藪本雅巳の生い立ち~経歴は筋金入り!飲み屋の評判は想像以上のクズ

この記事は5分で読めます

藪本雅巳アイキャッチ

10月7日に東京地検特捜部に逮捕された、医療法人「錦秀会」前理事長の籔本雅巳容疑者(61)。

同日に逮捕された日本大学理事の井ノ口忠男容疑者(64)と共謀し、日大附属板橋病院の建て替え工事を巡り、2億2千万円を外部に流出させて日大に損害を与えた背任容疑の「共犯」の疑いがかけられています。

大阪有数の医療グループトップの薮本氏の筋金入りの経歴や、実は大阪・北新地の有名人という飲み屋の評判まで明らかになり、その評判が気になります。

薮本雅巳の生い立ちや経歴、飲み屋の評判は想像以上のクズについてお伝えします。

Sponsored Link

藪本雅巳の日大背任事件逮捕の詳細

日本大学付属板橋病院の建て替えを巡り、2億2000万円を外部に流出させて日大に損害を与えたとして、東京地検特捜部は7日、日大理事で関連会社「日本大学事業部」取締役の井ノ口忠男容疑者(64)と、大阪市の大手医療法人「錦秀会」前理事長の籔本雅巳容疑者(61)の2人を背任容疑で逮捕しました。

関係者によると、流出資金のうち約1億円は籔本前理事長が、私的に使っていたといいます。

錦秀会の関連会社からは、複数の会社を経由して2500万円が井ノ口理事に支払われたとされています。

事件は2020年2月中旬に実施された日大付属板橋病院(東京都板橋区)建て替え工事の設計・監理業者の選定を巡って、日大理事長の傀儡と言われる井ノ口理事と籔本前理事長が共謀した背任事件として話題の事件です。

同年8月上旬、自らの利益を図る目的で、付属病院立て替えの予算100億の内、2億2000万円を籔本前理事長が全株式を保有する東京都内のコンサルタント会社に送金、日大に損害を与えたというもの。

 
関係者によると、日大は日大事業部(東京都世田谷区)に設計会社の選定を委託し、事業部は企画提案内容などを総合評価する「プロポーザル方式」で業者を募り、参加した4社から東京都内の設計会社を選定。

予算100億の中すでに、日大は設計会社と約24億円で契約し、前払い金として約7億3000万円を支払いました。

 
共犯の井ノ口理事は設計会社に指示して、このうち2億2000万円を籔本前理事長が保有するコンサル会社(ペーパーカンパニー)送金しますが、送金に見合う業務実態はなかったといいます。

うち約1億円は配当金として籔本前理事長に渡り、自宅の改築費用などに使われ、残りはコンサル会社の税金の支払いなどに充てられたといわれています。

10月23日、薮本氏は東京地検特捜部の調べで、日大田中英寿理事長(74)「現金3千万円を2回、計6千万円を渡した」と供述(朝日新聞デジタル)していることが判明しています。

現段階で日大田中英寿理事長は現金を受け取った事も否定しています。

藪本雅巳プロフィール

名前:薮本雅巳(やぶもとまさみ)
年齢:61歳(1960年生まれ)
職業:錦秀会グループCEO
学歴:関西医科大学卒業・大阪大学医学部大学院修了 医学博士
主な経歴:医療法人錦秀会理事長(1995年~)・中山泰秀前防衛副大臣の有力後援者
元横綱朝青龍の大阪後援会長・遠藤関(日大出身)の後援会長

藪本雅巳の生い立ち~華麗なる一族として

薮本氏は34歳で父親の引退により、医療法人錦秀会の理事長に就任しました。

その後錦秀会は、関西を拠点に3医療法人、2社会福祉法人で6000床のベッドを要する大きなグループとなっています。

錦秀会は、関西を中心に病院や介護施設など約30施設を展開する西日本最大級の医療グループとされ、資産総額は約75億円に上り、本人は2代目。

薮本氏は、先代の築いた救急病院から高齢者対応病院へと方向転換し利益を伸ばしました。

薮本氏は資産家としても知られている華麗な一族で、2004年には約3億8400万円の所得税を納め、府内の高額納税者番付3位に名を連ねました。 

池田市に地下1階、地上3階建ての自宅がありますが、大阪の夜景が一望できる高台に約430坪の土地を持ち、増築を重ねた延べ床面積約1545平方メートルもの大豪邸だとか。

彼はフェラーリ愛好家で、シェパードやドーベルマンなど複数の犬も飼っているといい、かなりのお金持ちだったことがわかります。

Sponsored Link

藪本雅巳の経歴

ネット上では薮本雅巳の経歴に注目が集まっています。

薮本氏は関西医科大学卒業後、大阪大学医学部大学院を修了していますが、

「天王寺の大阪教育大附属高から関西医科大に入り、卒業後に大阪大学医学部大学院に行くんやけど、なかなか医師免許が取れなくて『予備校に通って7回目でようやく受かった』と言うてましたわ」(病院関係者)(文春オンライン:引用)

