小森章平の生い立ち~三重県四日市時代の性格や親が見た嫁の異常性

この記事は5分で読めます

小森章平アイキャッチ

東京都内の女子高生、鷲野花夏(かな)さん(18)の遺体が山梨県早川町の小屋で発見された事件で、死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市在住の小森章平(27)と小森和美(28)夫婦容疑者。

SNSで知り合ったという鷲野さんと小森章平の関係に妻の和美が嫉妬し、残忍な事件を起こしたとされています。

容疑者の実家が三重県四日市だった事から明らかになった夫婦の異様な形と小森章平の学生時代や、2人の異常性に世間の注目が集まっています。

小森章平の生い立ちや性格、2人の結婚までや、親が見た嫁の異常性についてお伝えします。

Sponsored Link

小森章平の女子高生死体遺棄事件

「この日(8月31日)、墨田区に住む私立高校3年生の鷲野花夏(わしのかな・18)さんの遺体が、山梨県早川町の山奥にある小屋で見つかりました。同日に警察は、群馬県渋川市に住む小森章平(27)、妻の和美(28)両容疑者を鷲野さんの死体遺棄の容疑で逮捕しています」
(全国紙社会部記者)

28日から行方不明の鷲野さんは「友人に会う。すぐに帰る。」と家を出ていましたが行方不明で、防犯カメラによって自宅付近で容疑者らの車に乗ったことがわかりました。

小森夫婦は車に積んできたロープで、鷲野さんの首を絞め刃物で刺し殺害したようです。

2人は容疑を認めており、夫の章平容疑者は「鷲野さんとは2年前ツイッターで出会った。妻が嫉妬していて事件になった。」などと供述。

当日は3人で話合うため鷲野さんを呼び出したと見られていますが、話し合いがこじれ鷲野さんを殺害、死体を遺棄したとされています。

小森章平の生い立ち~三重県四日市学生時代

この異様な事件の主犯ともされる夫の小森章平容疑者のルーツになるだろう実家のある、三重県四日市時代の生い立ちを追ってみようと思います。

小森章平は三重県四日市出身で、父母と5人兄弟との7人家族で、彼は長男であり厳しく育ったといます。

現在27歳の小森章平容疑者の年齢からしたら、いささか兄弟が多い印象を受けますが、その生活ぶりはそう裕福だったとは言えない生活状態だったと言われています。

小森章平の育った生家は、古びた一軒家を住居として、いつも服もボロボロで貧しく、彼の両親である夫婦仲もあまり良くなかったと言います。

夫婦喧嘩も絶えなかったのか、家庭から、よく両親が出ていったりしたそうです。

そうした家庭環境が災いしたのか小森容疑者の幼少期である小学時代の同級生の印象は当然良いとは言えなかったようです。

コミュニケーションや会話が苦手で、話す言葉や印象も、ぼそぼそした感じで、話しかけるといきなり「うるせー」といってキレる感じの子供だったとか。

小中学校は剣道部に所属し、どちらかといえば暗めの性格で、部活も休みがちで目つきも悪かったそうです。

中学校は剣道の強い学校でしたが、地元の子とは違う学区外の別の公立中学校で、教室の隅でぽっちゃりとした女の子と休み時間を過ごしていたといわれており、少し変わった一面が多々あったとも言います。

その後、地元では厳しい事で有名な、三重県水産高等学校に入り「航海士か自衛隊員になりたい」という夢がありましたが、中退しています。

実習が過酷で、先輩にいじめられていたのが原因のようで、中退後は溶接工などを転々としていたといいます。

Sponsored Link

小森章平の狂暴だった性格

小森章平の凶暴だった性格にも注目が集まっています。

サバイバルゲーム、アウトドア、動物などが好きといい、インスタグラムには「山梨のキャンプ場が好き」と書かれており、その場所は今回の事件現場近くでもありました。

また、同級生の話では、学校内でもかなりの危険人物

「本当に突拍子もないことばかりを言うやつだった。常々“俺は爆弾を勝手に作ることができるから、その気になれば簡単に人を殺せる”“殺すときは残虐なやり方じゃないと気が済まない”などとサイコパスのようなことをペラペラ喋っていた。」といいます。(週刊女性プライム:引用)

スイッチが入ると急にキレ出し、クラスの女子生徒にカッターナイフを振り回し、

「中学2年生くらいのときにもほかの女子生徒を階段の一番上から、何の理由もなく突き落としていました。幸い軽傷ですみましたが、本当に危険人物でした」

いつキレ、何をしでかすかわからない、といった彼の秘めた凶暴性は、学生時代かなり周囲の印象に強く残っているようです。

小森章平と嫁との出会いと結婚まで

嫁との出会いと結婚

小森章平が嫁の和美と出会った経緯は不明ですが、結婚は2021年で、驚く事に妻の和美には離婚歴がありました。

小森和美は前夫と結婚し、生まれた3人の子供と共に、群馬県渋川市にある自宅で暮らしていました。

ただ夫のDVが酷かったとの理由で今年初め現在の夫となった小森の実家のある三重県に別居し離婚しています。
(子供は和美の実家の両親が養育)

