宮本一馬の生い立ち~母親は泡姫?奈良時代から薬中の超痛キャラ

この記事は6分で読めます

宮本一馬アイキャッチ

22年1月23日、栃木県の電車内で寝ころんで加熱式タバコを吸っていた飲食店従業員宮本一馬容疑者(28)が、注意した男子高校生(17)を暴行し重症を負わせるという衝撃的な事件が発生しました。

ニュースの衝撃の大きさから徐々に明らかになりつつある宮本一馬容疑者の生い立ちに母親の驚きの経歴や、奈良県出身の過去の犯罪歴や人物像など、元ヤン気取りの痛キャラだとの証言も浮上しています。

筋の通った高校生相手に一方的な暴行を働いて未だ正当防衛を主張している宮本一馬の生い立ちの背景にある人物像まで追ってみようと思います。

Sponsored Link

宮本一馬の宇都宮線高校生暴行事件

22年1月23日、JR宇都宮線の電車内で暴行事件が起きました。電車の中で喫煙していた飲食店従業員宮本一馬容疑者(28)が、男子高校生(17)に注意されたことに逆上し、車内及び駅ホームで15分以上にわたって暴行し、高校生は右頬骨骨折等の重傷を負いました。

現場を立ち去った宮本容疑者は同日夜、宇都宮駅で身柄を確保されています。

友人3人と乗り合わせていた男子生徒が、優先席に寝転んで加熱式たばこを吸う宮本容疑者に

「お兄さん、たばこを吸っていますね。やめてもらえますか」

などと繰り返し注意されると、威かくし、男子生徒に「土下座しろ」と逆ギレして暴行が始まったといいます。

既に同じ電車に乗り合わせていた上客が撮った動画がTwitterで拡散されていますが、その様子は完全に宮本一馬容疑者が高校生少年に15分にわたって一方的な暴行を振るっています。

しかも高校生の同級生や、車掌などが宮本一馬の暴行を止めても一向に暴行を止めようとせず、途中下車させた駅でも更なる暴行を働き続けます。

その後、一通りかなりんお暴力を振るい満足した宮本一馬容疑者は。

「警察ざたになるのをおそれたのか、男は車掌の隙をみてホーム上の階段を駆け上がり、そのまま逆側の階段を降りて乗ってきた電車にふたたび飛び乗ると東京方面に逃走した。被害に遭った男子生徒は救急搬送されている。同日午後11時20分すぎ、JR宇都宮駅に戻ってきたところを捜査員が職務質問すると、大筋で事実を認めて抵抗することなく任意同行に応じた」(捜査関係者)(週刊女性プライム:引用)

警察によると、宮本一馬容疑者は暴行の事実を認める一方、

「相手がはじめにケンカを売ってきて、自分の首に手を押し付けてきたのでやり返しただけ。正当防衛だ」

などと供述しています。

宮本一馬の生い立ち~母親は泡姫?

宮本一馬容疑者の生い立ちは、母子家庭で、高校中退では無いか、ともいわれており、周囲にはあまりよい印象ではなかったようです。

事件後、徐々に明らかとなった宮本一馬容疑者の家族は母子家庭ではないとおの情報もあるようです。

「共働きの両親と兄弟の4人家族で、一馬は長男。とにかく、見るからに普通でなかった。おうても挨拶せえへんどころか、顔合わせたら、こっちを睨み返してきおったからな。中学を卒業するかせんかのうちに、家からおらんようになった」(引用:FLASH)

宮本容疑者と中学の同級生だったという男性も、「中学のころからものすごく凶暴。とにかく札付きのワルだった」と、吐き捨てるように言った。(同上)

そして宮本容疑者は高校を中退し、若いうちに家をでて都会で働き口を探し始めたそうです。

宮本一馬の父親については、「非摘出児だった」という情報が爆サイで発見されたそうです。

『宮本一馬容疑者(28)逮捕こいつ父親不明の非嫡子だよ。』

宮本一馬容疑者は父親が誰なのかが不明であるといい、宮本一馬の母親は18歳で宮本一馬を産み、女手一つで宮本一馬を育ててきたらしく、弟がいたことがわかっています。(LON’S JOURNAL)

またネットでの情報ではありますが宮本一馬容疑者の母親については、元ソ〇プ嬢で風俗店勤務だったと言う噂もあるようです。

弟もいるが父親違いの兄弟だと言う情報もあります。

非行に走りすぎた宮本一馬は大人になってからも、親と3ヶ月に1回しか連絡を取り合わない程の音信不通であったともいわれています。

事件後の最新の情報では、やはり両親と弟の4人家族だと言う説の新情報が濃厚のようです。

ですが元々から素行が悪かったかからでしょうか、事件後の報道で、宮本一馬容疑者の両親は長男の一馬に対し「もう全然つき合いがない」と取材に応じない様子で、かなり荒れた学生時代を送ったようです。

宮本一馬の生い立ち~奈良時代の痛キャラに納得

宮本一馬容疑者の出身地である奈良県橿原市の友人などによると、彼が地元奈良の元ヤンだった様子が語られています。

素行の悪さは中学からすでに有名で、よくない仲間と一緒に薬物にまで手を出したとか。

宮本容疑者は「札付きのワル」「顔を合わせたら睨む」などのいかにもヤンキーの噂が多くみえています。(後述)

彼の知人のツイッターでも、彼が全然知らないヤンキーに「なに見てんだよ」とでかい声で怒鳴った、などということも伝わっています。

ただ、若い頃から悪評高い元ヤンだったのは確かなようですが、この事件が連日報道されSNSなどで事件当時の動画も拡散された事から宮本一馬容疑者を良く知る人物からは、あきれ果てて「あいつらしい」との声もあります。