とあり、医者の息子とは言え、かなり苦労して医師免許をとったようですね。

1955年理事長となった医療法人錦秀会とは、薮本氏の父親秀雄氏が開業した病院が始まりで、父親から経営を引き継ぎグループ拡大に貢献しました。

安倍元総理などとも親交し、政界内外に幅広い交友関係があったという籔本容疑者は元横綱・朝青龍の大阪後援会長を務めた後、日大出身の遠藤関の後援会長となり、日大相撲部OBの田中英寿理事長との関係を深めていったようです。

また富豪さながらに元横綱朝青龍の後援会長を務めていた当時には、
『朝青龍にブラックカードを持たせ「いくら使ってもいいから」と言い渡していたら5000万円使われて参ったよ』と豪胆ぶりを明かす話も自慢げにしていたとか。

藪本雅巳の評判ビジネス評

大阪で巨大な医療法人グループを率いる籔本氏は、父の秀雄のあとを継いでグループCEO(最高経営責任者)に就いた二世経営者ですが、その評判やビジネス評はどうなのでしょうか。

薮本氏は、安倍元首相とゴルフを何度も共にした“アベ友”で、ひいきの政治家は安倍元首相に限らず幅広かったといわれています。

元々は父親同士(安倍晋太郎元外相・薮本秀雄初代錦秀会理事長)の付き合いがあり、古くからの友人なのだとか。

薮本氏の錦秀会は安倍政権が進めていた政策のおかげで黒字化したともいわれ、関西大手医療グループに成長したとされています。

薮本氏は安倍氏の「男たちの悪だくみ」メンバーの中心人物ともいわれ、維新の会ともつながりがあるらしいなど、医療法人での金儲けについても色々とよくない噂がでているようです。

政治家との金がらみの交流や、錦秀会という組織についても労働環境がブラックな噂も出ているようで、時流に乗り関西での有数医療グループとなった栄光には何か裏があるのではと憶測が流れています。

Sponsored Link

藪本雅巳の北新地の評判が屑過ぎる

薮本雅巳は、報道では大阪・北新地の有名人だといい、その評判が屑過ぎとの声も。

1995年、34歳の若さで父・秀雄氏が築いた錦秀会の理事長職を継ぎ事業を拡大、その頃から北新地で派手に飲み歩くようになったという。

「大阪・北新地のクラブ街でその豪遊ぶりを知らない人はいないはず。製薬会社関係者や大学病院の医師、政治家ともつるんで飲み歩き、『俺の年収はイチローと同じくらい』と豪語しては、ひと晩で何百万円も使っていましたよ」(日刊ゲンダイDIGITAL:引用)

あるクラブの関係者によると、

「籔本さんの飲み方はえらい汚くてなぁ。ホステスのハイヒールを脱がして、そこにシャンパン注いでんだりすんねん」

籔本容疑者は、酔うと高級そうなグラスを、「これは5万か? 10万か?」と言いながら次々に床に叩きつけて割り始めるなどし、時には弁償代も含めて一晩で1000万円を使ったこともあったという。(文春オンライン:引用)

籔本雅巳は元横綱・朝青龍のタニマチや人気力士・遠藤関の後援会長なども務めていたそうで、有名なのは。安倍晋三・元首相の“ゴルフ友達”だったということで、かなり交友関係が広かったといえそうです。

最近は元タカラジェンヌ愛人報道が話題になり、デイリー新潮ではお相手のA子さんは大阪にある美容サロンのオーナー、関係者の間では薮本氏の愛人とされてきた女性で、彼女のマンションから出頭し逮捕されたと伝えられています。

A子はモナコやパリなど海外旅行の写真を自身のブログに頻繁にアップしていたとか。(現在は削除)

40歳を過ぎている女性かとされ、詳細は明らかではありませんが、不正に渡った2億2000万円の一部を籔本氏は遊興費など私的に使っていたとされ、ずいぶんつぎ込んでいたことが想像できます。

井ノ口忠雄のキーマンは姉?自宅は兵庫県芦屋の金の執着と手練手管
日大田中英寿理事長までの経歴と生い立ち~不正疑惑の多さや評判も

おわりに

医療法人錦秀会の前理事長の薮本氏の生い立ちは、苦労して医師免許を取り、父親の築いた病院を継ぎ、巧みな経営で関西有数の医療法人グループを打ち立てていたことがわかります。
アベ友として幅広い交友関係や金をめぐる様々な噂が絶えない薮本氏には、大阪北新地で飲み歩く豪遊ぶりや元タカラジェンヌ愛人報道などが相次ぎ、背任事件について今後も詳細が明らかになりそうな気配です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 新実智光アイキャッチ
  2. 豊田亨アイキャッチ
  3. 小林誠アイキャッチ
  4. 岡崎一明アイキャッチ
  5. 埼玉愛犬家連続殺人事件
  6. 筧千佐子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。