中尾真穂の生い立ち~旭川14歳女子イジメ凍死事件の加害者母子関係

この記事は5分で読めます

中尾真穂アイキャッチ

北海道旭川市の中学2年生の女子生徒が、イジメを苦に家を飛び出しマイナス17度の北海道の雪の中で凍死する、という衝撃の事件において、その主犯格の加害者とされている同じ学校にいた中尾真穂に世間の注目が集まっています。

中尾真穂の凄惨なイジメや彼女への批判は見過ごすことができず、彼女の暗い生い立ちや母子関係、その現在が大きな話題となっているようです。

旭川14歳女子イジメ凍死事件の主犯格とされる中尾真穂の生い立ちや、その母子関係、現在の様子についてまとめてみました。

Sponsored Link

北海道旭川14歳女子イジメ凍死事件

北海道旭川市の公園で今年3月23日、中学2年生の女子生徒廣瀬爽彩さん(14)が凍死しているのが見つかりました。

彼女は2月13日、家族の外出中に自宅から失踪しこの日遺体で発見されており事件性はないということでしたが、これに多数の苦情が寄せられ市と市教委はいじめの有無について調査を決めており、報道では2019年4月から先輩A子らによる陰湿ないじめがあったことがわかっています。

被害者女子生徒は中学入学後すぐ、A子や男子生徒らから脅迫され、自身の裸の画像や自慰行為の強制をされており、2019年6月にはA子ら10人近くに囲まれ詰め寄られて4メートルの高さの土手を降り川に飛び込むなど壮絶なイジメに遭い、警察も出動していたといいます。

ですが加害者らがイジメを隠し、彼女が母親からの虐待で死にたいと飛び込んだという虚偽の説明をするなどし難を逃れ、当時未成年でもあった加害者に処罰はありませんでした。

その後も、ひどいわいせつ写真の拡散などは止まらず、女子生徒はPTSDを患っていたといわれています。

彼女はその後遺症に悩まされ、2019年9月に引っ越し他の中学に転校したのですが自宅に引きこもり、この事件に至ったとされています。

市教委は「重大事態」と認定し、5月から医師や大学教授からなる第3者委員会によって本格的調査がおこなわれるそうです。

中尾真穂(加害者)の女子イジメの驚愕発言

中尾真穂加害者
わいせつ画像拡散などの主犯格のA子といわれている中尾真穂は、現在16歳で茶髪にピアス、文春オンラインの取材を受け質問に答えていますが、被害女子生徒のイジメについて驚愕の発言をしています。

中尾真穂は爽彩さんとは「友達」の関係で、彼女のわいせつ画像については「持っていない」などとしています。

また公園で爽彩さんが自慰行為を強要されたことについては自身が関わっておらず、イジメの主犯格でもないとし「本人が嫌がっていたとしても、どっちにせよ最終的には(自慰行為を)やってるんだから」といイジメを否定しているからびっくりです。

爽彩さんが川に飛び込んだ時も「死にたくなったんじゃないですか。」としらを切り、亡くなったと知っても「うーん、いや、正直何も思ってなかった。」

とにかく最期まで爽彩さんに謝罪もなく、その死にショックさえもない状態で鬼畜としか表現できません。

中尾真穂の生い立ち~母子関係

中尾真穂の母親は中尾絵里奈といい、ネット上では看護師という情報もでているようです。

母親は中卒でバツ2という情報も見えており、詳細ははっきりしていません。

妹がいるようで家族は母親と父親と妹の4人家族のようです。

母親が二回離婚して、3回目の結婚ということなら中尾真穂は誰の子なのかもわかりませんね。

かなり家庭環境は複雑なことが伺え、おそらく屈折した母子関係だったといえます。

また母親はお酒を飲むと子供である真穂らに暴力を振るっていたという噂も出ており、そういうところが中尾真穂の非道な行いにつながったともいえそうです。

Sponsored Link

中尾真穂の被害者女子へのひがみと妬み

中尾真穂と被害者の廣瀬爽彩さんははじめはゲームなども一緒にする友達だったようで、共に母子家庭育ちということもあり仲は良かったようです。

ですが、同じ母子家庭でも中尾真穂とは違い、廣瀬さんは母親に大事に育てられていた様子がみえ、そこからだんだんひがみが生じ、妬むようになったという噂もでています。

誰の子かもわからず、家族に愛された経験もない中尾真穂にとって、同じ環境かと思いきやそうではなく家庭や学校も楽しめる明るい彼女は邪魔な存在になっていったといえます。

