松原拓海の生い立ち~実家の親と絶縁状態の性格と前科歴の黒歴史

この記事は6分で読めます

松原拓海アイキャッチ

2021年8月31日に大阪府摂津市のマンションで新村桜利斗ちゃん(3)が全身に熱湯を浴びせられて殺害された事件で、警察は桜利斗ちゃんの母親の交際相手・松原拓海容疑者(23)を殺人容疑で逮捕しました。

松原拓海については、その悲惨な生い立ちや、元半グレの噂が注目されており、数多の前科歴があるということが判明しています。

松原拓海の生い立ち、実家の親と絶縁状態、その性格や前科歴の黒歴史についてお伝えします。

Sponsored Link

松原拓海の大阪3歳男児熱湯虐待死事件

8月31日、大阪府摂津市のマンションで、交際相手の女性の3歳の長男に熱湯をかけてやけどをおわせ殺害したとして、当時、同居していた大阪府羽曳野市の無職、松原拓海容疑者(23)が殺人の疑いで逮捕されました。

警察の調べでは、大阪府摂津市の20代の交際相手の女性が住むマンションの部屋で、女性の長男で3歳だった新村桜利斗くんの全身に熱湯をかけてやけどをおわせ殺害したとされています。

松原拓海容疑者は、風呂場で桜利斗ちゃんに38℃から60℃の熱湯を徐々に上げ少なくとも5分以上熱湯をかけ続けて殺害したといい、桜利斗ちゃんの死因は熱傷性ショック死でした。

母親は事件当時、外出していましたが、以前から松原容疑者の暴力を市に相談しており、さらに市には第三者からの通報も寄せられていたそうです。

逮捕前の任意の調べで松原容疑者は、「おしりを洗うために浴室に連れていき、洗った後にふざけて、徐々に温度を上げて遊んでいた」
「38℃から60℃まで徐々に温度を上げて、びっくりさせて遊んでいた」
と話しており、「熱湯を故意に浴びせていません」と容疑を否認しています。

5分以上もこのような熱湯をかける行為を繰り返しながら殺害容疑を否認している、松原拓海容疑者ですが、泣き叫ぶ3歳児の桜利斗ちゃんの絶叫を聞きながら平然と、こうした行為をふざけて遊んでいたとの事。

到底普通の神経を持ち合わせた人間がする行為とは考えられません。

松原拓海の生い立ち~家族構成は母親の連れ子

松原拓海の生い立ちは複雑で、彼は離婚した母親の連れ子であったことがわかっています。

近隣住民の情報では、

「松原容疑者は両親のほか、歳の離れた中学生の弟、小学生の妹2人(異母弟妹と再婚した父親と母の子)と羽曳野市のアパートに6人で暮らしていました。地元の公立の小学校、中学校を卒業したはずです。」(文春オンライン:引用)

匿名掲示板の書き込みによると、松原容疑者は元々神戸市長田区の出身であることが伝えられています。

この長田区は神戸では部落地域で知られた地域らしく暴力団関係者が多い事でも有名な地域なのだそうです。(トピコレ)

幼い頃に両親が離婚し、松原容疑者は母親に引き取られ大阪府羽曳野市にやってきて生活しますが、母親が再婚。

一家は羽曳野市では生活困窮世帯などが住むための府営住宅に住んでおり、経済的に苦しい家庭環境だったといいます。

4人兄弟とはいえ、松原拓海一人だけが違う父親の子であり、両親からもあまり愛情を注がれていなかったといわれ、孤独な少年時代だったようです。

事件後にインタビューで彼の両親が、

「ここ数年は連絡をとっておらず、何をしているのかわからない。虐待については心当たりがない」

とコメントしていますが何年も前から絶縁状態だったとか。

虐待についても心当たりがないなど話し、親子関係がかなり崩れていたことがわかっています。

Sponsored Link

松原拓海プロフィール

氏名:松原拓海(まつばら たくみ)
生年月日:1998年生まれ(23歳)21年10月時点
出身地:兵庫県神戸市長田区
最終学歴:日生学園中退

松原拓海の生い立ち~中学イジメられっ子

松原拓海は中学ではイジメられっ子で、その複雑な生い立ちもあり、この時期大きな変化があったようです。

「松原は、中学入学後すぐに野球部に入ったんですが、それから一カ月もしないうちに突然不登校になったんです。松原とはそれから一気に疎遠になりました。(中略)松原は昔、『子供が好きだから将来は保育士になりたい』と語っていたので、なんであんなひどいことを、と本当に驚きました。  不登校の原因は“家庭環境の変化”にあったようです。4人兄弟のうち、唯一松原だけが、母親が再婚した際の“連れ子”でした。松原が小学生の時に妹が生まれてから、どうも家庭が荒れはじめたようです」
―文春オンライン:引用

