渡辺宏の生い立ち~仕事や経歴にマザコンは年金狙いのパラサイト?

この記事は5分で読めます

渡辺宏アイキャッチ

1月27日埼玉県ふじみ野市で起きた立てこもり銃殺事件で犯人と見られる渡辺宏容疑者が逮捕され、その犯人像がだんだん明らかになっています。

人質の男性医師を猟銃で殺害すると言う前代未聞の暴挙にでた、渡辺容疑者は高齢の母の治療への対応をめぐるトラブルが度々あったといいます。

66歳の渡辺容疑者の尋常ではない母親依存やこれまでの仕事や、経歴にも注目が集まっています。

渡辺宏容疑者の生い立ち、仕事や経歴、極度のマザコンとも思える以上な行動に年金狙いのパラサイトについてお伝えします。

Sponsored Link

渡辺宏の埼玉立てこもり銃殺事件

埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で猟銃のようなものを持った男が、1月27日夜から人質を取って立てこもったことから事件となりました。

埼玉県警は立てこもりから11時間後の28日午前8時ごろ、民家に突入して60代とみられる男を確保し、殺人未遂の疑いで緊急逮捕しました。

男は渡辺宏容疑者(66)で、容疑者の母親の主治医である男性医師(鈴木純一)(44歳)らを人質にし民家にたてこもり、銃を数回発砲(散弾銃)、県警と電話を通じやりとりをしていましたが、男性医師は撃たれ心肺停止で意識不明、後に死亡が確認されました。

男性医師らは在宅クリニック関係者で、渡邉容疑者の母親(92歳)が亡くなり、翌日に「焼香にきてくれ」との呼び出しに応答し、27日夜7人で弔問に訪れましたが、トラブルになったとみられています。

この時訪れた鈴木医師らに対して渡辺宏容疑者は驚く事に
『母が生き返るかもしれないので、心臓マッサージをしてくれ』と要望したと言います。

丁寧に蘇生措置が出来ないと、断った鈴木医師に対して、銃を取り出し発砲したことが明らかとなっています。

27日夜には事件現場に同行していた、41歳の理学療法士が胸などを打たれ、他にも30代男性は目にケガをしましたが意識はあり催眠スプレーをかけられたといいます。

死亡した鈴木さんが所属する東入間医師会には昨年1月以降、今月24日までの間に、渡辺容疑者から母親の診療方針について十数回にわたって電話相談があったといいます。

母親を入院させるよう勧める鈴木さんの意見に反対し、在宅で介護を続けたいという内容だったそうで、県警は、母親が死亡したことで、渡辺容疑者が鈴木さんら診療に当たっていた関係者を逆恨みした可能性があるとみて、慎重に動機を調べる方針です。(読売新聞)

また事件後明らかになったのは、鈴木医師らを呼び出した同じ日に、以前訪問介護などで渡辺宏の母親の介護に携わった他の施設にも同じように「焼香くらいきて筋を通せ、じゃないと(未払いの料金)払えない」との電話があった事が明らかとなっています。

この時の渡辺宏容疑者の異様な言い分に不信感を持った関係者は、「要望に応じて自宅に行っていたら殺されていたかもしれない」と取材に応えていた事が分かっています。

渡辺宏は超マザコンの犯行動機に絶句

ネット上では渡辺容疑者について極度の「マザコン」という噂でもちきりです。

渡辺宏容疑者の過去の発言をみても

○母親に付き添い来院した時「うちの母親を(先に待つ他の患者より)先に診ろ」と求める。
○母親の肺の検査時ステロイド系の薬を処方する要求をしたが、医師から使わない方がよいと言われると「専門医なのに何も分かっていない」など書いた長文の抗議文を提出。
○母の看病で通う病院の医療関係者に当たり、よく「うちの母親に失礼をしたら絶対許さない」と言っていた。

とにかく渡辺宏容疑者は母親のことになると、医師や看護師に対し、威圧的に接していたことが分かっています。

渡辺容疑者は、事件当日も、既に死亡して30時間経過していた母親に対しての蘇生措置の求めは、やはり、常軌を規した言動としか言えません。

当然死亡している患者への「蘇生措置は出来ない」、と否定した鈴木医師に対して迷わず散弾銃を発砲したと明らかになっています。

殺害された鈴木医師ら3名が弔問に訪れたときには、ベッドに母親の遺体があったことがわかりました。

事件前日の26日に渡辺宏容疑者の母親が亡くなっていますが、その後の医者の死亡判断後まだそのままだったことがわかります。

渡辺容疑者は犯行動機について

「(亡くなった)母の介護の対応に怒っていた」

また自暴落になった自分の事件の動機として逮捕後、その真意をこう語っています。

「母が死んでしまい、この先いいことはないと思った。自殺しようと思った時に自分一人ではなく先生やクリニックの人を巻き込んで殺そうと思った」

と話したそうですが、猟銃で殺すという残忍な報復が許されるものではなく、ここまで異常なマザコンとなった渡辺容疑者の生い立ちが気になります。

Sponsored Link

渡辺宏の生い立ち~の家族関係

渡辺宏容疑者について家族に関する情報はあまり多くないようです。

地域住民の証言では、高齢のお母さんと渡辺容疑者は2~3年前、事件現場となった民家に越してきたといいます。

2019年3月頃引っ越しをしてきた当時、律儀に周辺に住んでいる家に挨拶に回っていたという渡辺宏容疑者ですが、一方で「母親の介護があるから近所付き合いができない」と話していたそうです。

周囲との関わりもなく、周辺に住む住民からは母親の介護でかなり大変そうに見えていたようで、介護医療サービスを受ける様子が見られたとのことです。

渡辺宏容疑者は自宅に母親と2人暮らしだった可能性が高く、おそらくは他に身寄りがいなかったものと思われ、介護生活に身を投じていたといえます。

渡辺宏の仕事?

