花森弘卓の生い立ち~中国ハーフの性格や評判!硫酸事件までの拗らせ

この記事は6分で読めます

花森弘卓アイキャッチ

東京都港区の東京メトロ白金高輪駅で、男性会社員(22)に硫酸をかけたとして、傷害容疑で逮捕された静岡市の大学生花弘卓(ひろたか)25歳容疑者。

彼は「大学時代の男性の態度が悪かった」などの供述をはじめており、その硫酸事件までの拗らせにも注目が集まっています。

また花森容疑者の父親や中国美人の母親も話題となっており、中国人ハーフの彼の生い立ちが気になります。

花森弘卓の生い立ち、中国人ハーフの性格や評判、硫酸事件までの拗らせについてお伝えします。

Sponsored Link

花森弘卓の白金高輪駅硫酸事件

硫酸事件

東京五輪も残すところパラリンピック開催で終盤を迎える中、8月24日、花森弘卓容疑者(ひろたか)25歳は不動産会社に勤める被害男性(22)を尾行し、東京メトロ白金高輪駅で硫酸とみられる液体を彼にかけました。

被害男性は顔に火傷を負い、なんとか失明は免れたものの全治6か月の重傷を負いました。

花森容疑者が被害者男性に向けてかけた硫酸は被害者男性にかかり残りの硫酸が地面に垂れ流し状態に、後方から歩いてきた30代女性も液体で滑り、足に軽症の火傷を負いました。

目的を果たした花森容疑者は、犯罪当初着用していた衣類を脱ぎ捨て、そのまま品川から自宅のある静岡県にいったん戻った事が分かっています。

翌日に近隣空港になる成田や羽田空港では無く、どうしてか東海地区にある名古屋のセントレア空港から飛行機に乗って沖縄まで逃亡。

傷害容疑で公開指名手配されましたが28日に沖縄県内で逮捕されています。

被害男性との関係は、琉球大学時代の映画サークルでの先輩・後輩という間柄で、花森容疑者のはっきりした動機は解明中です。

2人は事件の1か月ほど前にも都内で顔を合わせており、その際に容疑者は被害男性の“態度”について直接文句を言うなどしています。

捜査で花森容疑者は高校で1年留年したこともあり被害者男性より実年齢が年上でした。

その為自分が年上だと言う認識が強かったのか「大学時代に(男性が)タメ口を使うなど態度が悪かった」などと供述しており、一方的に恨みを募らせて犯行に及んだと思われます。

またそうした経緯から被害男性に一方的に怒りを募らせ、接触するため事前に沖縄の母校まで名簿を取りに行くなどしたことが判明し、今回の硫酸事件は計画性の高い犯行とみられています。

花森弘卓の生い立ち~高齢の父と中国美女の母

花森容疑者は静岡市葵区に高齢の父と中国美女の母との間に誕生した日中ハーフであったことがわかっており、一人っ子として育っています。

彼の父親の家系は静岡市内の商売人で、地元でも裕福な家庭であったようです。

父親は静岡駅前にある整体院の腕がいいといわれた整体師で、中国人の母親は東京の病院に通う勤務医だったとか。

母親はとても美人で目をひく存在だったそうで、夏休みは家族で仲良く中国にたびたび旅行していたということです。

母親が東京勤務だったため、朝は父親と共に整体院に行き、そこから学校へ向かう生活で、夜に自宅に戻ることから近所に友達もなかったといいます。

花森容疑者が高校生の時、父親が病気で急死し、母親は静岡市内に勤務地を変えて彼と同居を始めました。

この時の父親の急死が原因かは定かではありませんが、花森容疑者は高校を1年留年しています。

その後、花森容疑者は、同級生より1年遅れて琉球大学農学部に進学しますが、大学在籍中(2年当時)に母親も病死するという不幸が続きます。

その後は地元静岡に居る父親の兄が後見人として、1ヵ月に1度の頻度で花森容疑者の自宅に顔を見せるなどして彼の面倒をみています。

そして母の急死からまたも花森容疑者は沖縄から静岡大学農学部に編入し、実家にて一人暮らしをしていました。

高校卒業前の父の死に大学進学してからの母の急死、数年の間に両親を亡くした特殊な事情を大学側も配慮。

琉球大学から静岡大学農学部に特待生として編入しますが、この編入も原因なのか一時的に休学したのか花森容疑者は現在も静岡大学農学部の現役大学生のようです。

大学ではカブトムシの研究をし、家の中も土を持ち込んでいたそうです。

昆虫好きと思いきや、彼は売買が禁止されている沖縄のクワガタやカブトムシの固有種を飼育、密売し一儲けしていたようです。(週刊女性プライム:引用)

