳
過ぎに結婚もしていたと言う彼女がその後
どうしてソープ嬢となったのか同級生にも
音沙汰がなかったようです。

ただその後の形跡を辿ると若い頃の結婚生活は
それほど続かなかったのかもしれません。

現在48歳の吉野容疑者の父親は20年ほど前
彼女が30歳前には事件現場となった葛飾区の
アパートに同居していたようなのです。

近隣住民によると20年ほど前に父親が他界し
その後残された母親の精神バランスが悪くなった
のか近所の人が認識する程の奇行がではじめたそうです。

昼夜構わず奇声を上げたりするなど、あまりに
続く、その異様な様子に10年ほど前に娘である
吉野由美容疑者に近所の住人らで施設に入れるよう
提案したほどだったそうです。

そして程なくして、母親の奇声が収まった事から
てっきりアドバイス通りに施設に入れられたのだと
思い込んでいたのだとか。

今回の母親の遺体発見後の検視の結果、死後
10年ほどは経過しているとの事。

そうした経緯からしても、施設に入れたのかな?
と近所住民が安堵した頃には母親は既に死亡していた
と言う計算になります。

吉野容疑者の母親については元々精神障害者
だったのではないかという噂があるようです。

吉野容疑者は周囲の人々とはあまり近所付き
合いもなく、詳しいことはわからないようですが、
ある住人によると

「何年か前に『母を施設に入れて1人で暮らしています』と言っていた。母は精神的に病んでいたのか、奇声を上げたり暴れたりすることもあったみたいだから。」
(文春オンライン:引用)

と語っており、彼女が一緒に暮らしながらも
通常の暮らしとは違った困難を感じる事情が
前からあったと思われます。

母親が精神障害者であることから世間の目に
敏感になり、遺体を隠すという行為に走って
しまったのかもしれません。

Sponsored Link

吉野由美の経歴にソープ嬢歴

吉野容疑者の素性を良く知る人は少ない
ようですが、ある捜査関係者によれば彼女に
ソープ嬢歴があることがわかっています。

今回の事件発覚で高校生当時の同級生だった
女性は、大学進学を考える程優秀だった
彼女のソープ歴にかなり驚いていたようです。

「その時の客で、継続的に体の関係を持っていた男性がいたのだが、その‘’セフレ‘’に2~3年前、『母が死んで葬式をあげるカネがないから20~30万円くらい貸して』と頼んでいた。それ以外の時にも男性に金の無心していて、借金はかなりの総額になっていたようだ」
(文春オンライン:引用)

彼女がかなりの借金を抱えていたことがわかり
生活困窮が周囲にも見えていたと考えられ、
ソープ嬢もそのための手だてであったといえます。

ただ近所の人の話では、吉野容疑者は数年前までは
「朝昼晩頑張って働いている方」とも言われており、
真面目に生活のために取り組んできていたようですが
それも追いつかず、どうしようもない心理にかられた
のだろうと思われます。

吉野由美の評判

吉野由美容疑者についての世間の評判を見ると、
様々でており彼女の10年間が悲しく、つらい
ものではあると言った反応も多く見えていました。

・母親の年金をあてにしたかったのかもしれない。
・母親の介護に苦しんで、社会的キャリアをなくし相談もしにくかったのではないか。
・区役所など行政に相談すればよいのだが、借金や世間体もあり言い出しにくいのが現状。
・70代の母親の死因がよくわからず謎の多い事件。

自然死といわれていますが証拠はなく母親が
亡くなった経緯や、母親を冷凍庫に入れた理由
などの詳細がこれからさらにはっきりしてくる
ものと思われます。

この親子の困窮や援助を求められる人が、なかった
ことがとてもあわれに思えます。

一方で事件については、死体遺棄であり犯罪で
あるという厳しいものも当然出ており、大事な
母を殺人ミステリーかのような冷凍庫遺棄という
手段にも疑問は残るところです。

Sponsored Link


おわりに

東京都葛飾区遺体遺棄事件で逮捕された吉野由美容疑者は、あまり近所付き合いや知り合いもなく母親も精神障害者ではないかとされており社会との接点が少ない暮らしをしていたといえます。
彼女は困窮していた上に、ソープ嬢として働くなど苦労も重ねていたようですが、声を自らあげなければ母親を亡くしても身動きできない悲しい状況に、現代社会の冷酷な一面も感じます。
母親の遺体と一緒に隠れて暮らすしかなかった彼女の真意がさらに明らかになり、彼女のような人生を送らざるを得ない人々の生の声として社会に反映されていくことを望みます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石橋和歩アイキャッチ
  2. 小林泰剛アイキャッチ
  3. アイキャッチ木嶋佳苗
  4. 廣瀬晃一アイキャッチ
  5. 飯森裕次郎アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。