渡辺宏容疑者の仕事は逮捕時は無職と報じられており、詳しい経歴や職歴についてはよくわかっていないようです。

渡辺宏容疑者自身も66歳と高齢だったことから、それまでの職歴や生い立ちにも注目されています。

彼の92歳の母親は寝たきりで、既に胃ろうもしている状態で、食事やお風呂の世話などすべてを渡辺容疑者が行っていたとのこと。

渡辺容疑者がこれまでずっと無職だったとすれば、現在まで母親の「年金」で生活してきたのではないかという可能性が当然浮かんできます。

ただ後術しますが、犯行に使用された散弾銃と銃の所持をしていた渡辺容疑者に散弾銃を販売したという店主の情報によると、
「レモントンM870の中古を買っていただいて、6万だったか6万5千円だったかの銃だが代金6万円の内の2万円しか支払ってもらっていない」との情報があります。

店主いわく渡辺容疑者に「失業したから金が払えない」と言われたのだとか…

この散弾銃を販売したのが何時だったのか明確な月日は分かっていませんが、銃の所持に必要な警察への届け出事体は2000年になされているとの事なので、今からさかのぼって20年前後の40代中盤の年齢の時には職に就いていたと考えられますね。

それ以降、銃の支払いもされていない事から、この2000年以降から現在の66歳までが無職だったのかもしれません。

気になるのは、無職でありながら事件で使用した猟銃を保持していたことで、猟友会に入っていたのではないかともいわれており、彼の経歴に様々な噂がとんでいます。

渡辺宏のクレーマー以外の経歴

渡辺宏容疑者は、被害者となった鈴木純一医師に対し発泡し鈴木医師は、ほぼ即死だった事が明らかになっています。

他の同行した理学療法士も発砲され現在も重症との情報があり、他の関係者らについても顔に催涙スプレーをかけるなど、一般住民が持っていないものを所持していたことが明らかになっています。

そこで渡辺宏容疑者はもともと猟師をしていた経歴を持つ可能性が指摘されています。

催涙スプレーなどは、おそらく猟師をやっていた当時、獣を撃退するために所持していたものかもしれません。

また当時の渡辺宏容疑者を知る猟師関係者は、獲物を捕らえ損ねるとあからさまに不機嫌になり、持っている猟銃を乱射するような人物だったと証言していました。

渡辺容疑者は、2000年と2008年に猟銃所持が認められていたといい、彼の自宅には2丁の猟銃があったといわれています。

猟銃を個人が所持するには許可制で、申請・試験・調査が必要とのことです。

過去にも同様な事件があったため、精神障害など「人的欠格事項」を定められているのだとか。

それらもクリアしなければ所持できないとされる猟銃なので、精神疾患などは持ち合わせていなかっただろう、今回の猟銃を使っての身勝手な犯罪は今後猟銃会の有り方や審査を揺るがす影響もあるでしょう。

それにしても約20年にもわたり、恐ろしい猟銃を家に保管していたとなると、彼が一体どのような生活をしてきたのか、猟師として適性はあったのかなど不審が募ります。

Sponsored Link

渡辺宏は年金狙いのパラサイト?

渡辺弘には、マザコン疑惑の一方で「年金狙い」のパラサイトだったのではないか?との声も出ているようです。

8050が社会問題とされる中、年金とは一緒に暮らす92歳の「母親の年金」です。

彼が無職で、現在に至るまで母親の年金だけで生活していたとすれば、母親が亡くなり年金支給が停止することは、自身の生活が成り立たなくなることを示します。

渡辺宏容疑者は、自分1人で母親を介護しており、家族(妻・子供)の存在は確認されていません。

世間ではマザコンと揶揄される母親への過剰な執着は、もしかしたら年金狙いだったのではないかという憶測が出ていますが、渡辺容疑者から語られたものではなく闇に隠れています。

高齢な親の介護をする子供の高齢化が社会問題になっていますが、その生活の実態を示しているようでどこか切ない気がします。

おわりに

埼玉立てこもり銃殺事件で逮捕された渡辺宏容疑者は、高齢の寝たきりの母親の介護をする生活で、母の治療については度々医療関係者とトラブルがあり、超マザコンといわれるほど威圧的な態度を周囲に見せていました。
クレーマー以外にも猟師の経歴があったと言われ、渡辺容疑者が無職だったことから年金狙いのパラサイトの可能性まで浮かび、その詳細な生い立ちがさらに世間の注目を集めそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 水元義人アイキャッチ
  2. 造田博アイキャッチ
  3. 高張潤アイキャッチ
  4. 遠藤誠一アイキャッチ
  5. 小原保アイキャッチ
  6. 林真澄アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。