廣瀬爽彩さんは高機能自閉症という障害があったそうですが中学校では通常クラスに所属していたそうです。

あまり知能の遅れはなく、人間関係があまり得意ではないということのようですが、もともと絵も得意な明るい少女だったといわれています。

勉強もよくし、中学に希望を持って入学したところで中尾真穂らのグループに出会ってしまい、いいように利用されて何もかもなくしてしまった彼女が実に哀れでなりません。

中尾真穂ら親子が被害者家族へも謝罪なし

同年代の男子学生や周囲の年下児童も扇動した、主犯格は中尾真穂ということで、文春からの取材も受けている親子ですが、未だイジメを認めておらず被害者家族へも謝罪がないということに批判の声が高まっています。

いじめに関わった事実があり、少なくとも初めは交友関係にあった被害者に対し、みじんの気持ちも起こらないことに憤りを覚えて当然です。

また強要や脅しはなく、ただの悪ふざけという認識はグループの他の子達も同様な感じで、学校までも「加害者にも未来がある。学校は責任は負えない。」と母親に説明したといわれており、完全に孤独になった爽彩さんが誰にも助けてもらえなかったことを悲しむ人がたくさんいます。

学校の隠ぺい体質や旭川市の対応の遅れに不満が噴出しており4月26日の保護者説明会は「ふざけんな」の怒号が飛び交い大荒れだったそうです。学校生徒にも事態は説明されておらず、担任や教頭も被害者の広瀬さんの母親からイジメの内容や、わいせつ画像などをスクショするなど証拠を確保しながら問題への取り組みが一切なかった事も今になり問題化しています。

学校と加害者側が被害者親族や被害者本人に、頭を下げずほとんど回答を拒否するなどし進展はなかったといいます。

事実を明らかにする時間がかかり過ぎてしまっており、おそらく中尾真穂親子らの心からの謝罪に追い込むにはさらなる困難が待っているような気がします。

中尾真穂の現在は格安カット店

中尾真穂は中学卒業後、高校に進学せずに働いており、理容室で働いているという情報が出ています。

当然ですがネット社会である現代では、これほどの悲惨な事件を起こした関係者だとの情報は、未成年と言う事で少年法に守られ逮捕とはなっていないまでも地元では更に有名人なのは間違いないようです。

今後、事件解明のための調査に旭川市が乗り出したことで更なる事件への注目度が高まったため、今後生涯彼女の存在はネットでも知られた存在となるのと考えられるでしょう。

ネット上の情報では中尾真穂の勤務先は格安カット店である理容cut-Aの旭川店で、メガネをかけているということです。

この店は美容室と理容室が併存した形の店ですが、そこを利用していた人の書き込みなどによると現在は店を辞めたともされており確証がないという感じです。

中には本業が理容店で副業がガールズバーといった噂もあるようで混沌としています。

これだけ壮絶で悲惨な事件を起こしながら、どこかでぬくぬくと過ごすなんて断じて許されることではありません。

中尾真穂が事件のあった旭川にいることさえ、被害者の遺族にはやりきれない限りのはずですが、被害者を救うがために多くの情報が出され、早く事件の解決を望むばかりです。

Sponsored Link

おわりに

ネット上で大きな話題を集めている旭川14歳女子いじめ凍死事件の主犯とされている中尾真穂については、その母子家庭の複雑な生い立ちもあり友達だった被害者への妬みからひどいいじめにエスカレートしていったといえるでしょう。
そのあまりの凄惨さに被害者がどれほど怖い思いをし追い込まれたことか、中尾真穂にはそれを思いやる情けなど何もなかったことに驚くばかりです。どこかでまだ働いているなどという情報がありますが、早期の真相解明を多くの人々が強く望んでいます。
また未成年とは言え、どうしようもなく起きてしまった事件とは到底捉える事の不可能なレベルの今回のような事件への対応を法治国家として改めて少年法への見直しが必要ではないか、と説に思うばかりです。
本当に守るべき存在は、こうした未成年ではないはずではと強く憤りを感じます、被害者少女のご冥福を祈りつつ次の被害者が出ない為にもこうした中尾真穂のようなモンスターを今後どう対処していくのかも大きな課題として欲しいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 小林泰剛アイキャッチ
  2. 田中香織アイキャッチ
  3. アイキャッチ木嶋佳苗
  4. 鈴木泰徳アイキャッチ
  5. 外尾計夫アイキャッチ
  6. 熊澤英一郎アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。