Sponsored Link

花森弘卓の生い立ち~学生時代の評判

花森容疑者を知る事件後の近隣住民の証言にもよると、幼い頃からおとなしい性格だったといいます。

幼少からずっと母親といるところをよく見たことのある人は、ごく感じのいい青年という印象があり事件を報道で知り驚いているようです。

花森容疑者は地元の小中学校を卒業すると、地元では有名なサッカーの強豪校である私立の常葉大学付属橘高校に通っていたといわれています。

この頃は無口で目立たない一方で、イジメにあっていたという同級生の証言もあったようです。

彼は高校に入学すると早々に留年しており、その理由はわからないものの、ひとつ下のクラスメイトにも馴染み、どちらかというといじられキャラでしたが大きなトラブルはなかったそうです。(文春オンライン:引用)

花森容疑者は昼休みにはバスケットをしたり、ゲームセンターに通うなど普通の高校生でしたが、高校時代の同級生によると、「倍にして返さないと気が済まないタイプ」との証言もあり危険な行いをしでかす兆候があったのかもしれませんね。

また母親が健在の高校生時代に、比較的大人しい印象だった花森容疑者が家の前の道路で母親に馬乗りになっている状態だったのを目撃した人がいるようです。

一風大人しく見える青年だった花森容疑者の隠れた凶暴性は、この頃から時おり抑えきれない衝動として出ていた様子がこうした証言からも伺う事が出来るエピソードですね。

花森弘卓の好きな子へのストカー気質

現在25歳とまだ若い森容疑者ですが、過去に好きな子へのしつこいストーカー行為をしていたことも分かっています。

「文春オンライン特集班」の取材でわかっています。

花森容疑者は高校時代「2次元しか愛せない」と同級生に語り、2年ほど前から通う近所の行きつけの喫茶店店主に年配女性らが多い事から”彼女作りなさいよ”と言われた際には

「彼女作るのは無理だとおもう」「僕の彼女は宇宙人しかいないかな」と語っていたとか。(文春オンライン:引用)

花森容疑者が19歳だった高校3年生の夏、予備校内で私立女子高に通う1人の女子高生B子さんに好意を持ち、のめりこんだようです。

「B子は黒髪ロングが似合う和風美女で、女子校に通う上品なお嬢様タイプでした。一方の花森は当時から巨漢に無精ひげでB子さんから“クマ”と呼ばれていました。高3だった2015年の夏に”陽キャ”な同級生を通じてB子と話したのをきっかけに彼女にドハマリ。周囲の目も気にせず廊下の真ん中で前のめりでB子さんに必死に話しかけていました。」(予備校の友人)(文春オンライン:引用)

「一度B子が帰宅途中にサラリーマンにナンパされたことがあったんですが、それを聞いた花森は頼まれてもいないのに彼女が予備校を出る際に周囲を巡回したり、店でレジに並ぶB子を商品棚の影から見守っていたり。帰り道も他の女友達をおしのけてB子の隣をキープしていました。好意があるのはわかっていましたが、一歩間違えばストーカーというレベルでした。」(同上)

「(9月末のB子の)誕生日当日の夜、友達数人でB子の家まで行ったんですが、B子の家の前についたら花森が急に地面に膝をついて赤い薔薇の花を渡したんです。皆がポカーンとしていると、歯が浮くような台詞を並べ、さらに虫かごを取り出して、ヤドカリの”つがい”をプレゼントしました。B子は断るわけにもいかず苦笑いしながら受け取ったんですが、それを花森は『受け入れられた』と勘違いしたんです」(前出)