小森章平の中学時代からの友人が聞いたところでは「(和美を)保護する形で拾った」といいます。

イラスト好きの共通の趣味もあったようで、DVから彼女を守る形で4月に籍を入れています。(文春オンライン)

そして今年6月頃に和美は小森章平と再婚、再び渋川市で新婚生活を送っていました。

26歳の小森章平は和美に会うまでは実家の三重県四日市に住んでいましたが、突然何もいわず夜逃げしていったそうです。

ただその後の新婚生活の2人にあまり幸せそうな雰囲気はなく、周囲の住民の評判では、和美は暗い性格で周囲と交流を持たないタイプだったとか。

そして更に驚く事に今回の女子高生死体遺棄事件の発覚時、和美は小森章平の子を妊娠していると言われているようです。

2021年9月時点で4か月、2022年3月出産予定という情報が見えています。

(和美がTwitter上で妊娠報告をしており、逮捕の日の午後、病院での診察を受けているとのこと)(TREND365)

小森章平の親から見た嫁の異常性にも視線が注がれており、小森章平は「嫁の和美に会ってから性格が変わってしまった」といわれています。

2人は事件より前に小森の実家で、しばらく2人は同居していたようです。

夫となる男の見ず知らずの実家で暮らし始める事となった和美は小森容疑者の中学生の弟がいても下着姿で家内をうろつき、部屋も散らかし放題で注意を聞かなかったといいます。

また夜逃げの前には弁護士名義の借金の催促状が何通も届き、和美は「借金は前夫がネットのゲームで課金して作った」と言い、2人でそれを返すと言っていたとか。

そして和美宛てに渋川市から届いた子育て支援の封書で、小森章平の両親は和美に初めて子供がいることを知ったそうです。

何より小森章平自身も子供が居た事は知っていたが、その数が3人というのは、かなり後で知り驚いたようです。

2人は夫婦ではありますが、両親や周囲とはかかわりを避け、どこかお互いに影の部分を持っているような不思議な関係であったといえそうです。

Sponsored Link

小森章平の異常性

今回の事件と関連して、小森章平の異常性が浮かび上がっているようです。

小森章平が年の離れた女子高生を相手にしていたことについて、彼の同級生は

「実は彼、昔から年下の女の子が大好きなんですよ。中学生当時、彼には小学生低学年の妹がいました。その妹の同級生に好意を抱いて、何度もストーカーまがいのことをしていました。」(週刊女性プライム:引用)

小森は多くの女子児童に、ストーカー行為をしかけたようで、スカートめくりや靴かくし、追い回しのようなことを繰り返したとか。

また彼が昔から年の離れた、ぽっちゃりした女性が好みだったのもこだわりだったようです。

被害者となってしまった女子高生の鷲野さんと、嫁の和美もふっくらした女性で、よく似た雰囲気があるという指摘もありますが、こうした過去の噂を知ると成程とうなずけますね。

他にも小森章平が得体の知れない錠剤を大量に所持し、学校で服用していたといい、周囲にも“飲めよ”と勧めてきたということも伝わっています。

27歳とまだ若い小森章平の印象は同級生からの学生時代のエピソードを聞いても、やっぱり不可解で異常な言動が彼につきまとい、周囲に恐怖を与えていたことは確かと言えるでしょう。

小森和美の生い立ち~実家もヤバい?学生時代の噂と婚姻歴に育児放棄

おわり

女子高生死体遺棄事件で逮捕された小森章平の生い立ちは、三重県四日市出身で貧しい家庭の長男で、剣道部に所属しましたが暗い性格で目つきもわるく、高校中退後も職を転々としていたようです。
小森は急にキレる凶暴性や、年下のポチャリの女の子が好みでストーカー行為を繰り返すなど異常性が学生時代から見られており、妻和美も離婚歴があり周囲との関わりを避ける傾向があり2人の出会いや夫婦生活には謎も多いところです。SNSでの出会いから起こった事件ですが、殺害に至った動機の詳細がさtらに解明されることを期待します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大西智博アイキャッチ
  2. 小番一騎アイキャッチ
  3. 中勝美アイキャッチ
  4. 伊藤仁士アイキャッチ
  5. 中尾真穂アイキャッチ
  6. 筧真一アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。