当時から家庭内で孤立してたのかネグレストだったのか、今回の被害者となった桜利斗ちゃんのように虐待にあっていた可能性も否めません。

学校での同級生とのコミュニケーションも上手く取れなかったようで、それが災いして1ヵ月程で不登校になった松原拓海。

僅か1ヵ月の中学生活でしたが同級生曰く、彼の当時の印象は「物静かで怒ったところは見た事ない」と言う程大人しかったようです。

もしかしたらイジメのターゲットとなり不登校になった可能性も高いのかもしれませんね。

幾ら何でも義務教育の中学1年生の1ヵ月で不登校となると、その大半の教育を受けていない事になります。

そうなると、もしかしたらイジメられたから学校生活がイヤになり匙を投げた可能性もありそうです。

ただその後彼は進学はしているようですが高校でも挫折して中卒と言われています。

ただその中卒はあくまで高校を中退したために中卒となっただけで高校に進学と共に家を出ているようです。

その高校こそ、かの有名な日生学園に進学した事が明らかになっています。

松原拓海の日生学園とは

松原拓海生い立ち

よもや想定外な事に、この松原が高校に選んだのは、超スパルタ学校で知られる三重県伊賀市の全寮制の高校、日生学園に進学している事が明らかになっています。

一時はそのあまりのスパルタが話題となりテレビでも何度も特集を組まれた日生学園(現在は桜ケ丘高等学校)は、あのダウンタウンの浜ちゃんや、今田耕司さんが入学した事で知られる超有名な高校です。

そのスパルタぶりは自衛隊よりも厳しいと言われる程で、浜ちゃんは第二副学長に上りつめ卒業までクリアしましたが、今田さんは1年の冬でドロップアップしています。

元フジテレビの長谷川豊さんもこの学校のOBとして知られている当時の70年代から80年代には、物凄く厳しい校則の数々で知られる学校として有名でした。

ただこの松原拓海が入学したのは年齢からしても1998年生まれの23歳なので2015年に桜ケ丘高等学校に変更しているため、ちょうど桜ケ丘高等学校になる前の日生学園に入学していることとなります。

その学校のあまりの厳しさぶりから浜田さんの相方である松本仁志さんが「刑務所みたいな学校」と称する程の厳しさだったとか。

中学では大人しい印象だったと同級生からの証言がある事から、この日生学園で目覚めてしまったのかデビューしてしまったのか定かではありませんが、この日生学園を中退した頃からどんどん彼は豹変していったような証言が確認できます。

松原拓海容疑者や卒アルの画像では、眉毛を剃りすでに荒れた状態を匂わせるところが。

松原拓海は中学卒業後、実家にも居場所がなかったため、日生学園の高校に進み、結局中退、地元で土木関係の仕事をしますが2020年に足にケガをしてそれもやめていたそうです。

そして彼は、2020年10月頃桜利斗ちゃんの母親と交際を始めています。

2人は今では珍しくなくなった出会い系アプリで知り合い急速に仲を深めていった事が分かっています。

Sponsored Link

松原拓海の性格は大人しかった?

残忍な事件を起こした松原拓海ですが、その性格は大人しかったというのは本当でしょうか。

彼の学生時代について近隣住民の話しでは「どちらかといえば物静かではありましたが、怒ったりする姿は見たことがありませんね。」(文春オンライン:引用)

小学生時代の同級生は松原拓海に関して優しいというイメージがあったようで、クラスで目立つわけではないのですが、友達も多くドッジボールなどをして遊ぶ活発な一面もあったようです。

また松原拓海は歳の離れた弟の面倒をいつも見ていたともいわれ、子供に優しい一面もあったようです。

ところが彼が、幼い子供の命を安々と奪う恐ろしい人物と化したその裏側には何があったのか気になります。

松原拓海の前科歴から見る半グレ

松原拓海は、元半グレで多数の前科歴ありという噂が出ており驚きます。

反グレとは、刃物などで人を傷つけることもいとわず残忍極まりない行為を躊躇なく行ない、ヤクザですらも恐れる集団です。

彼の半グレ疑惑は、爆サイ掲示板の書き込みによるものとされています。

“松原拓海って南で反グレやってたよ”(♯130 2021/09/22 22:52 [匿名さん])などとあったことからきているようですが、詳しい情報がなく事実は不明です。(RON’S JOURNAL)

他にも爆サイの情報によれば

『松原拓海容疑者は前科持ちだよ!過去に振り込め詐欺と窃盗で懲役刑くらってた!』
『松原拓海容疑者は元半グレ!振り込め詐欺で懲役くらってます』・
『こいつ半グレだから裏のしのぎでかなり儲けてたらしいよ』

などよくない噂が多く出ているようですね。

爆サイにはなんと、松原拓海に婦女暴行・振り込め詐欺・自動車窃盗・覚醒剤所持・窃盗の5つの前科があり、過去に刑務所で懲役を受けていたということが明らかになっているとか。

ネット上では、彼が覚醒剤や薬にも手を伸ばしていたという声もあり、もはやかなりの前科者であったのではと想像されます。

子供に虐待をすることなど、これだけの前科者の松原拓海には小さいものだったのではと思わせますが、悲惨な生い立ちの向かわせた運命なのか、その最後があまりにも痛々しく心が沈みます。

おわりに

大阪3歳男児熱湯虐待死事件で逮捕された松原拓海の生い立ちは、離婚した母親の連れ子で、再婚後親の違う兄弟と共に暮らす複雑な過去がありました。また、大人しい優しい性格だったともいわれましたが、中学の頃から恐ろしい半グレの道に入ったとみられ、ネット上では数多の前科持ちという黒歴史が暴露される意外な展開には言葉もありません。
幼児に熱湯をかけるなんて普通の人間らしさのかけらもない松原拓海、彼の手にかかり痛ましい死に至った桜利斗ちゃんのためにも真実が明らかにされることを願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 丸田憲司朗アイキャッチ
  2. 寺内カブ
  3. 上田美由紀アイキャッチ
  4. 佐藤喜人アイキャッチ
  5. 小原保アイキャッチ
  6. 筧真一アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。