異常にエスカレートする花森容疑者に見かねたB子さんの友人が予備校に告発、花森容疑者はクラスを変更され、やがて疎遠になったといいますが、ここでトラブルにならずにすんだのは幸いといえます。

この当時から粘着質な性質や思い込みの激しい性格の片りんが感じられますね。

悪い人では無いのでしょうが、やはりあまりにも一方的な思い込みを行動に出してしまうのはコミュ障(コミュニケーション障害)的な傾向はあったのかもしれません。

Sponsored Link

花森弘卓の硫酸事件までの拗らせ

花森弘卓容疑者の硫酸事件の動機は、大学時代に被害者男性(3歳年下)からタメ口をいわれたことがきっかけといわれています。

被害者男性とは琉球大学の映画サークルで先輩後輩の仲だったと言います。

「数人で一緒にいる時にタメ口を使ったところ、『年齢が上なのにため口はおかしい』と怒られた」

と被害者男性が話をしており、これが大学時代の花森容疑者について思い当たるトラブルとされています。

なんでも花森容疑者が大学2年生のとき、映画研究会に入部しますが、そこで1学年下の今回の事件の男性に出会い、サークル活動の中で被害男性から「おい、花森!」と呼び捨てにされ馬鹿にされたと思ったようです。

花森容疑者は「花森さんだろ」と怒ったそうですが、大学時代を終えた後にまで根に持っていたとは恐ろしい限りです。

その他、昨年9月ごろ、静岡県にいた花森容疑者から無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「泊まりに行っていいか」と被害男性に連絡があったといいます。

沖縄の大学に在学中だった男性は、卒業論文の作成で忙しいことを理由に断りますが、執拗(しつよう)に求められたためラインをブロック。

するとその後、花森容疑者から態度を改めることなどを求める脅迫めいた内容の手紙が届いたといいます。

男性は今年7月、事件より1ヵ月前に都内の路上で花森容疑者に突然声を掛けられ、繰り返し大学時代の態度などについて不満を言われていますが、その際男性はラインをブロックしたことを謝罪しています。

こうした事件までの経緯を考えても、怒りの沸点やボーダーラインに個人差があるとはいえ、花森容疑者の言動は常軌をきした沸点であり計画的に待ち伏せして硫酸を人にかけて思い知らせてやろうだなんて異常な精神状態を持ち合わせていた事が分かります。

被害男性が硫酸の被害にあうまでに、学生時代からの拗らせの数々があったことがわかりますが、あくまで被害者男性は硫酸事件に至る程のきっかけだとは考えてなかったように、誰もがこのレベルで硫酸事件の被害者になると考えられる人はそうは居ないでしょう。


おわりに

花森弘卓容疑者の生い立ちは、高齢の父と中国美女の母の間に生まれたハーフで裕福でしたが、両親を亡くし静岡の大学で一人暮らしをしていました。花森容疑者学生時代は大人しい性格だったようですが内に秘めて拗らせた性格は異常者そのものです。
パキスタンなどの途上国で酷い男尊女卑から女性に対するアシッドアタックが社会問題化されています。
静岡大学の農学部に所属していた花森容疑者が硫酸を容易に手に出来た環境だったと言われていますが、そうだとしても安易に自らの怒りの矛先として被害者男性にアシッドアタックと言う卑劣な行為を行った事は到底許される行為だと思えません。
ましてや一般的な理解に苦しむレベルの怒りの矛先からのアシッドアタック、硫酸事件として傷害事件と報道されていましたがこれはれっきとした殺害事件に筆頭する事件だと思えて仕方ありません。被害者男性の為にも今後同じような事件が起きない為にも如何に自分のした行為が卑劣で恐ろしい殺害に準ずる行為だったのか厳しい判決で罪を償って欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 久保木愛弓アイキャッチ
  2. アイキャッチ木嶋佳苗
  3. 矢野富栄アイキャッチ
  4. 嘉本悟アイキャッチ
  5. 早川紀代秀アイキャッチ
  6. 林寿満アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。