『アイツらしい情けない事件、相手を見て態度を変えるヤツだから年下の高校生なら、勝てると思ったのだろう』

との宮本一馬容疑者の、元ヤンではあっても弱そうな相手には強く、強そうな相手には媚びへつらう、ヘタレ元ヤンだったとも取れる証言も数々浮上しています。

「カズマは同級生とはつるまず、いつも後輩とばかり遊んでいた。どうしても自分が上に立ちたいんだろう。後輩の挨拶の仕方が半端だと“おまえら挨拶がなってねえぞ”と叱り飛ばし、一目置かれている同級生には自発的に頭を下げる。相手を見て態度を変えるんだよ。常にオラついて(いきり立って)いるくせにケンカは弱く、同級生や下級生にボコられたこともあった」

 素行の悪い仲間に群がるギャルには全くモテなかったという。

 こんなエピソードも……。

「路上でサラリーマンと肩がぶつかると、少し歩いてから“チッ、やっちまえばよかったかな”と手のひらを拳で叩く。よく無意味にシャドーボクシングしたり、年下相手に“肩パン(肩にパンチ)させてくれ”と言い、嫌がる様子を楽しんでいたそう。そうやって偉ぶるくせに後輩とは割り勘なんだって」(同・知人男性)(yahoo:引用)

何かこうした生々しい証言を聞いていると、かなりの痛キャラだったよう。

自分が完全にマウントとれる後輩ばかりとつるみ、挙句に偉そうに振る舞うも割り勘って、何だかこうゆう嫌われ者って地元に1人や2人いる典型的なしょっぱい男だったようです。

今回の事件の内容共々、なるほどね~と腑に落ちる知人男性からの証言でしたね。

この1月の寒いなか、高校生に暴行していた当時の動画には半そでになり、自慢の?入れ墨?タトゥーを見せるかの如く威嚇しての暴行だったので尚更宮本一馬容疑者の知人男性の証言に信憑性を感じてしまいます。

宮本容疑者のホストデビューは“西のホストクラブ聖地”の大阪ミナミ(心斎橋)とみられ、ここでも悪評が多く、トラブルを起こし、約4年前に追い出されるようにして歌舞伎町へ移ったといわれていますが、色々な悪い噂しか出てこないようです。

ようするに、大阪ミナミでも、その後の流れ着いた歌舞伎町でもホストとしても「通用しなかっただけ」と飲食店関係者はボヤいているようです。

そりゃーそうですよね、28歳なら通用するなら、やはり歌舞伎町で勝負するのでは?とホストに詳しくない素人でも何となく想像が付いたりします。

Sponsored Link

宮本一馬の薬物逮捕歴

宮本一馬については、過去に薬物を乱用していたことが発覚し、逮捕されたことがあると噂されていました。

彼の知人によると、宮本一馬容疑者は以前、歌舞伎町のホストクラブに在籍しており、「復活のK」という源氏名で活動していたといいます。

そして本人のタイムラインの投稿で、薬物に手を出していることを認める内容が記載されているそうです。

この投稿から2016年までは薬物を使用していたことは確定的であり、(mesomablog)2017年は止めるというつもりだったのでしょうか。

元ヤンキーの姿は社会に出てからも変わっていなかったことがわかります。

宮本一馬は元ホストにラーメン店の職歴

宮本容疑者は、逮捕前は宇都宮市内のホストクラブに勤務する現役ホストで、昨年12月に東京・新宿歌舞伎町から来たばかりにも関わらず、逮捕前から知られた存在だったそうです。

「評判は最悪だね。ホストクラブの聖地と呼ばれる歌舞伎町から来たことを鼻にかけていた。ホスト歴が長いせいか自分の意見は全部正しいと思っていて、意にそぐわない行動を取ると、すぐに暴力を振るう。上から目線の嫌なヤツだって」(市内の飲食業界関係者)

面識のある20代ホストは「悪いけど関わりたくない」と言葉少なだった。(引用:週刊女性プライム)

宮本容疑者は、宇都宮ホストでも下っ端であまり目立つ存在ではなかったようです。

飲食店従業員だった宮本一馬容疑者の勤務先については、「ラーメン屋」という情報も明らかにされています。

宮本容疑者が働いているラーメン屋の名前まではわかりませんが、自分が店長になれないからといって、いつも人に八つ当たりしていたとか。

行く先々でトラブルメーカーだった宮本一馬容疑者にはどこからもよい声は聞こえてこないようです。

うまくいかないと暴力をふるうことを周囲は良く知っていたようですが、誰も止めることができなかった、ことが悔やまれ、高校生の悲劇を痛ましく思わざるを得ません。

Sponsored Link

おわりに

宇都宮線高校生暴行事件で逮捕された宮本一馬容疑者は、母子家庭で高校中退の元ヤンキーで、札付きのワルといった悪評だらけの男だったといえます。その素行の悪さで親とも絶縁状態で、薬物逮捕歴もあったことがわかり、彼に出会ってしまった高校生の不運が嘆かれます。
ホスト、ラーメン店といった接客業にありながら、自身の正当性を誇示するかのような暴力をひけらかし、一方的な力で高校生に向かった宮本容疑者は今後厳しく罰せられなければならないでしょう。間違っても正当防衛の容疑者の言い分が通り無罪にならない事を願うばかりですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 端本悟アイキャッチ
  2. 田中香織アイキャッチ
  3. 神田司アイキャッチ
  4. 鈴木泰徳アイキャッチ
  5. 三橋歌織アイキャッチ
  6. 大山照羅アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。